加藤茶の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

加藤茶(かとう ちゃ)

 

 

194331日生

身長163

血液型はA

 

福島県福島市出身のお笑いタレント

ザ・ドリフターズのメンバー

本名は加藤英文(ひでゆき)

 

以下では加藤茶さんの学歴や出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校や大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福島工業高校 偏差値不明

※現在は学法福島高校(偏差値4256

 

 

 

加藤茶さんの出身高校は、私立の男子校の福島工業高校です。

 

この高校は現在は松韻学園福島高校(学法福島高校)になっており、現在の偏差値は実務選択(偏差値42)、文理進学(同51)、特別進学(同56)です。

 

ただし加藤さんが在籍した当時は工業高校で、現在は工業科や電子科は廃止されているので比較することはできません。

 

また福島市には県立の福島工業高校(現在の偏差値は4753)がありますが、こちらは別の学校です。

 

後述するように加藤さんは母子家庭に育っており学生時代は生活が苦しかったことから、映画館で映写技師見習いのアルバイトをしています。

 

そのため高校時代から仕事柄かなり多くの映画を見ており、当時はジェリー・ルイスやチャップリン、バスター・キートンなどの喜劇映画が大好きでした。

 

そして高校卒業後はバンドマンを目指して上京したので、大学などに進学していません。

 

バンドマンを目指したのは父親がバンドマンだったからとインタビューで語っています。

 

 

当初はトロンボーン奏者を目指していましたが、後にドラマーに転身。

 

19歳の時にザ・ドリフターズの前身の「桜井輝夫とザ・ドリフターズ」に加入しています。

 

21歳の時にバンドは内部分裂して「ザ・ドリフターズ」になり、コメディー色を強めていきました。

 

 

その後の活躍は周知の通りで、ザ・ドリフターズは「8時だョ!全員集合」で一世を風靡しましたし、加藤さんも志村けんさんとともに屈指の人気メンバーでした。

 

 

ザ・ドリフターズの活動休止後も、志村けんさんとともに「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」などで長らく第一線のコメディアンとして活動していました。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:福島市立福島第二中学校 偏差値なし

 

 

 

加藤茶さんの出身中学校は、地元福島市内の公立校の福島第二中学校です。

 

中学時代も新聞配達のアルバイトをして、家計を助けています。

 

加藤さんは終戦直後の食糧難の時代を経験しており、中学時代からやっと食べられるようになったと話しています。

 

当時は神社の端っこのラーメン屋台をよく利用しており、40円のラーメンが非常においしかったと回顧しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:福島市立福島第四小学校

 

 

 

加藤茶さんの出身小学校は、地元福島市の公立校の福島第四小学校です。

 

家族構成は両親と3歳年下の妹の4人家族です。

 

生まれたのは東京ですが、3歳の頃から疎開で福島市で暮らしています。

 

 

父親はジャズバンドに所属していたバンドマンでしたが、5歳の時に両親が離婚して妹とともに母親に引き取られています。

 

そのため加藤さんも父親のことはまったく覚えていません。

 

母親は福島市内でスナックを経営していましたが、裕福ではありませんでした。

 

そのため小学校1年生の時には、1年間妹ともに叔母の家に預けられたこともありました。

 

加藤さんは子供の頃から人を笑わすのが得意で、小学校時代はクラスの人気者でした。

 

小学校時代には市内全部を使った大掛かりなかくれんぼをしたことがあることを明らかにしています。

 

また小学校時代には阿武隈川で泳ぎを覚えて、川の向こう側のリンゴ園でたびたび盗み食いをしたとのこと。

 

以上が加藤茶さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

全盛期のザ・ドリフターズの人気はすさまじく、出演していた「8時だョ!全員集合」も最高視聴率は50.7%を記録するなど、「お化け番組」と呼ばれています。

 

 

また68歳だった2011年には、23歳の女性と再婚して大きな話題となっています。

 

 

既に70歳を超えていますが未だに精力的に活動しており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ