夢屋まさるの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|子役時代の画像

2019年の「おもしろ荘」で「パンケーキ食べたい」のネタでブレイクした人気お笑い芸人の夢屋まさるさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。お笑いコンビとして活動を開始した高校時代や芸人をやめる覚悟もあった大学時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

夢屋まさる(ゆめや まさる)

 

4

 

199842日生

身長175㎝ 体重57Kg

血液型はA型

 

東京都出身のお笑いタレント

本名非公表

 

以下では夢屋まさるさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

高校2年生だった2016年に、お笑いコンテストに出場したことがきっかけで、サンミュージックにスカウトされる。 

コントがメインの芸風で、舞台を中心に活動。 

20174月にクイズ番組「Qさま」でテレビ初出演。

2019年1月に「ぐるナイ」の「おもしろ荘」で「パンケーキ食べたい」のネタで注目される。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 経済学部 偏差値70(超難関)

 

 

 

夢屋まさるさんは高校卒業後は、私大の名門の慶応義塾大学に進学しています。

 

後述するように高校はこの大学の系列校に通学していたので一般受験ではなく、内部進学で進んでいます。

 

とは言え進学先は同大学の花形学部の経済学部ですから、高校時代の成績は優秀だったはずです。

 

高校時代に芸人としての活動をしていましたが、当初から大学進学を明言していました。

 

また大学ではお笑いサークルの「慶応義塾大学お笑い道場O-Keis」にも所属しています。

 

大学1年生だった2017年4月にクイズ番組「Qさま」でテレビ番組にはじめて出演しています。

 

とは言え当時はさほど話題になっておらず、以降のテレビ番組への出演も数本に留まっています。

 

ただし2018年7月からはAbemaTVの「受験恋愛リアリティショー 勝負の夏!」に出演しています。

 

 

この番組は有名人が講師となって現役女子高生に勉強を教えて大学受験を目指すという企画ですが、夢屋さんは高学歴を買われて出演しています。

 

そして大学2年生だった2019年1月の「ぐるナイ」の若手芸人発掘企画「おもしろ荘」に出演した際に、「パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい」の歌ネタで大きな注目を集めています。

 

 

ちなみに「パンケーキ食べたい」のネタはきゃりーぱみゅぱみゅさんの曲を聴いている時に思い浮かんだ偶然の産物であるとインタビューで話しています。

 

「きゃりーさんの好きな曲で何かネタつくりたいな、と思っていて、曲を聴いているときにパンケーキのポスターがあって、食べたいなと思って、そしたらボンッ!って。ちょうどマッチした。偶然が偶然を呼ぶ」

 

「パンケーキ食べたい」のネタの動画はこちら↓

 

以降は数々のバラエティ番組や情報番組に起用されるようになり「サンデージャポン」や「メレンゲの気持ち」、「ウチのガヤがすいません!」などの人気番組にも出演しています。

 

 

そのため夢屋さんはいきなりのブレイクに身体がついていかず、「おもしろ荘」に出演した直後の1月の大学の試験では過酷なスケジュールで非常に苦労したことをインタビューで話しています。

 

「1月にテストがあって、そのテスト週間のときはちょっとキツかった。36時間くらい寝ないでテストに行って、仕事行って…みたいな」

 

とは言えやりたいことをやれているので、「忙しくても学生生活との両立は辛くない」と話しています。

 

なお夢屋さんは大学3年生の頃までにお笑い芸人として目が出なければ芸人を辞めるつもりで、ブレイクのきっかけになった「おもしろ荘」にも「辞める覚悟で臨んだ」と述べています。

 

これで芸人を辞めることはなくなったようですが、今後はお笑い芸人としての活動のほか、好きな洋服のプロデュースなどをやりたいとの抱負も語っています。

 

「洋服を自分でプロデュースしたい!ラフォーレ原宿に結構行くんですけど、そこに出せるようなお店を作ることを目指したいです。誰でも着られるようなパーカーとか作りたい」

 

今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 慶應義塾高校 偏差値75(超難関)

 

 

 

夢屋まさるさんの出身校は、私立の男子校の慶応義塾高校です。

 

同校は卒業生のほとんどが慶応義塾大学、あるいは難関大学に進学することから首都圏でも屈指の進学校として知られています。

 

夢屋さんは高校時代は部活動などをおこなっていなかったようです。

 

また高校へ入学した前後くらいからお笑い芸人を志したことをインタビューで述べています。

 

高学歴でなおかつイケメンでありながらお笑い芸人を目指した理由については、次のように話しています。

 

「好きなことができるから。いろいろなことできるからいいなって、憧れがありました。それで早く始めたほうがいいのかなって」

 

また通学していたのが慶応義塾大学の系列校で大学へ内部進学できることもきっかけになったそうです。

 

「慶應義塾高校に通っていて、大学への塾内進学が可能だったから、自由な時間も多かったし~、その時間を使って芸能活動しよう!ってのがきっかけかな!」

 

高校2年生の時に高校生のお笑い大会にエントリーしたところ参加者が少なすぎて中止になってしまいました。

 

しかし同じ日にあった大学生の大会に出場したところ、スカウトされて芸能事務所入りし、お笑い芸人としてのキャリアをスタートさせています。

 

高校時代はちゃんそんぱんそんさんという女性の相方と、お笑いコンビ「パラノーマル」として活動していました。

 

 

ただし当時は日本赤軍やオウム真理教、北朝鮮などブラック系のネタが好きでした。

 

高校時代は学校が終わった後に、ライブやオーディションに出場していました。

 

【主な卒業生】

石原良純(タレント)

櫻井翔(嵐)

加山雄三(俳優)

ミッツ・マングローブ(タレント)

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 慶応義塾中等部 偏差値75(超難関)

 

 

 

夢屋まさるさんの出身中学校は、私立の共学校の慶応義塾中等部です。

 

この中学校は2019年に芦田愛菜さんが進学したことで大きな話題になっています。

 

また出身高校の系列校のため、高校へは内部進学で進んでいます。

 

また夢屋さんはこの中学校に中学受験をして入学していますが、以降は大学までエスカレーター式に進学しており、受験はしていません。

 

中学時代からバラエティ番組やお笑い番組を観ていたことから、お笑い芸人に興味を持っています。

 

後述するように夢屋さんは小学校時代まで子役として芸能活動をおこなっていましたが、中学3年生の時にテレビドラマ「家政婦は見た!」に出演していた中川大志さんに影響を受けて再び俳優として活動しようと試みています。

 

その際にはオーディションを受けていますが、「君は役者よりもお笑いのほうが向いているよ」と言われ俳優にはなれませんでした。

 

とは言えこの経験が高校時代に本格的にお笑い芸人として活動をはじめる糧となったのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身小学校・子役時代の詳細

 


 

出身小学校:東京都 お茶の水女子大学附属小学校

 

 

 

夢屋まさるさんの出身小学校は、国立の共学校のお茶の水女子大学附属小学校です。

 

この小学校は1877年開校の名門校で、進学実績の割には学費が安いことで知られる人気小学校です。

 

また敷地内には系列で共学校のお茶の水女子大学附属中学校も設置していますが、夢屋さんは大学進学を考えてこの中学校には進学しませんでした。

 

夢屋さんの家族構成や兄弟姉妹の情報は不明です。

 

 

なおインターネット上には夢屋さんが人気お笑い芸人の鳥居みゆきさんの弟とする情報もありますが、鳥居さんとは血縁関係にありません。

 

また同じくインターネット上に夢屋さんが逮捕されたのでは? との情報もありますが逮捕歴もありません。

 

夢屋さんは3歳の時にスカウトされて、子役としてデビューしています。

 

子役時代には東北電力のCMに出演したり、雑誌のモデルを務めています。

 

 

ちなみに夢屋さんは子役時代から「他人の書いた台本を演じるんじゃなくて、自分で台本を書きたい」と思っていたとインタビューで述べています。

 

またこのような姿勢は後のお笑いのネタ作りに活かされています。

 

なお子役としての活動は5歳まででした。

 

他にも小学校時代はピアノを習っており、現在でも特技とするほどです。

 

以上が夢屋まさるさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「おもしろ荘」の出演で全国区の人気者となった以降は、数々のバラエティ番組に出演しています。

 

 

頭脳明晰であることは疑いないでしょうし、なかなかのイケメンですから、芸を磨けば大ブレイクの予感もさせられます。

 

今後はメディアへの露出も増えていきそうなので、注目の若手芸人です。

 

スポンサードリンク



ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ