もう中学生の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|農業高校出身だった!

 

お笑い芸人のもう中学生さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りします。段ボール芸で知られているもう中学生さんですが、実は農業高校の出身者でした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

もう中学生(もうちゅうがくせい)

 

 

1983214日生

身長180

血液型はO型

 

長野県長野市出身のお笑い芸人

本名は丸田典幸(まるた のりゆき)

 

以下ではもう中学生さんの出身校や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2001年に吉本総合芸能学院(NSC)東京校に第7期生として入所。 

当初は「商業」や「もう中学生ですよ。」といったグループやコンビで活動。 

以降はピン芸人として活動し、イラストを描いた段ボールなどの小道具を使う芸風を確立。

2009年頃からテレビ番組への出演が多くなり、2010年から朝の情報番組「おはスタ」にレギュラー出演。 

以降も「さんま御殿」や「笑っていいとも!」、「天才てれびくんMAX」などのテレビ番組に出演。 

2013年から情報番組「エブリワン」にレギュラー出演していた(20158月まで)。

 

もう中学生の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:長野県 更級農業高校 偏差値38(かなり容易)

 

 

 

もう中学生さんの出身高校は、県立の共学校の更級(さらしな)農業高校です。

 

この高校はは1907年開校の県立校で、県内ばかりではなく海外からも留学生を受け入れています。

 

また同校は以下の4つの学科を設置していますが、もう中学生さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

グリーンライフ:偏差値38

施設園芸:偏差値38

生産流通:偏差値38

生物科学:偏差値38

 

もう中学生さんがこの高校に進学した理由については、インタビューで次のように話しています。

 

「先生には『知識がないとどんな仕事もできないから、高校は出ておけ』と言われました。人と違った仕事をするには何を学んだらいいかと考えて、農業高校を選びました」

 

高校時代は、硬式野球部に在籍していました。

 

ただし学校が休みの土日にはたびたび上京をしてお笑いライブを見に行っていたことから、野球部を休みがちになってしまい高校2年生の時に退部をしています。

 

後述するようにもう中学生さんは物心ついたときからお笑いが好きだったため、野球部退部後は学校が終わるとすぐに帰宅をしてお笑いのビデオを観るという毎日を送っていたことを動画インタビューで話しています。

 

また当時からノートに面白いと思ったことを落書きしており、それが芸人になった後に活きているそうです。

 

進路相談の際には担任の先生にお笑い芸人になりたいことを話すと、「好きにすれば」という感じだったそうです。

 

また両親も好きなことをしなさいというスタンスだったことから、お笑い芸人になることを反対されることはなかったようです。

 

高校卒業後は大学などには進学しておらず、吉本総合芸能学院(NSC)東京校に7期生として入学をしています。

 

同期にはエハラマサヒロさんや宇都宮まきさん、若井おさむさん、こがけんさんらがいます。

 

 

ちなみに若い頃はかなりのイケメンでした。

 

またバラエティ番組「ロンドンハーツ」内の企画「奇跡の一枚」でも大きな話題になっています。

 

 

もう中学生さんにとってNSCは毎日お笑いの勉強ができることから楽しかったそうで、この頃から段ボール芸を発掘していたことをインタビュー動画で話しています。

 

段ボール芸をはじめたきっかけについては本人もよく覚えていないそうですが、ある日薬局に段ボールが積まれているのを見てただ単にやろうと思ってはじめたそうです。

 

NSCに入り3・4ヶ月目には段ボール芸をやっていましたが、褒められるというよりは「何それ?」みたいな反応をされることが多かったそうですが、ただ好きだからやりたいことをやっていたとインタビューで話していました。

 

また「ものに頼るのは辞めなさい」とNSCの講師に言われたこともあったそうですが、「ただ好きだからやっている」という自身の信念を曲げずにやってきたようです。

 

とは言え当初はグループやコンビで活動していましたが、芽が出ずにその後に段ボール芸にたどり着いています。

 

2009年に「爆笑レッドカーペット」などで段ボールなどを使ったゆるい芸風や独特のキャラクターが注目されて、バラエティ番組への出演も急増しています。

 

 

いったんはテレビへの出演が減りますが、2020年頃から有吉弘行さんの冠番組などで再び注目を集めています。

 

 

「再ブレイク」の声もあるので楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

もう中学生の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:長野県 長野市立川中島中学校 偏差値なし

 

 

 

もう中学生さんの出身中学校は、地元長野市内の公立校の川中島中学校です。

 

中学時代は陸上部に在籍をしており、部活動に打ち込んでいました。

 

陸上部での担当種目はハードルでした。

 

なおもう中学生さんは運動神経がよく、スポーツは全般的に得意です。

 

 

中学時代は休み時間などに一人でミュージシャンのシャ乱Qさんのモノマネなどの出物をやっていたそうです。

 

当時からお笑いが好きで、中学時代は「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」などがお気に入りでした。

 

加えてもう中学生さんは当初は高校に進学しないでお笑い芸人を目指すことも考えましたが、中学時代の先生に進学を勧められ従っています。

 

スポンサードリンク

 

もう中学生の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:長野県 長野市立川中島小学校

 

 

 

もう中学生さんの出身小学校は、地元長野市内の公立校の川中島小学校です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

父親は画家でイラストレーターです。

 

何かあれば母親に相談をしたり、よく実家に帰っていることからも家族仲がとても良いことが伺えます。

 

父親の影響で幼少期からお笑いを見ることが多く、幼稚園の時からバラエティ番組を見ていました。

 

またお笑いばかり見ていたため、物心ついたときからお笑い芸人を目指していました。

 

もう中学生さんは中でもダウンタウンが好きだったそうで、今でも尊敬している芸人だそうです。

 

小学生の時の卒業論文のタイトルが「もう中学生」で将来はお笑い芸人になりたいということを書いた内容だったことから、その頃の気持ちを忘れないように芸名も「もう中学生」にしたそうです。

 

小学生の頃ははしゃぎ回っているような生徒だったそうですが、クラスの人気者というわけではなかったと動画インタビューで話していました。

 

以上がもう中学生さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大ブレイクこそありませんが、唯一無二の芸風を確立している貴重な存在です。

 

 

幅広い年齢層に受け入れられているだけに、今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ