松岡昌宏の学歴と経歴|出身高校(堀越高校)中学校や大学の偏差値と学生時代のかっこいい画像

 

「TOKIO」の松岡昌宏さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。俳優としても人気の高い松岡さんですが、実は母子家庭に育った苦労人でした。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

松岡昌宏(まつおか まさひろ)

 

15

 

1977111日生

身長181

血液型はA型

 

北海道札幌市出身のタレント、俳優

TOKIOのメンバー

本名同じ

 

以下では松岡昌宏さんの学歴・経歴、出身中学校・高校の偏差値、中学時代や高校時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

松岡昌宏の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:堀越高校 芸能活動コース

出身中学校:横浜市立東鴨居中学校→横浜市立新井中学校

出身小学校:札幌市立八軒北小学校→横浜市立東本郷小学校

 

松岡昌宏の学歴~出身高校(堀越高校)・大学の詳細

 

出身高校:堀越高校 芸能活動コース 偏差値37(容易)

※現在はトレイトコース

 

 

 

松岡昌宏さんの出身高校は、多くの芸能人の母校として知られる堀越高校です。

 

中学時代に既にTOKIOのメンバーとなっており俳優としてもデビューしていたことから、より幅広く芸能活動をするために同校の芸能コースを選択して進学しています。

 

 

同校ではお笑い芸人のゆってぃさんと同級生でした。

 

彼によれば高校時代には「(松岡さんに)パシリにされていた」と語っています。(松岡さんはゆってぃさんを覚えていなかった)

 

また高校時代の松岡さんは学校に来るとドライヤーをコンセントにさして、まずは髪作りをおこなっていたそうです。

 

 

当時から人気者で仕事が多かったことから、授業中は居眠りすることも少なくなかったそうです。

 

高校時代は生活態度はあまりよくなく、ちょくちょく学校をさぼって先生に叱られていました。

 

また松岡さんはあまり勉強が得意ではなかったことから、高校時代のテストではだいたい赤点で、ひと桁の点数をとったこともあるとインタビューで話しています。

 

仕事面では高校3年生の1994年に、TOKIOはファーストシングル「LOVE YOU ONLY」でメジャーデビューを飾っています。

 

14

 

瞬く間に人気アイドルグループに上り詰め、この年のNHK紅白歌合戦にも初出場しています。

 

また松岡さんはグループの活動の傍らで俳優としても活動しており、「いちご白書」や「アリよさらば」といった連続ドラマにも出演していました。

 

 

このように高校の後半はかなり仕事で多忙だったはずです。

 

それでも松岡さんは堀越高校を無事に卒業していますが、実は出席日数が3日足りなかったことを後のインタビューで明らかにしています。

 

当時の堀越高校の卒業式にはたくさんのメディアが取材に押しかけていた時期だったことから、卒業式ではいったん松岡さんに卒業証書が授与されています。

 

しかし卒業式が終わった後で、卒業証書は学校側に返しています。

 

 

そして卒業式後の3日間高校に通学すると、松岡さんは校長室に呼ばれたそうです。

 

そこでは先生たちが勢揃いして、松岡さん1人のための卒業式が改めておこなわれました。

 

これには松岡さんも感動して泣いてしまったそうです。

 

なお松岡さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した頃はグループでの活動はもちろんのこと、数多くの連続ドラマやバラエティー番組に出演しており、進学などの選択肢はなかったようです。

 

その後の活躍は目覚ましく、グループはヒット曲を連発しました。

 

また個人としても多くの連続ドラマに主演するなど、俳優としても高い人気を博しています。

 

 

俳優としては演技力の評価も高く、中山美穂さんや北川景子さん、戸田恵梨香さん、広末涼子さんなど名だたる豪華な女優陣とも共演を果たしています。

 

 

若い頃ほど主演作は多くはありませんが、未だに人気の連続ドラマのレギュラーに起用されるほどです。

 

さらには苦労人だけあってその度量の広さとフランクな性格でジャニーズ事務所の後輩はもとより、多くの芸能人からも慕われています。

 

 

生き方も「男前でかっこいい」という声も多く、現在でも熱烈なファンの支持を集めています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

松岡昌宏の学歴~出身中学校(横浜市立東鴨居中学校・横浜市立新井中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜市立東鴨居中学校 偏差値なし

※横浜市立新井中学校に転校

 

 

 

松岡昌宏さんが入学したのは、横浜市内の公立校の東鴨居中学校です。

 

中学時代は部活動などはおこなわずに帰宅部だったようです。

 

また時期は不明ですが、中学時代に引っ越しによって横浜市立新井中学校(偏差値なし)に転校しています。

 

 

 

小学校6年生の頃に光GENJIに憧れていたことから、芸能界を目指して中学1年生でジャニーズ事務所に入所しています。

 

16

 

意外にもオーディション会場では事務所の社長のジャニー喜多川さんを用務員のおじさんだと思って睨み返したりしました。

 

またその時にジャニーさんに向かって、「YOUはやめてください」とも発言しています。

 

それでもオーディションに合格しているので、やはり当時から光るものがあったのでしょう。

 

 

ジャニーズJr.時代はSMAPのバックダンサーなどを務めていました。

 

中学時代にはダブルのスーツにサングラス、セカンドバックなどでキメており、当時からかなりおしゃれであったことが窺えます。

 

 

また中学2年生でTOKIOのメンバーになっており、この頃からドラムをはじめています。

 

 

当初はTOKIOはバンドではありませんでしたが、城島さんと山口さんがバンドをやっていた影響で、松岡さんら他のメンバーも楽器をはじめています。

 

中学生の頃には既に曲作りを開始していました。

 

さらにはこの年に俳優デビューも果たしています。

 

スポンサードリンク

 

松岡昌宏の学歴~出身小学校(札幌市立八軒北小学校・横浜市立東本郷小学校)の詳細

 

出身小学校:北海道 札幌市立八軒北小学校

※横浜市立東本郷小学校に転校

 

 

 

松岡昌宏さんのが入学したのは、北海道札幌市内の公立校の八軒北小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です。

 

 

札幌市出身ですが、小学校4年生の時に両親が離婚して母親に引き取られて、小学校5年生で横浜市に移住しています(離婚の原因は父親の浮気)。

 

そして横浜市立東本郷小学校に編入しています。

 

 

 

当時住んでいたのは横浜市保土ヶ谷区にある県営の千丸台団地でした。

 

母子家庭のために団地住まいで生活は楽ではなく、松岡さんは小学校の頃から働きづめの母親のために弁当を作っており、後の料理好きにつながっています。

 

料理の腕は小学生にも関わらず、魚をさばけるほどだったといいますから当時からかなりのものでした。

 

さらには小学生時代から、洗濯や掃除などの家事もおこなっていました。

 

松岡さんも当時のことをインタビューで「母親と2人、めしも食えなくて。息子である僕が母親を守らなけばならなかった」と語っています。

 

松岡さんは男前で気遣いができることから男女問わず慕われていますが、その背景には小学校時代の苦労もあるようです。

 

以上が「TOKIO」松岡昌宏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍するTOKIOは山口達也さんや長瀬智也さんが脱退しましたが、未だに根強い人気を誇っています。

 

また松岡さんも40歳を超えましたが、連続ドラマの主演に起用されるほど俳優として高い人気を博しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

松岡昌宏の学歴・経歴・プロフィールのまとめ

 

1977年(0歳):北海道札幌市で生まれる

1983年(6歳):札幌市立八軒北小学校に入学

1986年(9歳):両親が離婚して母子家庭に育つ

1987年(10歳):横浜市立東本郷小学校に転校

1989年(12歳):横浜市立東本郷小学校を卒業

1989年(12歳):横浜市立東鴨居中学校に入学

        横浜市立新田中学校に転校

1989年(12歳):ジャニーズ事務所に入所

1990年(13歳):TOKIOのメンバーになる

1992年(15歳):横浜市立新井中学校を卒業

1992年(15歳):堀越高校芸能活動コースに入学

1994年(17歳):TOKIOがメジャーデビュー

1995年(18歳):堀越高校芸能活動コースを卒業

1997年(20歳):「サイコメトラーEIJI」で連続ドラマ初主演

2002年(25歳):連続ドラマ「ナースマン」に主演

2016年(39歳):連続ドラマ「家政婦のミタゾノ」に主演

2019年(42歳):連続ドラマ「死役所」に主演

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ