東出昌大の学歴|出身大学高校と中学校の偏差値と学生時代

人気俳優の東出昌大さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。部活動に打ち込んでいた中学校・高校時代やモデルから俳優に転向した大学時代や専門学校時代のエピソードや情報も併せてご紹介いたします

 

東出昌大(ひがしで まさひろ)

 

‘æ36‰ñ“ú–{ƒAƒJƒfƒ~[ÜŽöÜŽ® “Œo¹‘åiVl”o—DÜj

‘

198821日生

身長189㎝ 体重72kg

血液型はA型

 

埼玉県出身の俳優、ファッションモデル

本名同じ

 

以下では東出昌大さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
高校時代にメンズノンノのオーディションに合格して専属モデルとなる。 

当初はファッションモデルとして活動し、2006年から2011年までパリコレクションにも出演した。 

2012年にファッションモデルを辞めて、映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューし、同作の演技で日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

同年の「恋愛検定」でドラマ初出演し、翌年にはNHKの朝ドラの「あまちゃん」と「ごちそうさん」に連続出演してブレイク。 

2014年の「クローズEXPLODE」で映画初主演し、以降も「アオハライド」や「GONIN」、「デスノート」などの話題作で主演している。

テレビドラマでも「花燃ゆ」や「問題のあるレストラン」、「精霊の守り人」などの人気作に出演。 

私生活では20151月に女優の杏と結婚し、2016年に双子の女児が誕生した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:不明(中退)

 

東出昌大さんは高校卒業後は、大学に進学しますがどこの大学が正確なことは不明です。

 

ネット上では東洋大学の法学部イブニングコース(夜間部・偏差値40)が有力ですが、信ぴょう性は不十分です。

 

当初は漠然と警察官を志望して大学に進学しますが、方向転換して1年間だけ通学して中退

 

その後はジュエリーデザイナーを目指してヒコ・みづのジュエリーカレッジ専門学校に進学します(大学在学中から通学した可能性もあり)。

 

 

この専門学校は東京の渋谷区に本部があって、ジュエリーや靴、バッグや時計のデザイナーや製作者を養成していることで知られています。

 

東出さんはインタビューで「やりたいと思って飛び込んだのは、唯一ジュエリーだけ」と語っており、ジュエリーデザイナーは本気で目指していたようです。

 

高校を卒業した年にパリコレクションのモデルに抜擢されるなど大躍進しましたが、当時はずっとモデルを続けられるとはおもっておらず、手に職を付けようとしてこの専門学校に入学しています。

 

 

またモデルに関しては「割のいいバイト」といった感覚でおこなっていました。

 

そのためモデルとして活動する傍ら、この専門学校にも通学して卒業しています。

 

そして23歳の時に映画「桐島、部活辞めるってよ」の出演を契機に、以降は俳優に専念します。

 

 

しかし当初は軽い気持ちでこの映画のオーディションに参加したことをインタビューで明らかにしています。

 

「最初からあきらめていたというのも変ですが、『まさか自分が役者なんて』という気持ちが強かったんです。マネージャーが先方に『東出は芝居をしたことないし、できないですよ』と伝えていたくらいで、そんなやりとりがあった後だったので興味を持っていただけるとも思ってなかったんです」

 

しかしオーディションが進むにつれて演技をすることが面白いと感じるようになったと述べています。

 

「その頃にはほかの俳優のみなさんとのセリフのやりとりもあったりして、ハードルがどんどん上がっていくんです。意地もあったし、やりがいも感じたし、できないことも増えていったけどそれを面白いって感じるようになってましたね」

 

そしてオーディションを勝ち抜いてこの作品の主要キャストの座を獲得していますが、演技未経験だったにも関わらず日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。

 

ちなみにこの作品には山本美月さんや松岡茉優さん、浅香航大さんや鈴木伸之さんなど、後に人気俳優・女優となった面々が多数出演していたことで知られています。

 

さらにこの映画の撮影が終了した際には、東出さんは大泣きしてしまったと述べています。

 

「プロの方々がひとつの目標を持って長期間一緒に仕事をする、そういう経験が初めてだったので、撮影を終えたときに年甲斐もなく大泣きしました。でも、いま思うと、感動だったのかな」

 

その後はスパッとモデルを辞めて俳優に転身していますが、さすがに俳優に転向する際には迷いがあったようで、母親に相談しています。

 

「楽しい方へ進もうと思っていましたが、役者は食べていくのが難しい仕事。23歳でこれからも俳優業を続けるのかなと思った時は、母に相談したのを覚えています」

 

そして24歳から25歳にかけての2013年にNHKの朝ドラの「あまちゃん」と「ごちそうさん」に立て続けに出演して、俳優としてブレイクすることになりました。

 

 

なお「ごちそうさん」で共演した女優の杏さんとは、2015年1月に結婚をしています。

 

 

現在では話題作のテレビドラマや映画に多数出演するほどの人気俳優となりました。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:埼玉県 朝霞高校 偏差値53(普通)

 

 

東出昌大さんの出身校は、県立の共学校の朝霞高校です。

 

この高校は1963年開校で、長らく県立の中堅校として知られています。

 

また同校は部活動が盛んで、山岳部や剣道部、水泳部などが県内では強豪として知られています。

 

高校時代は剣道部に所属しており、県大会の個人戦でベスト8に入るほどの実力でした(段位は三段)

 

なお東出さんは現在でも剣道を続けており、時間がある時には道場で子供たちに稽古をつけているとのこと。

 

また後に警察官を志して大学に進学していますが、これは剣道の先生に警察官が多かったからです。

 

加えて高校時代は「うるさいグループに属していた」とインタビューで話しています。

 

「僕自身、どちらかというとうるさいグループで『お前なんて悩みないだろ』って思われてたかもしれないけど、確実にモヤモヤした気持ちは抱えてました」

 

さらに高校時代は部活動中心の高校生活だったことを明らかにしています。

 

「授業中は寝て、起きてる時は早弁です。部活が終わったら、コンビニで何か食べて帰宅するっていう日々でした」

 

東出さんは高校2年生の時に「メンズノンノ」のオーディションでグランプリを獲得して芸能界入りしています。

 

ただしオーディションに応募したのは母親と兄で、当時の東出さんは芸能界には興味がありませんでした。

 

それでも高校時代はファッション誌の専属モデルとして活動しており、既に若手人気モデルのひとりでした。

 

ただし高校時代もモデルの仕事は一生の仕事とは思っておらず、漠然と「大学に行くのかな」と思っていたそうです。

 

なお俳優の高良健吾さんとは高校時代から仕事を通じての知り合いで、現在も親友の仲です。

 

加えて当時はまったくモテず、本人も合コンは補充要因として2回ほど行った程度で、女っ気は全然なかったと語っています。

 

また高校時代から様々なアルバイトを経験しています。

 

(高校時代の卒アル)

 

さらに高校時代は部活動に打ち込んでいたことから、クリスマスなどの思い出もないとインタビューで話しています。

 

「ずっと剣道をやっていたので、学生時代は部活一色です。高校生の頃、剣道の大会がクリスマスシーズンにあっていたので、その時期も剣道の思い出しかありません」

 

なおテレビ東京の「このマンガがすごい」に出演した際の映像で、東出さんの剣道の腕前が少しだけ見ることができます。

 

 

やはり経験者といった見事な剣さばきですね。

 

【主な卒業生】

北原佐和子(女優)

松村香織(SKE48)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:さいたま市立東浦和中学校 偏差値なし

 

 

東出昌大さんの出身中学校は、地元さいたま市の公立校の東浦和中学校です。

 

中学時代も剣道をやっていました。

 

また両親が共働きだったことや父親が料理人であることで、学生時代から料理をすることが多く、自然に得意になったとのことで、中学時代には既に手料理を家族に振舞っています。

 

さらに189㎝の高身長で知られる東出さんですが、中学2年生から3年生にかけて26㎝も急激に身長が伸びています。

 

なおラジオ番組に出演した際に、中学生の頃からフォークデュオの「ゆず」のファンであることを明らかにしています。

 

東出1

(中学時代)

 



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:不明

 

東出昌大さんの出身小学校は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校の可能性が高そうです。

 

さいたま市立美園小学校

さいたま市立中尾小学校

さいたま市立芝原小学校

さいたま市立三室小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

実家は日本料理店を営んでおり、父親は料理人です。

 

 

また父親が剣道の指導者だった影響で、小学校1年生の頃から「中尾剣士会」に入会して剣道をはじめています。

 

現在では剣道三段の腕前の東出さんですが、杏さんとの間に生まれた子供たちにも剣道を教えたいということです。

 

小学生時代から活発な少年で、サッカーや水泳、虫捕りが大好きでした。

 

 

加えて東出さんは小学校時代にはじめた競馬ゲームの「ダービースタリオン」がきっかけで当時からオグリキャップやトウカイテイオーなどの人気ホースのビデオを見るほど競馬が好きで、現在でも競馬の大ファンです。

 

なお小学校時代から警察官に憧れていました。

 

「僕は、小さい頃から剣道をずっと習っていたので、将来は警察官になりたいと思っていました」

 

以上が東出昌大さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

24歳の時に映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューすると、いきなり日本アカデミー賞新人賞などの映画賞を受賞しています。

 

そして翌年のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」でブレイクと、順風満帆の俳優人生です。

 

 

もともと演技力には定評がありますし、人気女優の杏さんと結婚し子供も誕生するなど、公私にわたって充実一途です。

 

俳優としてもまだまだ伸びそうですから、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ