林家たい平の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|難関美大出身だった

 

人気落語家の林家たい平さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は林家さんは難関美術大学卒業という異例の経歴の持ち主です。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

林家たい平(はやしや たいへい)

 

 

1964年12月6日生

身長168㎝

血液型はB型

 

埼玉県秩父市出身の落語家

本名は田鹿明(たじか あきら)

 

以下では林家たい平さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

林家たい平の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京都 武蔵野美術大学 造形学部視覚伝達デザイン学科 偏差値51(難関)

 

 

林家たい平さんは高校卒業後は、私立の武蔵野美術大学に進学しています。

 

この大学は東京藝術大学には及ばないものの、多摩美術大学と並んで国内でもトップクラスの美術大学です。

 

そのため学科試験の偏差値はさほど高くありませんが実技試験が難しく、難関美術大学のひとつです。

 

林家さんはこの大学に進学したのは美術の先生になるためだったとインタビューで話しています。

 

「美大に入ったきっかけは、僕は「3年B組金八先生」の世代なので、学校の先生になりたかったんです。でも、高校で勉強がだんだんできなくなって、担任の先生に「学校の先生になりたいけど、勉強はできないんです。どうしたらいいですか?」って相談したら、その先生は美術の先生で「美術の先生なら、技術面でカバーすればなれるぞ」って言ってくれて」

 

林家さんはこの大学に入学してサークル選びの際に部員が減り、廃部ギリギリだった落語研究会を選びました。

 

落語に興味があったわけではなく仲の良い友人と一緒に入部することで、このサークルがなくならずに済むのであればという気持ちだったそうです。

 

 

落語サークルでの高座名は「遊々亭迷々丸(ゆうゆうてい めめまる)」でした。

 

なお入部した後も真面目に部活に取り組むことはなく、漫才やコントをしていました。

 

そして大学で美術を勉強していくうちに「デザインは人を幸せにする」という言葉に惹かれて、美術の先生からデザイナー志望へと変わります。

 

しかしそれも上手くいかずに悩んでいるときにラジオで人間国宝・5代目柳家小さんの『粗忽長屋』を聞いて「落語で人を幸せにしたい」と思ったそうです。

 

林家さんはその時のことをインタビューで次のように話します。

 

「そして、気づいたのです。形に残るものを作ることだけがデザインなのではない。落語という画材で自分なりにデザインすることで人を幸せにすることができるのだって。」

 

それから老人ホームや旅館などを回り落語一人旅をしているところ、老人ホームで部屋に閉じこもりっきりだった方が三味線を弾いてくれました。

 

林家さんはその時に「人に笑顔になってもらうために行ったのに、自分の方が笑顔をもらった。落語ってなんていい仕事なんだ」と思ったそうです。

 

大学卒業後は「笑点」でお馴染みだった落語家の林家こん平さんに入門しています。

 

 

ただし落語家になる際には、父親に反対されています。

 

そして2006年5月から師匠のこん平さんに代わって、「笑点」の大喜利のメンバーに正式に昇格して人気も全国区となっています。

 

 

ちなみに2010年の4月から母校である武蔵野美術大学の客員教授も務めています。

 

スポンサードリンク

 

林家たい平の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:埼玉県 秩父高校 偏差値54(普通)

 

 

林家たい平さんの出身高校は、県立の共学校の秩父高校です。

 

この高校は1907年開校の伝統校で一時はレベルが下落していましたが、このところは進学実績も上昇しています。

 

林家さんがこの高校に入学した時代は自由な校風で、校則は唯一「生徒らしい服装」だけだったからだそうです。

 

高校時代は美術部に所属し、とても元気で校舎の2階から友人と飛び下っては階段の下にいた他の生徒をビックリさせていました。

 

林家さんは高校時代にテレビドラマの金八先生に憧れを抱き、学校の先生になりたいと思ったそうです。

 

ただ国語や数学などの学科の勉強は苦手だったので美術の先生になろうと思い、美大を目指しました。

 

なお林家さんは高校時代はかなりの目立ちたがり屋で、文化祭の時にはクラスメイトと「イモ欽トリオ」を結成して歌も披露しています。

 

【主な卒業生】

今井美桜(アナウンサー)

冠二郎(演歌歌手)

 

スポンサードリンク

 

林家たい平の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学:埼玉県 秩父市立秩父第二中学校 偏差値なし

 

 

林家たい平さんの出身中学は、地元秩父市の公立校の秩父第二中学校です。

 

この中学校で林家さんは生徒会長を務めていました。

 

ちなみに林家さんはお笑い芸人のアキラ100%さんの中学校の先輩で、アキラ100%さんもまた生徒会長を務めていたそうです。

 

なお林家さんの中学時代のエピソードや情報はほとんど見当たりませんでした。

 

 

【主な卒業生】

藤原竜也(俳優)

 

林家たい平の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:埼玉県 秩父市立花の木小学校

 

 

林家たい平さんの出身小学校は、地元秩父市内の公立校の花の木小学校です。

 

家族構成は両親と姉、兄の5人家族です。

 

林家さんはお姉さんとは6歳違いでお兄さんとは4歳違いの末っ子です。

 

林家さんの実家はテイラーメイドの洋服店を営んでいて、母は駄菓子屋「駄菓子屋たい平」を経営しています。

 

また兄はうどん店「うどん亭たじか」を経営しているそうで、林家さんとはトークバラエティーで共演したこともあるそうです。

 

林家さんは幼いころから人を笑わすことが大好きな少年でした。

 

また小学校時代から「笑点」の大ファンだったそうで、美空ひばりさんや市川團十郎さんのモノマネをしていたことがお笑いの原点になったそうです。

 

以上が林家たい平さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ここまででわかるように美術大学出身という異色の落語家です。

 

 

「笑点」のレギュラーとなって以降は知名度も上昇して、テレビ番組への出演が増えています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ