古賀紗理那の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値とかわいい学生時代の画像

 

バレーボール選手の古賀紗理那さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。高校時代からかわいいと評判だった古賀さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

古賀紗理那(こが さりな)

 

 

1996521日生

身長180㎝、体重66

血液型はB型

 

佐賀県神崎郡出身のバレーボール選手

NECレッドロケッツ所属

 

以下では古賀紗理那さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

小学校2年生の時にバレーボールをはじめる。 

2011年のJOCジュニアオリンピックカップでは有望選手として特別表彰される。 

2012年のアジアユース選手権では中心選手として活躍して、日本の4連覇に貢献。 

20134月にはじめて全日本女子のメンバーに選出。 

同年6月のイタリア4か国対抗で代表デビュー。

2014年に東京オリンピックの強化指定選手「Team CORE」のメンバーに選ばれる。 

20151月にVプレミアリーグのNECレッドロケッツに入団。

同年のチームの10年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

 

古賀紗理那の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:熊本県 熊本信愛女学院高校 普通科 偏差値47~56(学科不明のため)

 

 

 

古賀紗理那さんの出身高校は、私立の女子校の熊本信愛女学院高校です。

 

この高校は1900年開校のカトリック系のミッションスクールで、部活動が盛んなことで知られています。

 

特にバレーボール部は全国大会の常連で、数多くのバレーボール選手を輩出しています。

 

また同校は以下の3つの学科を設置していますが、古賀さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

特進:偏差値56

情報ビジネス:偏差値47

普通:偏差値46

 

加えて古賀さんはこの高校へは一般受験ではなく、スポーツ推薦で進学しています。

 

 

後述するように古賀さんは小・中学生時代に輝かしい成績を残し、オリンピック有望選手にも選ばれたことから全国のバレーボール強豪校からスカウトが殺到しました。

 

最終的には2歳年上の姉も在籍していた同校に進学をしています。

 

古賀さんはもう一度姉と一緒にバレーボールやりたいという気持ちが強かったそうです。

 

高校1年生のときはバレーボールがとにかく楽しかったそうで、インタビューでも次のように話しています。

 

「1年生の時は、とにかく楽しかったです。春高前にユースのアジア選手権があって、そこで優勝して、私はMVPに選ばれたんです。」

 

また2013年1月には春高バレーでベスト4になり、古賀さんは優秀選手賞を勝ち取りました。

 

 

そして古賀さんは16歳だった2013年4月に日本代表に初選出されています。

 

 

高校時代に全日本に選ばれたときの心境についてインタビューで次のように話しています。

 

「まわりがテレビで見た人ばっかりでしたし、まず初めてサオリさん(木村沙織)に遭えたことに興奮していました。すごく緊張していました!息ができなかったくらいです(笑)」

 

 

同年7月にはインターハイで準優勝という結果を残し、ベスト6と優秀選手賞を勝ち取っています。

 

また10月には世界U23女子バレーボール選手権の代表選手に選ばれており、銅メダルという結果を残しました。

 

そして高校3年生だった2014年6月には2020年東京五輪の強化指定選手「Team CORE」に選ばれており、その時の気持ちについてインタビューで次のように話しています。

 

「『Team CORE』に選ばれたことで、自分自身の中で、よりはっきりと2020年東京オリンピックを強く意識しました。私自身がしっかりと目標を見据えて、バレーボールに取り組んでいかなければいけないという気持ちになれたので、選ばれてとても良かったと思っています。」

 

 

また古賀さんは自身のツイッターに次のように投稿をしています。

 

「今思い返せばあっという間の3年間でした。熊元信愛に来て、とにかくみんなで勝ちたくて喧嘩もしながら、悩みながら成長してこれたと思います。」

 

 

【主な卒業生】

映美くらら(女優)

倉科カナ(女優)

 

古賀さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、NECレッドロケッツに入団しています。

 

 

すると1年目から主力選手として活躍して、チームの10年ぶりのリーグ制覇に貢献しています。

 

以降も選手として順調にキャリアを重ね、チームの主砲を務めるとともに全日本女子代表でも主力選手になるほどの成長を遂げています。

 

「ポスト木村沙織」とも呼ばれており、黒後愛選手らとともに日本代表をけん引していく存在となっています。

 

 

 

オリンピックや国際大会での活躍にも期待ですね。

 

黒後愛の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク

 

古賀紗理那の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:熊本県 大津町立大津中学校  偏差値なし

 

 

 

古賀紗理那さんの出身中学校は、熊本県大津町内の公立校・大津中学校です。

 

中学3年生だった2011年8月に出場した全日本中学校バレーボール選手権大会で3位となり、古賀さんは優秀選手に選ばれました。

 

そして同年12月におこなわれたJOCジュニアオリンピックカップではオリンピック有望選手として選ばれています。

 

また古賀さんは中学入学時から卒業時までに身長が14cm伸びたそうです。

 

 

【主な卒業生】

武田洋平(Jリーガー)

 

スポンサードリンク

 

古賀紗理那の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:熊本県 大津町立大津小学校

 

 

 

古賀紗理那さんの出身小学校は、大津町内の公立校・大津小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

父親の転勤で6歳の時に佐賀県から熊本県に引っ越しをしています。

 

母親はママさんバレーをやっており、古賀さんはそれを見に行った際に面白そうだからやってみたいと思ったそうです。

 

そして小学2年生のときに姉と共に地元のバレー教室に入り、バレーボールを始めました。

 

母親は中学・高校時代にバレーボール部に在籍しており、春高バレーに出場できなかったことから、将来女の子が生まれたらバレーボールをさせたいと思っていたそうです。

 

バレーボールを初めてすぐに強豪チームである「大津ジュニア」と対戦をして、0点負けしてしまったことで古賀さんは「大津ジュニア」でプレーをすることを望んだそうです。

 

そして小学3年生で小学6年生と混ざってプレーができるまでに成長をしています。

 

古賀さんは学校以外の時間をすべて練習に充てていたそうです。

 

その甲斐もあり小学5・6年生の時に全日本小学生バレーボール大会の全国大会に出場することが出来ました。

 

以上が古賀紗理那さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代から注目を集めていましたが、バレーボール選手として順調に進化しています。

 

 

現在では日本代表でも主力選手として活躍しています。

 

年齢的にもこれからなので、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

黒後愛の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ