高橋藍(バレー)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|ハーフなの?

 

バレーボール選手の高橋藍さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ハーフのイケメンと思われがちの高橋さんですが、実はクオーターでした。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

高橋藍(たかはし らん)

 

 

2001年9月2日生

身長188㎝、体重72㎏

血液型はO型

 

京都府出身のバレーボール選手

 

以下では高橋藍さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

高橋藍の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本体育大学 体育学部 偏差値48(やや容易)

 

 

 

高橋藍さんは高校卒業後は、私立大学の日本体育大学に進学しています。

 

この大学を選んだ理由については日本を背負う選手になるために知識や技術、体力を身に着けようと思ったからだそうです。

 

大学にはバレーボールのスポーツ推薦で入学しています。

 

 

なお大学に入学した2020年は新型コロナウィルス禍の影響で、入学式が8か月後におこなわれています。

 

後述するように高橋さんは兄の高橋塁さんの影響でバレーボールをはじめており、高校までは同じ学校でチームメイトとして切磋琢磨し合ってきました。

 

 

しかし兄は日本大学に進学していることから、2020年の全日本バレーボール大学男子選手権大会ではライバルとして対決をして日本体育大学が2位、日本大学が3位でした。

 

 

そして高橋さんは2021年5月1、2日に、中国代表との国際親善試合で日本代表としてデビューを飾りました。

 

この試合ではアジア屈指の高さを誇る中国のブロックを何度も打ち破るスパイクで、強烈な印象を残しました。

 

 

2日の試合ではチーム最多得点を挙げるほどの活躍ぶりでした。

 

その際には高橋さんのイケメンぶりも話題になっています。

 

 

 

高橋さんの目標はオリンピックに出場して、支えてくれた家族に恩返しをすることだそうです。

 

スポンサードリンク

 

高橋藍の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:京都府 東山高校 トップアスリートコース 偏差値46(やや容易)

 

 

 

高橋藍さんの出身高校は、私立の男子校の東山高校です。

 

この高校は1868年開校の仏教系の私立高校です。

 

またスポーツが非常に盛んで、硬式野球やバレーボール部、バスケットボール部などが強豪として知られています。

 

加えて同校は以下の3つのコースを設置していますが、高橋さんはスポーツ推薦コースにあたるトップアスリートコースに在籍していました。

 

パスカル:偏差値67

クレセント:偏差値48

トップアスリート:偏差値46

 

高校時代はバレーボール部に在籍しており、高校3年生の時にはキャプテンを務めました。

 

 

関西ジャニーズjr.の小柴陸さんと同学年でした。

 

また兄の塁さんは2学年上に在籍していました。

 

高橋さんが高校1、2年生の時にはライバル校の洛南高校の壁に阻まれて、春高バレー・全国大会には出場できませんでした。

 

高校2年生の時にはインターハイの全国大会に出場して、ベスト4の成績を残しています。

 

そして高校3年生だった2020年の春高バレーに出場すると、キャプテンとしてチームを率いて初優勝を勝ち取っています。

 

 

高橋さんは石川祐希選手に憧れており、同じ練習を高校時代にできたことが自信につながったようで次のようにコメントを残しています。

 

「いつかは石川祐希さんのような選手、石川さんを超えるような選手になって、自分も日本代表としてプレーしたい。石川さんが大学でやってた練習を自分は高校でできてるというのが、自信にも強みにもなりました」

 

 

石川さんに会った際にはアスリートとしての意識の高さが自身にとって刺激になったそうで、食事面にまでとことん気を遣っている部分も尊敬できいつかは越えたいと思ったそうです。

 

また中学時代はバレーボールを続けることを悩んだ時期もありましたが、高校では楽しいと思えたようでインタビューで次のように話しています。

 

「高校でバレーボールが好きになりました。中学くらいまでは全然、小学校のときもバレーが嫌いというのではなく、友達と遊びたい気持ちが強かった。」

 

 

しかし京都府で優勝するなど結果が出るようになり高校では年々格段とバレーボールが上達していったことで、バレーボールが楽しいと思うようになったそうです。

 

また高校時代には試合前になると緊張があり、前日は食事があまり食べることができないことが多かったそうです。

 

【主な卒業生】

みうらじゅん(イラストレーター)

レッド吉田(お笑い・TIM)

鏡リュウジ(占星術研究家)

 

スポンサードリンク

 

高橋藍の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都府 京都市立蜂ヶ岡中学校 偏差値なし

 

 

 

高橋藍さんの出身中学校は、地元京都市内の公立校の蜂ヶ岡中学校です。

 

この中学校は公立校ながら男子バレーボール部が強豪で、全国大会の常連です。

 

中学時代までは身長がさほど高くなかったことから、リベロも経験しています。

 

 

中学時代は3年間連続で日本中学校選手権に出場しており、中学2年生の時には優勝を勝ち取っています。

 

全国大会に出場した際には高橋さんはリベロだったことから、アタッカーの兄からはとにかく拾ってくれと言われていました。

 

しかし中学時代にバレーボールを辞めるか悩んだ日々があったそうで、両親と話し合いの末に他のスポーツではなく再びバレーボールを選んでいます。

 

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「中学でバレーをやめようか迷っているときに、話を聞いてくれて思いとどまらせてくれたのが両親。もし違う道に進んでいたら春高優勝もなかった。あのときバレーボールを選んだから今の自分がいる。」

 

このこともあり両親には本当に感謝していると話していました。

 

【主な卒業生】

国広富之(俳優)

木村祐一(お笑い芸人)

 

高橋藍の学歴~出身小学校の詳細・ハーフなの?

 

 

出身小学校:不明

 

高橋藍さんの出身小学校は、地元京都市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

インターネット上には京都市立嵯峨野小学校との情報もありますが、確証はありませんでした。

 

出身中学校の蜂ヶ岡中学校には越境入学で進学している可能性もあり、他校の出身の可能性もありそうです。

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

 

母親はアメリカ人と日本人のハーフであることから、高橋さんはクォーターです。

 

また藍(らん)という名前は野球好きの父親が、「ホームラン」からインスピレーションを受けて名づけたのが由来です。

 

きょうだい3人はとても仲が良いそうです。

 

小学2年生の時に兄の影響でバレーボールをはじめており、練習について行くことが多かったようで当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「兄の所属していたチームはメンバーの人数がギリギリで、小学校2年のとき、練習試合を見に行ったら休みのメンバーがいて一人足りないっていう状況のときに自分がいたので監督さんに『お前、試合に出ろ』って言われたこともあり、やってみたら楽しく、親からの勧めもあってバレーボールをはじめたのがきっかけですね。」

 

バレーボールをはじめるまでは父親が野球好きだったことからよくキャッチボールをしており、もしバレーボールをやっていなかったら野球を始めていたとインタビューで話しています。

 

ただし高橋さんは小学校時代は身長が低かったこともあり、全国大会などには出場していないようです。

 

以上が高橋藍さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2021年5月に日本代表として衝撃的なデビューを飾っています。

 

そのため尊敬する石川祐希さんのような選手に成長しそうです。

 

 

バレーボール選手としての今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ