鳥居みゆきの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

鳥居みゆき(とりい みゆき)

 

鳥居

 

1981313日生

身長170

血液型はO型

 

埼玉県出身のお笑いタレント

本名は鳥海さおり

 

以下では鳥居みゆきさんの学歴や経歴、高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
2002年ごろから舞台に立ち、2005年からサンミュージックのGETライブ」に出演するようになる。 

200710月にギャオの「カンニングの恋愛中毒」に出演をきっかけにブレイク。 

以降は「ラジかるッ」や「おもいッきりDON!」、「PON!」、「エンタの神様」などの多くのバラエティー番組や情報番組に出演。 

2008年の映画「全然大丈夫」で女優デビューし、「非女子図鑑」や「ゾンビデオ」、「虎影」などの映画にも出演。 

2010年にモデルとして東京ガールズコレクションに出演。 

2011年の「臨死!!江古田ちゃん」で連続ドラマ初主演。 

私生活では2007年春に、元芸人の会社員と結婚している。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:埼玉県 行田進修館高校商業科 偏差値44(容易)

※現在は進修館高校

 

 

鳥居みゆきさんの出身校は、県立の共学校の行田進修館(しんしゅうかん)高校です。

 

この高校は2005年に同じ行田市内の県立校の行田女子高校、行田工業高校と統合して、現在は進修館高校になっています。

 

(高校時代)

 

鳥居さんは高校時代はワープロ部に在籍していました。

 

「ワープロ部ではありもしないハロウィンの招待状ばっかりずっと打ってたの。今にして思えば、パソコン部に入っておけばよかった!」

 

今は滅多に見かけないワープロですが、他にもパソコン部があったにも関わらず鳥居さんはワープロ部に入部しています。

 

「私の中での「最先端」が、当時はワープロだったんです。ジェネレーションギャーップ(笑)」

 

ちなみに商業科に在籍しただけに鳥居さんは高校時代に以下の多くの資格を取得しています。

 

情報処理1級

商業簿記2級

工業簿記1級

珠算準1級

ワープロ2級

 

また当時の鳥居さんは周囲とコミュニケーションがとれずに、高校3年間は友達がいませんでした。

 

しかもアルバイトで稼いだお金をあげて、クラスメイトと話してもらったことをインタビューで告白しています。

 

「高校3年までいなかった。私、みんなに1000円ずつあげるためにバイトしてたんです。毎月、給料が出た翌朝に早く学校へ行って、みんなの机の上に1000円札を置いていくの。そうすると、その日はみんな私としゃべってくれるから。私はみんなとコミュニケーションとりたかったんですけど、すごくヘタなんですよ。声のボリュームがすごくでかくなっちゃったり、長年の友達にやるようなことを初対面でいきなりやっちゃったり、距離を間違えちゃうから、友達がぜんぜんできなかったんです」

 

他にも髪の毛をピンクに染めて登校したりしていたので、高校時代は周囲からは「変わった子」といった評価でクラスメイトからも浮いていました。

 

そのため鳥居さんは当時流行っていたリストカットにも手を出したと語っています。

 

なお鳥居さんはドラマ「陸王」に出演した際に高校教師の役を演じましたが、撮影がおこなわれたのは偶然に母校である同校でした。

 

鳥居1

(高校時代)

 

【主な卒業生】

今井華(モデル、タレント)

 

そして鳥居みゆきさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、就職しています。

 

卒業後は歯科助手などを務めながら、舞台俳優を目指していました。

 

その後は姉の紹介で芸能事務所に所属するようになると、喜劇やお笑いに方向転換しています。

 

 

そして26歳の時にGYAOで配信されていたバラエティ番組「カンニングの恋愛中毒」に出演するとインターネットで話題になってブレイクしています。

 

 

以降は様々なバラエティー番組や情報番組に出演するとともに、女優としても活動を開始して連続ドラマに主演したこともあります。

 

 

またファッションモデルとしても、「東京ガールズコレクション」に出演したこともありました。

 

 

他にもミュージックビデオの監督をしたり、小説を出版したりと多才ぶりを発揮しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:埼玉県 行田市立長野中学校 偏差値なし

 

 

鳥居みゆきさんの出身中学校は、地元埼玉県行田市内の公立校の長野中学校です。

 

小学校時代は活発だった鳥居さんは、中学時代は一転して物静かになってしまい文学少女で優等生で安部公房の小説などを好んで読んでいました。

 

また中学3年生の時にドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の作品を観て、衝撃を受けています。

 

「14歳の頃、知り合いの映画監督から勧められて観た「アギーレ/神の怒り」。初めて観た時はとにかく衝撃的でした。ポポル・ヴーが作るどこか悲しげな楽曲、描写の美しさや構図、どこか不自然だけど自然な感じ。主演のクラウス・キンスキーの演技。そのすべてに惹かれました」

 

このことがきっかけとなって将来は「表現者」になりたいと思いはじめたことをインタビューで話しています。

 

「劇団に入りたいなーとか漠然と考えていて、きっと頭のどこかで表現者になりたいという思いがあったのかなぁ」

 

しかし中学生の頃からはイジメに遭っており、体育館用の履物を隠されたり、自転車のタイヤをパンクされたりもしています。

 

(中学時代)

 

なお姉の鳥居千春さんが読者モデルをやっていた影響で、鳥居さんも中学校時代にファッション誌「non-no」や「CUTiE」の読者モデルをやったこともありました。

 

(鳥居千春)

 

ちなみにお姉さんの千春さんは読者モデルやカフェ店員などを経て、現在はヘアサロンを経営しているとのこと。

 



 

学歴~出身小学校の詳細

 



出身小学校:行田市立東小学校

 

 

鳥居みゆきさんの出身小学校は、地元行田市内の公立校の東小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

秋田県で生まれましたが埼玉県行田市で育っています。

 

小学生時代はいつもジャージを着ている親分肌の活発な少女でした。

 

当時は近所でも色白でかわいいと評判でした。

 

 

ただしその後にぽっちゃりとした体型になってしまったことから、「白ブタ」のあだ名で呼ばれています。

 

 

また当時から絵を描くことが好きで、後に絵本も出版しています。

 

 

以上が鳥居みゆきさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

お笑い芸人としてブレイク後は数々のバラエティ番組に出演してきました。

 

また玄人好みのカルトでシュールな芸風は、現在でも多くのファンに師事されています。

 

 

本業のお笑いのほか、女優やPVの監督を務めるなど、マルチな才能を発揮しています。

 

もともとお笑いにしてもかなり前衛的で高い感性も感じられるなど、その才能は計り知れません。

 

今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ