イモトアヤコの学歴と経歴|出身大学高校(文教大・鳥取西)や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

お笑いタレントのイモトアヤコさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。「珍獣ハンター」の出演で知られるイモトさんですが、実は高校時代は部活動に励んでおり、ミスコンでもグランプリになったほどでした。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

イモトアヤコ

 

 

 

1986112日生

身長158

血液型はO型

 

鳥取県岸本町出身のお笑いタレント

本名は井本絢子

 

以下ではイモトアヤコさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 

スポンサードリンク

 

イモトアヤコの学歴まとめ

 

出身大学:文教大学 情報学部広報学科

出身高校:鳥取県立米子西高校

出身中学校:岸本町立岸本中学校

出身小学校:岸本町立岸本小学校

 

イモトアヤコの学歴~出身大学(文教大学)の詳細

 

出身大学:文教大学 情報学部広報学科 偏差値43(容易)

※現在はメディア表現学科

 

 

 

イモトアヤコさんは高校卒業後は、埼玉県越谷市にある私立大学の文教大学に進学します。

 

実は早稲田大学などの難関大学も受験しましたが、不合格となり同大学に進学します。

 

ちなみに当時は東京六大学のいずれかに進学することを希望していましたがほぼすべての大学の模試の判定はEで、すべて不合格になって文教大学に進学しています。

 

ただしイモトさんは高校時代にお笑い芸人を目指すことを決意しており、大学進学は上京しるためのタテマエでした。

 

また芸人を目指していることは誰にも言っていませんでした。

 

「芸能人になるなんて無謀だし、恥ずかしくて誰にも相談できませんでした。それでも、わずかなチャンスをつかむため、まずは東京の大学に進学。合わせて、今の事務所の養成学校に通いました。行動することで夢に近づこうとしました」

 

そのため大学入学後は養成所に入学する資金を貯めるため、居酒屋のホールで深夜までアルバイトをしていたことをインタビューで明らかにしています。

 

大学では情報学部に在籍して、放送や映像、出版や広報などメディアに関して幅広く学んでいます。

 

またイモトさんは大学では映像系のゼミに在籍していたようで、ゼミの課題で「ドキドキラブデート」というドラマを制作・監督・主演しています。

 

加えて大学時代に友人と「高木ブーとキャンプ」というグループを結成して、「ハモネプ」にも出演していました。

 

 

上の動画にもあるようにイモトさんはメインボーカルを務めています。

 

「ハモネプ」ではブロック最下位で決勝には進出できませんでしたが、観客の笑いは一番とっていました。

 

そして大学3年生だった2006年にワタナベコメディスクール(WCS)に入学しています。

 

WCSではお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の平井ファラオ光さんが同期です。

 

イモトさんはWSCでの成績が優秀で、才能が認められ在校中にワタナベエンターテインメントに所属しました。

 

またこの年には「フォーリンラブ」のバービーさんらとお笑いトリオ「東京ホルモン娘」を結成して活動しています。

 

 

このトリオは結成後すぐにもう1人のメンバーが脱退し、イモトさんとバービーさんのコンビになっています。

 

イモトさんは大学4年生だった2007年にオーディションに合格して、「世界の果てまでイッテQ」の珍獣ハンターに起用されています。

 

 

 

ちなみにイモトさんはこの番組の内容をよく知らないままオーディションを受けたことを明らかにしています。

 

またオーディションには50m走もあったのですが、中学時代に陸上部だったことから1位になっています。

 

なお珍獣ハンターは長期のロケなどがあるため、「東京ホルモン娘」はコンビでの活動が困難になって解散しています。

 

珍獣ハンターとして出演直後から話題になっています。

 

またイモトさんはお笑い芸人を目指していることなどを親にも内緒にしていたことから、父親は番組を見てお笑い芸人になったことを知っています。

 

加えて当初は芸能活動を反対されて、「鳥取に帰ってこい」と言われたこともありました。

 

イモトさんは大学時代の後半はロケなどで多忙な日々を過ごしていますが、大学は無事に卒業をしています。

 

その後はひたむきに珍獣ハンターを務める姿が好感を呼び、今では人気タレントランキングの上位にあがるほどです。

 

 

またその後にはたびたび素顔でメディアに登場して「かわいい」と話題になっています。

 

 

ちなみに元相方のバービーさんも「世界の果てまで行ってQ」の準レギュラーとして番組で共演しています。

 

スポンサードリンク

 

イモトアヤコの学歴~出身高校(鳥取県立米子西高校)の詳細

 

出身高校:鳥取県 米子西高校 偏差値57(中の上)

 

 

 

イモトアヤコさんの出身校は、鳥取県の県立校の米子西高校です。

 

この高校は1906年開校の伝統校で、地元では古くからの進学校として知られています。

 

またイモトさんが在籍した当時のこの高校は、地元でもかわいい子が集まる高校として有名だったそうです。

 

当時の同校は男女の比が5:40と圧倒的に女子が多かったそうです。

 

イモトさんは運動神経がかなりよく、高校在学時はハンドボール部に在籍していました。

 

ハンドボール部ではリーダーシップを発揮して、キャプテンを務めていました。

 

イモトさんはハンドボール部に入部した経緯についてはインタビューで、次のように述べています。

 

「部活見学で見た、シュートする先輩の姿がカッコ良かったっていう単純な動機で入部したのに、気がつけばキャプテン……。言葉で強く言えないタイプなので、必死に練習に励んで行動だけはキャプテンらしくしようと心掛けました。この経験で根性が身に付きましたね」

 

また高校時代の最後の試合は全国大会の常連校でしたが、忘れられない試合となっています。

 

「対戦が決まった時、チームの士気がかなり下がりました。でも、私は試合前に勝負を諦めたくなかった。試合では普段以上に気合の入った私を見て、部員のみんなも一つになってくれた。負けたけど、終了まで粘ることができた良い試合になりました」

 

旺盛なチャレンジ精神は、学生時代の部活動で養われたようですね。

 

加えてイモトさんは「クラスの中に一人はいるひょうきんなヤツ、それが私(笑)」というように当時から陽気でクラスの人気者でした。

 

「授業中は先生にツッコミを入れ、自分もボケていじられる。みんなを笑わせようと考えながら、毎日過ごしていました」

 

また学校行事にも積極的に参加しており、文化祭のクラスの演劇では主役を演じています。

 

さらに高校3年生の時には、学校祭のミスコンでグランプリにも輝きました。

 

 

当時のイモトさんはクラスの人気者で特に女子から人気が高かったことから、グランプリはぶっちぎりだったそうです。

 

さらにこの年の学校祭でおこなわれた劇にも主演して、主演女優賞とエンターテイナー賞を受賞しています。

 

なお高校時代にお笑い芸人の青木さやかさんに憧れて、将来の夢をお笑いに定めています。

 

「目立ちたがり屋さんの子供が、中学、高校と進むうちに憧れの人が青木さやかさんに変わっていって。じゃあ、青木さんがいる事務所の養成所に入ろうかなって。高校生くらいになると、さすがにアイドルじゃないって気づき初めましたから(笑)」

 

なおイモトさんは高校時代に他校の年上の男子と交際していました。

 

【主な卒業生】

山本圭佑(ダンサー)

 

スポンサードリンク

 

イモトアヤコの学歴~出身中学校(岸本町立岸本中学校)の詳細

 

出身中学校:鳥取県 岸本町立岸本中学校 偏差値なし

※現在は伯耆町立岸本中学校

 

 

 

イモトアヤコさんの出身中学校は、地元岸本町内の公立校の岸本中学校です。

 

出身地の鳥取県岸本町は人口約7000人ほどののどかな町で、2005年に隣接する溝口町と合併して現在は伯耆(ほうき)町になっています。

 

%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a2%e3%83%88

(中学時代)

 

中学校時代のイモトさんは陸上部に所属して、短距離走を専門にしています。

 

また陸上部でも運動神経の良さを発揮して、中学校3年生の時には県大会の100mで6位になっています。

 

また生徒会の活動にも携わっており、生徒会副会長も務めています。

 

加えてイモトさんは中学校2年生の時にはじめて男子生徒と交際していますが、半年後にフラれています。

 

しかもその後に男子生徒は陸上部のイモトさんの親友と交際していたことが後に判明しています。

 

なお中学時代のイモトさんはアイドルグループ「モーニング娘。」のオーディションを受けていたことが、当時の同級生のインタビューで判明しています。

 

「『モーニング娘。』のオーディションを受けているんです。書類選考で落ちたんですが、そのときに合格したのが後藤真希さん。テレビでゴマキを見て、“アタシも金髪にしてれば受かってたよ!”ってボヤいてたっけ(笑い)。当時から漠然と、テレビに出る仕事がしたいという気持ちはあったみたいです」

 

イモトアヤコの学歴~出身小学校(岸本町立岸本小学校)の詳細

 

 

出身小学校:鳥取県 岸本町立岸本小学校

※現在は伯耆町立岸本小学校

 

 

 

イモトアヤコさんの出身小学校は、地元岸本町内の公立校の岸本小学校です。

 

家族構成は両親と1歳年下の妹の4人家族です。

 

父親は町役場に勤める公務員で、母親は保育士です。

 

 

イモトさんは幼稚園時代から目立つのが好きな少女だったとインタビューで話しています。

 

「実は幼稚園の頃から目立つことが好きで。発表会の役にも自分から手を挙げて「やりますっ」っていう子供だったんです」

 

小学校時代はピアノを6年間やっています。

 

また小学校時代はバレーボール部に所属しており、キャプテンを務めています。

 

加えて小学校時代のイモトさんはSPEEDや安室奈美恵さんに憧れており、当時からテレビに出たいと思っていました。

 

 

ちなみに小学校6年生の時にディズニーランドで迷子になったそうです。

 

「ディズニーランドでも迷子になったんですよ。迷子になるのって小学1、2年生くらいでしょ、私、当時小学6年生。まあまあヤバい子(笑)小6で自意識もあるから迷子が恥ずかしいこともわかるから〝迷子感〟を出したくない(笑)だから1時間くらいはお店を見てますくらいの感じでいて。でも迷子感が無いから誰も助けてくれないわけですよ、大丈夫~?と声をかけてもらえるような年齢でもない(笑)」

 

以上がイモトアヤコさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「世界の果てまでイッテQ!」でブレイクして、現在でも珍獣ハンターとして様々なチャレンジで高い人気を誇ています。

 

 

このところは女優としてもドラマに主演するなど多方面でマルチな活動を展開しています。

 

 

高い人気を誇る人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

 

イモトアヤコの経歴

 

1986年(0歳):鳥取県岸本町で生まれる

1992年(6歳):岸本町立岸本小学校入学

1998年(12歳):岸本町立岸本小学校卒業

1998年(12歳):岸本町立岸本中学校入学

2001年(15歳):岸本町立岸本中学校卒業

2001年(15歳):鳥取県立米子西高校・普通科に入学

2004年(18歳):鳥取県立米子西高校・普通科を卒業

2004年(18歳):文教大学・情報学部広報学科に入学

        「高木ブーとキャンプ」というグループ名で「ハモネプ」に出演

2006年(20歳):ワタナベコメディスクール(WCS)に入学

2006年(20歳):バービーとお笑いトリオ「東京ホルモン娘」を結成

2007年(21歳):オーディションを経て「世界の果てまでイッテQ」の珍獣ハンターに起用

2008年(22歳):文教大学・情報学部広報学科を卒業

2010年(24歳):テレビドラマ「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」にて女優デビュー

2014年(28歳):「最高のおもてなし」にてテレビドラマ初主演

2019年(33歳):ディレクターの石﨑史郎との結婚

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ