堀尾正明の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

堀尾正明(ほりお まさあき)

 

 

1955424日生

身長170

血液型はA型

 

埼玉県出身のフリーアナウンサー

NHK所属

 

以下では堀尾正明さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

大学在学中に文芸座附属演劇研究所に入所して、ミュージカルの舞台に出演。 

1979年の「大空港」でテレビドラマ初出演。 

1981年にNHKにアナウンサーとして入局し、同期には杉浦圭子らがいる。 

当初は福岡放送局や大阪放送局などを歴任し、1995年から東京アナウンス室に異動。 

同年から「スタジオパークからこんにちは」の司会を担当(20003月まで) 

2002年から「サタデースポーツ」と「サンデースポーツ」のMCを務める。 

20083月をもってNHKを退職して、フリーアナウンサーに転身。 

同年から「誰だって波瀾爆笑」のMCを担当。 

既婚者で息子が2人いる。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:早稲田大学 第一文学部 偏差値65(難関)

 

 

堀尾正明さんは高校卒業後は、1年間の浪人生活を経て早稲田大学に進学しています。

 

大学時代に俳優を志して、文学座の養成所に入所してミュージカルやテレビドラマに出演しています。

 

 

そのため大学は2年留年して卒業し、26歳でNHKにアナウンサーとして入局しています。

 

ただし当時はアナウンサーよりもディレクターになりたかったそうです。

 

「学生時代からアナウンサーを目指していたわけではないのです。むしろアナウンサーだけにはなりたくないと思っていた。やりたかったのは、ドラマのディレクター。だからNHK入局後もこっそりラジオドラマの脚本などを書きためていました。しかし、なかなかディレクター職に転進できず、そのうち自分はもしかしたらアナウンサーが向いているのかもしれないと思うようになったんです」

 

しかもまさか26歳でNHKに入社できるとは思っていなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「2年も留年していたので自分はサラリーマンにはなれない、ならないだろうなと漠然と思っていたのですが、当時、NHKは多少の浪人や留年経験があっても受験できると友人に言われ、試しに受けたら、なぜかアナウンサー職で合格してしまいました」

 

大阪放送局時代は新人アナウンサーの指導係も担当し、有働由美子さんらの指導にもあたっていました。

 

40歳の時に東京アナウンス室に異動すると、以降は主にバラエティー番組などの芸能畑を担当。

 

「スタジオパークからこんにちは」などの人気番組に出演して知名度を上昇させています。

 

 

以降も「サタデースポーツ」や「サンデースポーツ」などを担当しましたが、53歳だった2008年3月にNHKを退職してフリーアナウンサーに転身しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:埼玉県 浦和高校 偏差値72(超難関)

 

 

堀尾正明さんの出身校は、県立の男子校の浦和高校です。

 

同校は1895年開校の伝統校で、古くから県内でもトップクラスの進学校として知られています。

 

堀尾さんは勉強ばかりではなくスポーツも得意で、高校時代はサッカー部に所属してレギュラーを務めています。

 

ちなみにサッカー日本代表の監督を務めた西野朗さん(浦和西高校卒)とは同い年で、高校時代に練習試合で何度も対戦しています。

 

当時の西野さんは「第二の釜本」と呼ばれてサッカー選手として注目されておりアイドル並みの人気を誇っており、堀尾さんも「西野にファウルでもしようものなら罵声が飛んできた」と話すほどです。

 

さらに同じく同じくサッカー日本代表の元監督の岡田武史さん(大阪府立天王寺高校卒)は学年は1つ下ですが、高校時代に練習試合をしたことから顔見知りで、後に2002年のワールドカップの特別番組に出演してもらっています。

 

また高校時代はパチンコや麻雀に熱中するなど、およそ進学校の生徒とは思えないような高校生活を送っています。

 

高校時代は大学受験直前まではほとんど勉強をしておらず、成績も芳しくありませんでした。

 

高校3年生の時には物理の試験で100点満点のところ5点しかとれなかったエピソードも残っています。

 

【主な卒業生】

愛川欽也(タレント・中退)

若田光一(宇宙飛行士)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:埼玉県 浦和市立岸中学校 偏差値なし

※現在はさいたま市立岸中学校

 

 

堀尾正明さんの出身中学校は、浦和市立岸中学校です(現在はさいたま市立岸中学校)

 

父親が鉱山技師だったことから中学校時代までは全国を転々としており、当時の大宮市に転居したところでようやく落ち着いています。

 

中学校時代は卓球部に在籍して主力選手として活躍しており、浦和市内の大会で個人戦と団体戦ともに優勝経験もあるほどです。

 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:不明

 

堀尾正明さんの出身小学校は不明です。

 

父親は鉱山技師でマンガン鉱などの鉱脈を探す仕事をしていました。

 

前記のように中学校時代までは全国を転々としており、岡山県岡山市で生まれて、山形県や愛知県、神奈川県に在住していました。

 

なお幼少期や小学校時代の堀尾さんの情報やエピソードはほとんど見当たりません。

 

以上が堀尾正明さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

NHK入局後は地方局勤務が長かったですが、東京アナウンス室に異動後は同局の看板番組を歴任しています。

 

 

軽妙なトークも受けて、NHKの看板アナウンサーのひとりとして活躍します。

 

既に年齢は60歳を超えていますが、年齢を感じさせない若々しさで現在も精力的に活動をしています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ