中村里帆の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|青学なの?

人気ファッションモデルで女優としても活動している中村里帆さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「美人すぎる女子大生モデル」と話題の中村さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

中村里帆(なかむら りほ)

 

 

1999年8月6日生

身長165㎝

血液型はA型

 

高知県高知市出身のファッションモデル、女優

本名同じ

 

以下では中村里帆さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




中村里帆の学歴~出身大学の詳細/青学なの?

 

スポンサードリンク

 

出身大学:青山学院大学 偏差値55~65(学部不明のため)

 

 

中村里帆さんは高校卒業後は、青山学院大学に進学しています。

 

中村さんは進学先の大学を明らかにしていませんが、大学進学の際にインスタグラムにアップした画像からこの大学に進学したことが判明しています。

 

 

ただし在籍する学部や学科については不明です。

 

大学1年生の時は授業を詰め込みすぎて仕事との両立が大変だったとインタビューで話しています。

 

「1年生だった去年は授業を詰め込みすぎてホント週5レベルで通学していました。その合間にお仕事を入れていたので両立が結構大変で。キャンパスでイケメンと運命的な出会い… なんて夢見てたときもあったけど、現実はまったくそんなことにはならず(笑)」

 

ただし同級生と学食でランチしたりする時間が「普通の大学生」みたいで楽しかったとも話しています。

 

加えて大学2年生の時にはパン屋でのアルバイトも経験したそうです。

 

ちなみにアルバイトをしたのは、ずっとパン屋で働きたかったことや社会勉強になると思ったからでした。

 

仕事面では大学進学後に女優としての活動を本格化させて、「覚悟はいいかそこの女子。」などの連続ドラマにレギュラー出演しています。

 

 

ちなみに中村さんは当初は芝居のレッスンが嫌いでしたが、NHKの朝ドラのヒロインのオーディションで落ちたことで芝居に真摯に取り組むようになったとインタビューで話しています。

 

「実はお芝居に興味が出たのはここ1~2年くらい。それまでは恥ずかしさもあり、お芝居のレッスンに行くのも嫌でした。でも、初めて受けたNHKの朝ドラのオーディションで、最終選考近くまで残ったことがあったんです。結果は落ちてしまったのですが、そのとき自分でも予想しなかったぐらい悔しさがこみ上げてきて、もっと芝居をやりたいと感じました」

 

また本業のファッションモデルとしても、専属モデルを務める「Ray」の表紙に起用されたり、「ガールズアワード」などのランウェイにも出演しています。

 

 

ちなみに本人は女優としての活動に意欲を持っており、今後は出演作が増えそうで楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

中村里帆の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※現在は目黒日本大学高校

 

 

中村里帆さんの出身高校は、多くの芸能人の母校として知られる日出高校です。

 

後述するように中学時代までは地元の高知市に在住していましたが、高校進学のタイミング上京しています。

 

そしてより幅広く活動できるように、同校の芸能コースに進学しています。

 

 

高校時代はファッションモデルの仕事がメインで、高校2年生だった2016年までは「ニコラ」の専属モデルを務めています。

 

この年の5月号をもって「ニコラ」の専属モデルを卒業していますが、その際には永野芽郁さんや大谷凛香さんらも一緒に卒業しています。

 

 

また翌年からは「Ray」の専属モデルに起用されています。

 

なお中村さんは高校2年生の時にテレビドラマ「MARS」で女優デビューしていますが、当時は女優業にあまり前向きではありませんでした。

 

スポンサードリンク

 

中村里帆の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

中村里帆さんの出身中学校は、高知市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

「Ray」のインタビューで生まれも育ちも高知市とされており、中学時代までは地元の高知市に在住しています。

 

中村さんは小学校時代から芸能活動をおこなっていたことから、中学・高校時代を通じて部活動などはおこなっていなかったようです。

 

また小学校時代までは性格がキツかったそうですが、中学時代に「キャラ変」したとインタビューで述べています。

 

「実は小学生の頃はかなり今よりキツい性格でした。我が強くて喧嘩っ早い。そんな自分がイヤで、中学からはキャラ変を試みて少し空気を読むようになって、あまり自分の感情を出さなかったかな」

 

中学2年生だった2013年に「ニコラモデルオーディション」に応募して、グランプリに輝き専属モデルになっています。

 

 

このオーディションに応募したのは、この雑誌の専属モデルだった飯豊まりえさんに憧れていたからです。

 

ちなみに中村さんはオーディションの際には、特技である「ウサギのモノマネ」を披露しています。

 

ニコラ時代は永野芽郁さんや鈴木美羽さんらと看板モデルのひとりとして活躍して、7回も表紙に起用されています。

 

 

なお中村さんは「変顔」を特技としていますが、はじめたきっかけは中学生の頃から芸能の仕事をしていたこともあって友達との距離を少し感じ、また近付きたいと思ったからでした。

 

けっこう気遣いもできるタイプのようですね。

 

中村里帆の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

中村里帆さんの出身小学校は、高知市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

中村さんは子供の頃からチアダンスをおこなっており、7年間続けたそうです。

 

また幼い頃から「よさこい祭り」に参加しています。

 

小学校3年生の頃からファッションに興味を持ちはじめ、「ニコプチ」の専属モデルだった飯豊まりえさんに憧れています。

 

小学校5年生だった2010年に「シンデレラオーディション」に応募して、グランプリに輝いて芸能界入りしています。

 

 

 

以上が中村里帆さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

専属モデルを務めている「Ray」では高橋ひかるさんや渡辺梨加さんらとともに、人気モデルのひとりとして活躍しています。

 

 

また前述のように女優業にも本格的に取り組んでいます。

 

2019年に出演した映画「いなくなれ、群青」の演技が評価され、このところは女優としても注目を集めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ