みちょぱ(池田美優)学歴|出身高校名や中学校の偏差値と学生時代の可愛い画像

ファッションモデルやタレントとしても高い人気を誇るみちょぱさんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。女子中高生のカリスマだった高校時代やギャルサーに入っていた中学時代など、学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

みちょぱ(池田美優)

 

5

 

19981030日生

身長164

血液型はA型

 

静岡県浜松市出身のモデル、タレント

本名は池田美優(いけだ みゆう)

 

以下ではみちょぱ(池田美優)さんの学歴や経歴、中学校や高校の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードなどをご紹介いたします。




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2013年にファッション誌「Popteen」の読者モデルとしてデビュー。 

同年11月からは同誌のモデルで結成されたユニット「スーパーJC」の一員として連載企画も担当(20144月号まで) 

2015年にモデルとして「ガールズアワード」に出演。 

2015年からタレントとして活動をはじめ、「ダウンタウンDX」などのバラエティー番組に出演。 

2016年に「Popteen」で人気の高いモデルである「神7」に選ばれる。

他にも「サンデージャポン」にコメンテーターとして出演している。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:ルネサンス高校 通信制 偏差値なし

※のちに通信制のN高校(偏差値なし)に転校

 

 

 

みちょぱさんが入学したのは、通信制のルネサンス高校です。

 

同校は茨城県を拠点とする通信制の高校で、新宿や大阪などにも校舎を設置しています。

 

また大学受験コース、海外留学コース、芸能コースなどの多くのコースを設置していることも特徴です。

 

元AKB48の中崎ゆりあさんもこの高校の卒業生でした。

 

 

みちょぱさんはこの高校の新宿代々木キャンパスに通学していたようですが、この高校の登校日は年間わずか4日と通信制の高校の中でも非常に少ないことが特色です。

 

また中学生の頃からファッション誌のモデルとして活動していたことから、より幅広く芸能活動をおこなうために通信制の同校に進学したようです。

 

またインタビューでも「もともと学校というものは好きじゃない」とコメントしており、ルールや校則も大嫌いだったので、中学時代も学校には行きたくないと思っていました。

 

また通信制の高校は校風が自由な学校が多いことから、髪も染めたいし、ネイルもしたかったのでこの高校に入学したと話しています。

 

「中3からこの仕事を始めたので、スケジュール的にも普通の高校には通えないと思いました。それに髪も染めたいし、ネイルもしたいし、自由にできる通信制の高校が私には合っています」

 

ちなみに高校2年生だった2015年には、みちょぱさんはこの高校のパンフレットにも掲載されています。

 

 

その後はカドカワグループとドワンゴが経営する通信制のN高校に転校しています。

 

 

この高校はインターネットを使って授業を受ける新しいタイプの高校で、フィギュアスケートの紀平梨花さんらも通学しており、このところは在校生が1万人を突破するなどこのところ注目されている高校です。

 

なお中学時代は読者モデルとしての活動が中心でしたが、高校1年生の7月にティーン向けファッション誌の「POPTEEN」の専属モデルになるともに初表紙も飾っています。

 

 

以降は本人も真面目に取り組んだこともあって、高校時代には人気モデルの仲間入りを果たしており、藤田ニコルさんやオクヒラテツコさん、吉木千沙都さんと並んで「カリスマモデル四天王」と呼ばれるほどでした。

 

 

また高校2年生の頃からはファッションショーに出演しはじめ、「ガールズアワード」などのランウェイにも出演しています。

 

 

なおバラエティー番組に出演した際には、高校時代に交際していた彼氏が少年院に送られたことを告白して共演者を驚かせていました。

 

「付き合って1カ月くらいのときに少年院に入っちゃって」と離れ離れになってしまったと明かした。男性が少年院に入る前、池田の家に早朝、警察が来たという。「いわゆる“おはたい”。おはよう逮捕。『おはようございます。逮捕です』みたいな」と笑って明かした

 

彼氏は1年間少年院に収容されており、会えないのがつらくて何度も手紙を書いて送ったそうです。

 

そしてみちょぱさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念します。

 

後述するようにもともと通信制の高校に進学していることから、当初から大学への進学は考えていなかったようです。

 

また高校を卒業した年からタレントとしてテレビ番組への出演も増えています。

 

特に不定期出演している「サンデージャポン」ではコメンテーターを務めており、人気を博しています。

 

 

またこのところはCMにも起用されており、ギャル系タレントとしてはゆきぽよさんらと並ぶほどの人気者となっています。

 

 

今後もマルチな活動を展開していくことでしょうから楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 北区立神谷中学校 偏差値なし

 

 

 

みちょぱさんの出身中学校は、北区内の公立校の神谷中学校です。

 

みちょぱさんは静岡県浜松市の出身ですが、中学時代に両親が離婚したようで、母親に引き取られて東京都北区の赤羽に移住しています。

 

母親は看護助手やファミレス、六本木のクラブなどで働いて、みちょぱさんを育てています。

 

そのため浜松市立細江中学校からこの中学校に転校して卒業しています。

 

中学校時代はバスケットボール部に入部しますが3か月間で辞めて、その後にバレーボール部に入部していますがこちらも3か月間で辞めており、いずれも長続きしていません。

 

 

またみちょぱさんは中学1・2年生の頃は反抗期のピークで、母親としょっちゅうケンカしていたと話しています。

 

中学3年生の時に渋谷のギャルサークル「美舞羽凛(ひまわり)」を作っており、そこで縦社会を経験したとインタビューで述べています。

 

「美舞羽凛(ひまわり)という、私が中学3年生の時に作った渋谷のギャルサークルで縦社会を経験しました。先輩に挨拶のおじぎをきちんとしないと『渋谷を歩けないようにしてやんよ』とか脅されましたね。だから、同世代の女の子よりもギャルは礼儀正しいと思います」

 

そのサークルの先輩がファッション誌「POPTEEN」の編集部とつてがあったことがきっかけで読者モデルになっています。

 

 

ただし当初は人数が足りないという理由だったことから、本人も軽い気持ちではじめています。

 

当時出演していた動画がYOUTUBEにありました。

 

 

また読者モデルの仕事は中学3年生の時からはじめていますが当時はまったくやる気がなく、「撮影をさぼったり、バックレたりしてとにかく遊んでいた」と語っています。

 

 

ところがその年の冬ごろから干されはじめて、仕事が激減したことから意識も変わって、がむしゃらにやったそうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

みちょぱさんの出身小学校は、浜松市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし浜松時代に通学した中学校の校区からは、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

浜松市立気賀小学校

浜松市立西気賀小学校

浜松市立伊目小学校

浜松市立中川小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

ただしみちょぱさんの両親は幼少期に離婚しており、そのため母子家庭に育っています。

 

また母親はその後再婚していますが、前記の通りみちょぱさんが中学校時代に再び離婚しています。

 

インターネットではお母さんが結婚・再婚したのは同じ男性との情報もあります。

 

(子供の頃)

 

なお母親の京子さんとバラエティー番組で共演したことがあり、その際には「美人ママ」として紹介されています。

 

 

子供のころから何をやっても長続きせず、「習い事や部活も3か月で終わっていた」と語っています。

 

ちなみに小学校時代は習字やピアノ、ダンスなどを習っていました。

 

さらにみちょぱさんは小学校時代には班長や司会などを率先して引き受けるタイプだったとインタビューで述べています。

 

また小学校3年生の時には縄跳びの二重とびで、138回も跳んでいたことをツイッターで明らかにしています。

 

なお母子家庭に育っていたことから、学生時代は貧乏生活も経験しています。

 

 

以上がみちょぱさんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在ではモデルとしては高い人気を誇っていますし、近年はタレントとしてもテレビの露出が増えてきました。

 

 

ティーンには絶大な人気を誇っていますし、歯切れのいいトークなども好評のようで、今後は大ブレイクする可能性も秘めています。

 

またモデルやタレントとして飽きられることも懸念して歌手活動を視野に入れているなど、今後の動向も気になります。

 

年齢的にも大きく伸びる可能性もありますので、今後にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ