新川優愛の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

人気女優の新川優愛さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。芸能界で注目された高校時代や複雑な家庭環境に育った子供時代など、学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

新川優愛(しんかわ ゆあ)

 

新川

 

19931228日生

身長166

血液型はO型

 

埼玉県出身の女優、グラビアアイドル、モデル

本名同じ

 

以下では新川優愛さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2007年に芸能事務所入りし、翌年のドラマ「長男の結婚」で女優デビュー。 

2010年の「瞬 またたき」で映画初主演し、「熱いぞ!猫ヶ谷!!」で連続ドラマ初出演。 

同年にミスマガジンのグランプリを獲得し、グラビアアイドルとしても人気を博す。 

2011年にファッション誌「Seventeen」の専属モデルとなる20155月に卒業)。 

2013年のドラマ「衝撃ゴウライガン」に出演し、挿入歌で歌手デビューを果たす。 

その後も「35歳の高校生」や「水球ヤンキース」、「恋仲」などの人気作の連続ドラマに出演。 

20158月よりファッション誌「non-no」の専属モデルとなる。 

2016年の「全員、片想い」で6年ぶりの映画主演。

 

新川優愛の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:埼玉県 埼玉栄高校 偏差値49(やや容易)

 

 

 

新川優愛さんの出身校は、私立の共学校の埼玉栄高校です。

 

同校はスポーツが盛んで、相撲部や硬式野球部、陸上部やバドミントン部が全国的な強豪として知られています。

 

また生徒数は約2500人のマンモス校です。

 

新川さんの同校在籍時に、リオデジャネイロオリンピック体操競技の団体で金メダルを獲得した加藤凌平選手とは同じ学年で隣のクラスだったことをインタビューで明らかにしています。

 

また高校時代は仕事をしていたこともあり、部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

当時から新川さんはお笑いが大好きで、高校時代もたびたび東京都渋谷区にあるヨシモト∞ホールにお笑いライブを見に行っていました。

 

新川さんは高校2年生だった2010年に、「熱いぞ!猫ヶ谷!」で連続ドラマにはじめて出演しています。

 

 

当時は女優として売り出し中で、高校3年生の時には「明日の光をつかめ2」にもレギュラーキャストとして出演しています。

 

 

加えて高校2年生の時には「ミスマガジン」でグランプリに輝き、グラビアアイドルとしても人気を博しています。

 

 

その際には女優の清水富美加さんも準グランプリに選ばれています。

 

新川さんはグラビアアイドルとしても活動を開始して、高い人気を博していました。

 

また高校3年生の時には「ミスセブンティーン2011」に選ばれて大きな注目を集めています。

 

ちなみにこの際には、中条あやみさんや坂東希さん、橋爪愛さんも「ミスセブンティーン」に選ばれています。

 

(左から新川優愛、中条あやみ、坂東希、橋爪愛)

 

後述するように中学時代はさほどスポットライトはあたりませんでしたが、このように新川さんは高校時代に、女優やグラビアアイドル、ファッションモデルとして大きく成長しています。

 

(高校2年生の時のZ会のポスター)

 

ただし高校時代の新川さんは将来的には介護系の仕事をしようと思っており、それに向けて勉強もしていたことをインタビューで明らかにしています。

 

とは言えこのように高校時代は仕事が忙しかったので、卒業が危ぶまれたこともあったそうです。

 

「私は高校に入って雑誌『Seventeen』のお仕事をさせてもらうようになりました。仕事が増えると同時に学校に通えない日もあって、単位がぎりぎりになったことがありました」

 

その際には父親に弱音を吐いてしまったそうですが、背中も押してくれたとのこと。

 

「そんなときに父親に「どっちも嫌だ!」と弱音を吐いてしまったんです。すると父親から「お前が今感じている『将来どうなりたいか?何をしている自分を思い描いているのか?』を忘れなければ、きっとどちらもできると思う」という言葉をもらい、自分の背中を押してくれました」

 

そんな家族の応援もあって、高校は留年せずに卒業しています。

 

加えて意外にも高校までは芸能活動は「習い事感覚」で、高校3年生の時には今後も芸能界で食べていけるのか真剣に悩んだそうです。

 

「中学生・高校生までは習い事感覚だったんですよね。でも、大人になるにつれて『芸能の仕事を職業として続けるのか』の決断を迫られる。そこで壁にぶつかったというか、悩みました」

 

 

【主な卒業生】

瀬戸大也(競泳選手)

貴景勝(大相撲力士)

 

スポンサードリンク

 

新川優愛の学歴~出身大学の詳細

 

出身大学:不明

 

そして新川優愛さんは高校卒業後は大学に進学していますが、在籍した大学の校名などは不明です。

 

2017年に出演したテレビドラマ「明日の約束」のインタビューで、大学生だったことを述べています。

 

「高校生の頃から学生役をやらせてもらったり、大学生になってから働いてる役を演じることもあって。」

 

ただし新川さんは大学時代についてほとんどインタビューなどでも語ることがなく、在籍した大学については手掛かりすらありません。

 

また大学の卒業したかどうかについても不明です。

 

とは言え以降の活躍は目覚ましく、女優としては「GTO」や「水球ヤンキース」などの話題作の連続ドラマの主要キャストに起用され、人気若手女優の仲間入りを果たしています。

 

 

またファッションモデルとしても、専属モデルを務めていた「SEVENTEEN」の表紙を飾るほどでした。

 

 

さらに高校卒業からタレント活動も開始して、2015年からは「王様のブランチ」のMCを務めています。

 

 

その他にも「globe」のPVなどにも出演しています。

 

 

トーク力もあるので女優としてはもちろんのこと、MCや司会者としても楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク

 

新川優愛の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 草加市立栄中学校 偏差値なし

 

 

 

新川優愛さんの出身中学校は、草加市内の公立校の栄中学校です。

 

中学時代はバドミントン部に在籍するなど、スポーツも好きなようです。

 

なお新川さんは中学時代に好きな人がいましたが、バレンタインデーのチョコレートを渡せなかったエピソードをインタビューで述べています。

 

チョコレートはその後に幼馴染に渡したのですが、その際に人に見られており、幼馴染に「告白した」と思われてしまったそうです。

 

後述するように新川さんは小学校時代に芸能界入りしており、中学校3年間も芸能活動を続けています。

 

中学2年生の2月にテレビドラマ「長男の結婚」で女優デビューを飾っています。

 

 

また中学校3年生の頃には「オロナミンC」のCMに出演しています。

 

 

ただし中学時代はさほど多くの仕事をしていません。

 

スポンサードリンク

 

新川優愛の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

新川優愛さんの出身小学校は不明です。

 

埼玉県の東松山市出身ですが、前記のように中学は草加市内の公立校に通学しています。

 

どうやら転居したようですが、その時期などもわかっていません。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

なお幼少期に両親が離婚しており、父親に引き取られています。

 

さらに父親が再婚したことから家を出て行き、新川さんは父方の祖父母に育てられています。

 

テレビなどで見せる明るい姿からは想像がつきませんが、実は複雑な家庭に育っています。

 

 

小学校3年生の頃から8年間書道を習っていました。

 

そのため書道は四段の腕前です。

 

また小学校時代からテレビっ子だったことから自分もテレビに出たいと思って、自ら小学校6年生の時に劇団「東俳」に所属しています。

 

このあたりの経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「小さい頃からテレビっ子で、バラエティ番組からドラマまで、ジャンルを問わず大好きでした。私もこの箱の中に入ってみたいという思いが強くて、小学生の時に自分から事務所に応募したんです」

 

 

なお有名になりたいと思って芸能界に入ったことから、現在でもジャンルを絞るのではなくモデルやタレント、女優として幅広く活動しているそうです。

 

以上が新川優愛さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後も順調にキャリアを重ねて、特に女優としては期待の若手として注目を浴びています。

 

人気の連続ドラマにも数多く起用されるようになり、主演映画も公開されました。

 

 

また2019年8月にはロケバスの運転手の一般人男性と結婚して大きな話題になりました。

 

 

今後はさらに露出が増えることが予想されますし、主演作も多くなってくるでしょう。

 

多方面で活躍する彼女ですが、その成長にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ