本仮屋ユイカの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や学生時代

 

人気女優の本仮屋ユイカさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。NHKの朝ドラで大ブレイクを果たした高校時代や子役として活動していた中学時代など、学生時代の情報やエピソードなども併せてご紹介いたします

 

本仮屋ユイカ(もとかりや ゆいか)

 

%e6%9c%ac%e4%bb%ae%e5%b1%8b%e3%83%a6%e3%82%a4%e3%82%ab

 

198798日生

身長165cm

血液型はA型

 

東京都出身の女優

 

以下では本仮屋ユイカさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1998年のドラマ「なっちゃん家」でテレビ初出演。 

2001年の「3年B組金八先生」で連続ドラマに初出演し、2005年のNHKの朝ドラ「ファイト」ではヒロインの少女時代を務めた。 

2004年に出演した映画「スイングガールズ」で注目され、2006年の「ラブレター蒼恋歌」で映画初主演。 

2007年の「Yumings Films」でドラマ初主演。 

その後は「ハンチョウ」や「秘密」、「民王」などの連続ドラマにレギュラー出演。 

映画「ドロップ」や「ワイルド7」、「闇金ウシジマくん」などの話題の映画にも出演。 

女優業だけではなく、情報番組「王様のブランチ」で3年半にわたりMCを務めたり、ドキュメンタリー番組のナレーションも担当している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:日本大学 芸術学部 演劇学科 偏差値50(普通)

 

 

本仮屋ユイカさんは高校卒業後は、日本大学の芸術学部に進学しています。

 

同大の同学部は「日芸」の愛称で親しまれ、多くの芸能人や映画関係者を輩出していることで知られています。

 

本仮屋さんは演劇学科を専攻しているので、女優業のために演技を学ぶための進学でしょう。

 

なお後述するように本仮屋さんは日本大学の系列校に通学していたことから、大学へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

高校時代に出演したNHKの朝ドラで注目されて、当時は既に女優としても人気が出ており、多くのドラマや映画にも出演していました。

 

そのため大学時代もサークルなどに所属せず、ひたすら仕事と学業に打ち込んだようです。

 

また大学時代は「夜遊び禁止」の約束を母親と交わしており、かなり真面目な大学生活を送っていたようです。

 

本仮屋さんは大学1年生の時には映画「ラブレター 蒼恋歌」の主演に起用されています。

 

 

またテレビドラマでは「僕の歩く道」や「夫婦道」、「ゴンゾウ」などの数多くの連続ドラマに出演しています。

 

 

大学時代は数多くの作品に出演していますが、留年などもすることもなく無事に卒業しています。

 

それどころか卒業論文はかなり優秀だったことを当時の担当教授が明らかにしています。

 

「大学で教鞭をとっていた私の教え子に、女優でタレントの本仮屋ユイカさんがいる。大変優秀な学生さんで、卒業論文ゼミでは良く指導を受け、かなり優秀な論文を書き上げた。忙しい現場の仕事にもかかわらず、約束の日まで調査研究してくるなかなかの根性ある学生さんと、いつも感心していたことを思い出す」

 

加えて大学時代は仕事と学業に熱心に取り組んでいたことから、合コンなどには参加したことがないとインタビューで話しています。

 

このあたりは彼女が努力家で真面目なことを表していますね。

 

本仮屋さんは大学卒業後は活動の幅を広げて、2012年4月から2015年9月まで、バラエティ番組「王様のブランチ」のMCを務めています。

 

 

また女優としても数々の話題作の連続ドラマや映画に起用されています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 日本大学第一高校 偏差値61(やや難関)

 

 

本仮屋ユイカさんの母校は私立の共学校・日大一高です。

 

進学校で日大の付属校ですが、日大以外の難関大学に進学する生徒も少なくありません。

 

本仮屋さんは高校時代も女優として活動しており、高校2年生の時には映画「スウィングガールズ」に出演。

 

 

ちなみにこの映画で共演した女優の貫地谷しほりさんとは意気投合して現在も親友の仲ですが、お互いに苗字が珍しいので「珍名コンビ」と呼ばれています。

 

また同じ年には初めての主演映画「風の残響」に出演しています。

 

さらにこの年には綾瀬はるかさんと山田孝之さんが主演して好評を博した連続ドラマ「世界の中心で、愛を叫ぶ」に出演しています。

 

 

この作品では主演の綾瀬さんが白血病に冒されて衰弱していく設定だったことから、本仮屋さんはより綾瀬さんを細く見せるために増量して撮影に臨んだというエピソードが残されています。

 

そして高校3年生の時にはNHKの朝ドラ「ファイト」のヒロインに起用されて、女優としてブレイクしています。

 

 

ちなみにこの作品はNHKの朝ドラの定番の「明るく爽やかなヒロイン像」とは異なり、ヒロインが家族や友情の問題に悩む姿を描いた異例作だったことから視聴率は伸びませんでしたが(歴代ワースト7位)、本仮屋さんのヒロインの演技は好評でした。

 

 

また本人もこの作品で女優業を職業にしようと決意したことをインタビューで述べています。

 

「朝ドラをヒロインとして完走できたことが、夢だった女優を職業にしようと考えたきっかけです。この世界で続けたいと強く思いましたね朝ドラという作品の偉大さは、あれから年がたつほど強く感じています。ヒロインとは違う役で、もう一度あの世界に触れてみたいですね」

 

またNHKの朝ドラの撮影スケジュールはかなりハードで知られていますが、それにも関わらず同校のような進学校を卒業し、仕事と学業を両立できたのは立派です。

 

ちなみに妹のリイナさんは同校に進学しておらず、都立校を卒業しています(都立九段高校→青山学院大学法学部)。

 

またこの高校は日本大学の系列校なので、大学へは一般受験ではなく内部進学の形で進んでいます。

 

 

 なお高校時代は芸能活動があったことから、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

【主な卒業生】

大橋巨泉(タレント)

松崎しげる(歌手)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 目黒区立第九中学校 偏差値なし

 

 

本仮屋ユイカさんの出身中学校は、目黒区内の公立校の第九中学校です。

 

小学校時代は陸上で鳴らした本仮屋さんですが、この中学校には陸上部がなかったことからテニス部に入部しています。

 

テニス部に入部したのは「一番走らされるから」という理由で、現在でも走るのが大好きだそうです。

 

「陸上部に入りたかったんですけどなかったので、一番走らされるというテニス部に入りました。今も週3、4回は走って、その後にスイカを食べています」

 

そのため当時は日焼けで真っ黒でした。

 

小学校時代から子役として活動していた本仮屋さんですが、中学校2年生の時に出演した「3年B組金八先生」で注目されています。

 

 

ちなみに金八先生のこのシリーズには人気女優の上戸彩さんも出演しており、上戸さんもこのドラマの演技で注目されています。

 

また他にも生徒役として平愛梨さんや中尾明慶さんら、後に売れっ子となる女優・俳優も出演しています。

 

 

ちなみに本仮屋さんにとってこの作品もNHKの朝ドラ並みに思い入れのあるもので、インタビューでも次のように話しています。

 

「女優としての原点です。お芝居というものを前身で教えていただきました。ホントにもうひとつの学校に通ったくらい濃い時間でしたし、言い青春を送らせてもらえました」

 

またこのドラマの劇中で「初志貫徹」という文字を記していますが、そのまま本人の座右の銘になっています。

 

 

なお本仮屋さんは実家が目黒区にあったことから中学校3年生までこの区に住んでいますが、高校に進学するタイミングで実家は他の地域に引っ越したそうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

本仮屋ユイカさんの出身小学校は、目黒区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校の可能性が高いようです。

 

目黒区立向原小学校

目黒区立原町小学校

目黒区立碑小学校

 

家族構成は母親と2人の妹で、母子家庭に育っています。

 

本仮屋さんは自身の生い立ちなどを話すことが少ないことから、父親についてや母子家庭になった経緯などは不明です。

 

妹は元東海テレビアナウンサーの本仮屋リイナさんです。

 

ちなみに2013年にリイナさんがアシスタントを担当していた東海テレビの情報番組「スイッチ」にユイカさんが出演して、姉妹での共演が実現しています。

 

 

この際には姉妹で仲良く、名古屋市内のおすすめのスポットを巡っていました。

 

普段でもこの姉妹は仲が良く、リイナさんが独身時代は姉妹で旅行に行ったりしています。

 

またリイナさんが結婚後には、インスタグラムにたびたびユイカさんとのショットをアップするほどです。

 

 

なお「本仮屋」という珍しい苗字は祖父の出身地の鹿児島県に多い苗字だそうです。

 

本仮屋さんは子供の頃から明るく、学校ではムードメーカーで小学校時代にはクラスメイトにモノマネを披露しています。

 

加えて当時からやや「天然」で、現在でもタクシーに乗った際にスカートがドアに挟まれても気づかなかったり、透明のガラスの壁によくぶつかるそうです。

 

小学校時代は陸上をやっており、中距離走で東京都の大会に出場したほどでした。

 

また運動神経もよく、スポーツは全般的に得意とのこと。

 

9歳の時にNHK紅白歌合戦で安室奈美恵さんを見て、芸能界に憧れを持っています。

 

そのため当初は歌手になりたいと思っていましたが、母親から「声が細い」と言われたため歌手は諦めています。

 

そして10歳の時に芸能事務所「テアトルアカデミー」に入所して、児童劇団の「コスモス」に所属しています。

 

 

デビュー作はNHKの子供向け教養番組の「わくわくサイエンス」で、このテレビ番組には中学校3年生の時にまで出演していました。

 

この番組では本仮屋さんは「わくわく研究所所長」という設定で、数々の理科などの実験をして好評を得ています。

 

 

またデビューの翌年からは子役女優としての活動を開始しており、小学校時代は「土曜ワイド劇場」などに出演していました。

 

 

以上が本仮屋ユイカさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在は人気女優の仲間入りをしていますが、意外にもキー局の地上波の連続ドラマではまだ主演を演じたことがありません。

 

 

とはいえ子役出身だけあって演技の評価は良好で、話題作のテレビドラマや映画に立て続けに出演して作品に花を添えています。

 

またこのところはドキュメンタリー番組などのナレーターに起用されることも多く、新境地を見せています。

 

 

今後は女優として演技に磨きをかけて、さらなる成長も期待したいところです。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ