多部未華子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

多部未華子(たべ みかこ)

 

%e5%a4%9a%e9%83%a8%e6%9c%aa%e8%8f%af%e5%ad%90

 

1989125日生

身長158

血液型はO型

 

東京都出身の女優

本名同じ

 

以下では多部未華子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
2002年にスカウトされて芸能事務所入り。 

同年のBSドラマ「HAPPYHAPPY!スペシャル」で女優デビュー。 

翌年の「理由」で映画デビューし、2005年の「硝子と鉛の火の粉」で映画初主演。 

同年の映画「HINOKIO」の演技でブルーリボン賞新人賞を受賞。 

2007年の「山田太郎ものがたり」で民放の連続ドラマ初出演。

2009年のNHKの朝ドラ「つばさ」のヒロインに抜擢されてブレイク。

2011年のドラマ「デカワンコ」で民放の連ドラ初主演を果たす。 

その後も「ドS刑事」などのドラマや「ピース オブ ケイク」や「あやしい彼女」などの映画で主演している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:東京女子大学 現代文化学部 偏差値56(中の上)

※現代文化学部は2015年に廃止

 

 

多部未華子さんは高校卒業後は、「東女」で知られる名門女子大の東京女子大学に進学します。

 

どうやら推薦入学のようですが、後述するように高校の芸能コースからこの大学に入学するのは異例ですし、推薦でもそれなりの学力は必要です。

 

どうやら多部さんは高校時代は芸能活動の傍ら、しっかり勉強していたようでそれなりの学力を有していたと思われます。

 

大学では心理学を学びたいと思ったことから、この大学に進学したことをインタビューで明らかにしています。

 

「「心理学を学びたい」と思い心理学部を調べてみると、犯罪心理や発達心理など私が学びたい内容ではなくて。いろいろ調べていくうちに、東京女子大学に現代文化学部コミュニケーション学科というのがあって、そこだ!と思い決めました。今は学部の名前が変わってしまったんですけど」

 

大学は休学・留年も経験しましたが、6年間かけて卒業しています。

 

多部さんはインタビューでも大学を辞めなくてよかったと述べています。

 

「大学を辞めなくてよかったです。休学したときに、もう復学は無理だと思っていましたが、頑張れば意外と出来るもので(笑)。あと、やっぱり友達との出会いは大きかったですね。勉強はあまりしていませんでしたが…。でも、先生と研究室でお話ししたり、充実した学生生活でした」

 

大学3年生の時に過密な撮影スケジュールで知られるNHKの朝ドラ「つばさ」のヒロインに抜擢されています。

 

 

そのため大学も休学していますが、当時は本人もそのまま辞めると思っていました。

 

「ちょうど大学に対するモチベーションが下がってしまって、行きたくないって思っていたときに朝ドラ(NHK連続テレビ小説『つばさ』)が決まり、撮影のために大学は休学しました。そこから10カ月間、撮影でずっと忙しくしていたので、本当にもうこのままやめるんだろうなと思っていました」

 

ただし次のような経緯で大学を辞めずに踏み止まっています。

 

「母親に相談したときは「やめてもいいんじゃない?」と言ってくれましたが、父親はやめることに反対していました。そんな中、とても仲のいい友達に「大学をやめようと思ってるんだよね」と相談をしたら、「未華ちゃんの根性ってそんなもんだったっけ?」というようなことを言われて。それで「もう1回考えてみる!」ということに。結局、退学届は書かずに、シラバスを見て履修登録をして、きちんと大学に通うことを決めました」

 

NHKの朝ドラへの出演で女優としてブレイクしたことから仕事面では多忙でしたが、それでも大学を卒業したのは立派ですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 日出高校 偏差値42(容易)

 

 

多部未華子さんの出身高校は、堀越高校と並ぶ芸能人御用達で知られる日出高校です。

 

多部さんは13歳で女優デビューし、高校進学時にはドラマや映画に出演していましたから、芸能活動を優先させるため同校の芸能コースに進学しました。

 

同校在学時には女優の新垣結衣さんと同級生で、親友でした。

 

当時のふたりはともに仕事をしたことはありませんでしたが、新垣さんとは卒業までともにお弁当を食べたり、卒業旅行で鎌倉に行くほどの仲でした。

 

ふたりは現在でもプライベートで遊ぶほどの仲の良さです。

 

 

ただし高校時代の多部さんは学業優先のスタンスだったのか、さほど多くの作品に出演していません。

 

また高校時代に事務所に無断で髪を茶髪にしたことがあることをインタビューで明らかにしています。

 

「実は、高校生の時に、事務所に無断で髪の毛を染めたことがあったんです。少しならわからないだろうと思っていたのですが、次の日すぐにわかってしまい、事務所の人に怒られてしまいました」

 

当時はそれまで1度も髪を染めたことがなかったことから、どうしても染めたかったそうです。

 

高校3年生12月に「その5分前」で地上波のテレビドラマにはじめて主演しています。

 

また多部さんは高校3年生の時には大学進学を迷いはなかったと話しています。

 

「進路で悩んだことはありません。当時も芸能活動をしていましたが、大学には絶対に進学しようと考えていました。芸能界以外で友人をつくりたかったし、何より大学で勉強したいことがあったんです」

 

なお高校時代の成績はよかったようです。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:日出中学校 偏差値42(容易)

※保谷市立保谷中学校から転校

 

 

多部未華子さんの出身中学校は、私立の共学校の日出中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、高校へは内部進学で進んでいます。

 

%e5%a4%9a%e9%83%a8%e3%80%80%e9%ab%98%e7%8e%8b

(中学生時代)

 

当時はすでに芸能事務所に所属していましたが、中学時代に女優デビューを飾っています。

 

そのため当初通学していた保谷市立保谷中学校(現在は西東京市立)から、同校に転校しています。

 

そして中学3年生の時にオーディションを勝ち抜いて映画「HINOKIO」に出演していますが、この映画の演技が評価され「ブルーリボン賞」の新人賞などを受賞しています。

 

 

そのためこの頃から女優として注目を集めています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

多部未華子さんの出身小学校は、旧保谷市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の4校のいずれかの可能性が高そうです。

 

保谷市立保谷小学校

保谷市立本町小学校

保谷市立東伏見小学校

保谷市立碧山小学校

※現在はすべて西東京市立

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

幼稚園は通称「忍者幼稚園」に通学して、手裏剣や日舞などを学んでいます(2004年に閉園)。

 

 

この幼稚園は正式名称が「幼稚園教育研究所」という名前で、日本の伝統文化を重視する教育方針で注目されていました。

 

そのため忍者服を着ての忍者修行や茶道や華道、太鼓や琴などを教えていましたが、2004年に創立者が亡くなったことから閉園しています。

 

また多部さんは子供の頃からピアノやジャズダンス、水泳など多くの習い事をおこなっています。

 

小学校5年生の時にミュージカル「アニー」の舞台を観たことで、女優を志しています。

 

また「アニー」に出演したかったことから中学2年生までオーディションを受けていますが、出演はかないませんでした。

 

 

以上が多部未華子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後は多くのドラマや映画で活躍し、今ではゴールデンタイムの連続ドラマに主演するほどの人気女優となりました。

 

演技力にも定評があり、年齢を考えると女優としての伸びしろはまだまだありますから、今後の大きな飛躍も期待したいですね。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ