井本彩花の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|アイプチで二重になっていた

 

人気若手女優の井本彩花さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は井本さんは生まれた時は一重まぶたで、アイプチで二重にしていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

井本彩花(いもと あやか)

 

 

2003年10月23日生

身長163㎝

血液型はA型

 

京都府京都市出身の女優、ファッションモデル

本名同じ

 

以下では井本彩花さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

井本彩花の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:不明

※目黒日本大学高校芸能コース(偏差値42)が有力

 

井本彩花さんは中学校卒業後は、上京して都内の高校に通学していますが現時点では校名などは不明です。

 

井本さんは高校進学後に学校生活についてたびたびインタビューで述べていますが、その内容に着目すると通学しているのは通信制ではなく全日制の高校のようです。

 

「高校生になって、心が改まったような気がします。高校生活はすごく楽しいです。初めは不安だったんですけど、放課後に友達とタピオカを飲みに行ったり、新商品を食べに行ったりして、すごく充実した日々を送れています」

 

「でも周りからは「ツンとしているね」と言われることが多くて、高校で出会った友達に、仲良くなってから「私の第一印象どんな感じだった?」と聞いてみたら、みんなから「怖くて友達になれると思わなかった」と言われて、やっぱり私って怖いんだ、って思いました(笑)。でも仲良くなれたので嬉しいです」

 

その他にも「朝早く起きて学校のお弁当を作りたい」と抱負を述べているので、どうやら全日制高校の高校に通学しているようです。

 

そして井本さんの所属事務所が「オスカープロモーション」であることを考えると、在籍高校は目黒日本大学高校(旧日出高校)の芸能コース(偏差値42)が最有力と思われます。

 

というのもかつてのこの事務所の所属タレントは日出高校のほか、堀越高校のトレイトコースにも在籍していましたが、このところは日出高校の芸能コースに進学する傾向が強まっています。

 

オスカープロモーション所属の岡田結実さんや小芝風花さん、剛力彩芽さんや忽那汐里さん、吉本実憂さんらもすべて日出高校の出身者です。

 

このあたりは何か判明しましたら、追記しておきます。

 

井本さんは高校進学後はタレント活動もはじめて、「オスカル!はなきんリサーチ」のMCを小芝風花さんと岡田結実さんとともに務めています。

 

 

また2020年1月からはテレビドラマ「女子高生の無駄づかい」のレギュラーに起用されています。

 

 

井本さんは中学時代に比べて仕事量がかなり増えたようですが、「仕事で大変だったと思ったことはない」と殊勝なコメントも残しています。

 

どうやら仕事と学業の両立もできているようですね。

 

スポンサードリンク

 

井本彩花の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都府 京都市立洛南中学校 偏差値なし

 

 

井本彩花さんの出身中学校は、地元京都市内の公立校の洛南中学校です。

 

井本さんは出身中学校を明らかにしていませんが、インターネット上にこの中学校の在籍情報が複数あるので間違いなさそうです。

 

ちなみに京都市内には私立の洛南高校附属中学校(偏差値74)がありますが、別の中学校です。

 

中学時代は部活動などはおこなっていなかったようですが、小学校時代からはじめたクラシックバレエに打ち込んでいます。

 

 

意外にも中学時代は「あまり話さないので、目立たないタイプです」とインタビューで述べています。

 

井本さんは中学2年生だった2017年8月に「全日本国民的美少女コンテスト」で、8万150通の応募の中からグランプリに選ばれています。

 

 

このコンテストは人気女優の登竜門になっており、武井咲さんや福田沙紀さん、工藤綾乃さんや米倉涼子さんなどの人気女優を輩出しています。

 

ちなみに井本さんがこのコンテストを受けたきっかけは母親に勧められたからで、本人もテレビに出ることに興味があったので応募しています。

 

とは言え当時は「試しに受けてみよう」といった感覚で、母親とも「ファイナリストになれたらいいね」と話していたそうです。

 

ただし井本さんはグランプリ受賞を機にクラスの男子から話しかけられなくなったとインタビューで述べています。

 

「女子の友達は、変わらないのですが、クラスの男子から話しかけられなくなりました。近寄ってこなくなっちゃいました」

 

どうやらクラスの男子にとっては遠い存在になってしまったようです。

 

受賞後は芸能事務所入りして、地元の京都市から東京へレッスンに行く生活を送っています。

 

またグランプリを受賞した2017年にテレビドラマ「ドクターX」で女優デビューも飾っています。

 

 

さらに井本さんは中学卒業間近だった2019年3月には「センバツ高校野球応援イメージキャラクター」に起用されています。

 

 

なお芸能活動を開始した後も転校などせずに、この中学校を卒業しています。

 

【主な卒業生】

田中史郎(ラグビー日本代表)

 

スポンサードリンク

 

井本彩花の学歴~出身小学校の詳細/アイプチで二重になっていた

 


 

出身小学校:京都府 京都市立祥豊小学校

 

 

井本彩花さんの出身小学校は、地元京都市内の公立校の祥豊(しょうほう)小学校です。

 

家族構成は両親と6歳年下の弟の4人家族です。

 

ちなみに前記のように母親の勧めで「国民的美少女コンテスト」に出場していますが、お母さんも若い頃にこのコンテストに出場経験がありました。

 

そのため井本家には幼少期から次のような「美の4か条」があったそうです。

 

「日焼け止めを塗らずに外へ出てはダメ」
「転んでケガするから自転車に乗ってはダメ」
「太るから甘いものは食べてはダメ」
「二重になるまではアイプチをすること(8歳から)」

 

ちなみに井本さんも「ダウンタウンDX」に出演した際には、「生まれたときは一重だったんですけど、お母さんが“二重にしたい”と言い始めて8歳から朝起きたら“こっちに来て”と呼ばれて毎朝アイプチをして。今は二重になりました」と言っています。

 

井本さんは小学校1年生の頃から京都市にあるバレエ学校の「本多恵子バレエ学園」に通学して、クラシックバレエをはじめています。

 

バレエでは小学校5年生の時に京都市長賞を受賞するほどで、当時の夢はバレリーナでした。

 

 

また同じ年にCMで武井咲さんを見たことで憧れて、芸能界にも興味を持ったとインタビューで述べています。

 

以上が井本彩花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

このところは女優のほか、タレントとしてもバラエティ番組に出演するなど活動の幅も広がっています。

 

また本業の女優としては高橋ひかるさんと並んで、「オスカープロモーションの次世代のホープ」と呼ばれるほどの期待を背負っています。

 

 

さらに演技力を磨けば、女優としてブレイクする可能性も秘めています。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ