岡田結実の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や学生時代

岡田結実(おかだ ゆい)

 

岡田

2000415日生

身長157

血液型はB型

大阪府出身のタレント、モデル

本名同じ

 

以下では岡田結実さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




経歴・プロフィールの詳細

父親はお笑い芸人の岡田圭右(ますだおかだ)、母親は元お笑い芸人の岡田祐佳、兄は俳優の岡田隆之介。

2001年からジュニアモデルとして活動。

2010年からNHKの教育番組「天才てれびくん」に出演(2014年まで)

2011年よりティーン向けのファッション誌「ニコ☆プチ」の専属モデルを務める

2012年からバラエティ番組「炎の体育会TV」の準レギュラーとなる

2014年にファッション誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリを獲得

その後も「1周回って知らない話」や「誰だって波瀾爆笑」などのバラエティ番組のレギュラーやMCを務める。

他にも「行列のできる法律相談所」や「ワイドナショー」などにも出演。

2017年の映画「傷だらけの悪魔」で女優デビュー。

2018年の「静おばあちゃんにおまかせ」でテレビドラマ初主演。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:不明

 

岡田結実さんが高校卒業に進学した大学は現時点では不明です。

 

ただし岡田さんが大学に進学したことは間違いなさそうで、2018年の8月に父親の意向で大学進学を決意したことを表明しています。

 

「芸能界って不安定な仕事だから、もし違う道に行きたいっていう夢ができたときのために行ってほしいって。『結実が悲しんでいる顔を見たくないから、お願い』って」

 

進学先の大学の好評はなく、インターネット上では日本大学や亜細亜大学、桜美林大学などが候補として挙がっています。

 

ただし岡田さんは政治経済系の学部に進学したいとインタビューで述べています。

 

「私は大学で政治経済系にいきたいので、どんどん学んでいきたい」

 

そのため首都圏の政治経済学部を設置している大学が有力候補になりますが、主な大学は次のとおりです。

 

早稲田大学(政治学科 偏差値70 経済学科 偏差値70)

明治大学(政治学科 偏差値63 経済学科 偏差値64)

国士舘大学(政治行政学科 偏差値48 経済学科 偏差値51)

東海大学(経済 経営 政治学科 ともに偏差値48)

拓殖大学(経済学科 偏差値48 法律政治学科 偏差値47)

 

首都圏で政治経済学部を設置している主な大学は上記の5校ですが、後述のように岡田さんは芸能コースの高校に通学しているので、現実的な線としては国士舘大学、東海大学、拓殖大学あたりと考えられます。

 

いずれにしても入学した大学が判明した場合には追記しておきます。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

※後に同校の通信制に転科

※2019年4月から目黒日本大学高校

 

 

岡田結実さんの出身校は、芸能人御用達の日出高校です。

 

中学生の頃は既にタレントやモデルとして人気者だったことから、より幅広く芸能活動をおこなうために、同校の芸能コースに進学しました。

 

高校時代にはさらに活動の幅を広げて、女優デビューも果たしています。

 

そのためかなり多忙になったらしく、時期は不明ですが全日制から通信制課程に転科しています。

 

なお日出高校に在籍していること自体も公式には発表がありませんが、制服などから判明したようです。

 

岡田2

 

高校1年生の時に大手事務所のオスカープロモーションに移籍以降は、マスメディアへの出演が大幅に増えました。

 

そのため高校時代の岡田さんの躍進はすさまじく、まとめると次のようになります。

 

高校1年生の時にはファッション誌「ViVi」の専属モデルに起用されています。

 

 

また「週刊少年サンデー」で初表紙&初グラビアを飾ったのも高校1年生の時です。

 

 

さらにCMに出演しはじめたのも高校1年生の時です。

 

 

加えて高校1年生の秋に「1周回って知らない話」と「誰だって波瀾爆笑」の2つのバラエティー番組にレギュラー出演が決まっています。

 

 

そして高校2年生の誕生日の日には1st写真集&フォトブックが発売されています。

 

 

さらには高校2年生の終わりごろに女優デビューを果たしますが、高校3年生の1月から「私のおじさん~WATAOJI」で連続ドラマに初主演します。

 

 

ドラマのデビュー作も単発の主演作でしたが、わずか1年足らずで連続ドラマの主演に起用されるとは、かなり高い期待を背負っていますね。

 

まさに大躍進の高校時代ですが、後述するように中学生の頃から学業との両立を頑張っていますから、勉強もしっかりとやっているはずです

 

また親からは「周りに感謝して、天狗になるな」とも言われており、現場などでの評判も非常にいいとのこと。

 

このあたりも岡田さんがドラマやバラエティーなどに立て続けに起用された理由のひとつかもしれません。

 

なお意外にも岡田さんは本番前などではすごく緊張するタイプで、緊張すると手汗が止まらなくなり、色んなところから汗が出ると話していますが、緊張をランドセルのような感覚で背負って、「挑もう」という感じでやっているとのことです。

 

高校2年生の時に両親が離婚していますが、結実さんや俳優として活動する兄の隆之介さんのサポートは引き続きおこなうとのこと。

 

なお現時点で大学進学を明言していませんが、親からは「大学に行かないと芸能界を引退させる」と言われているようで、大学に進学する可能性も高そうです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:日出中学校 偏差値42(容易)

 

 

岡田結実さんは小学校卒業後は、私立の共学校の日出中学校に進学しています。

 

この中学校は系列の日出高校と同じように全面的に芸能活動を認めており、立地が東京の目黒区とテレビ局にも近いことから芸能活動がしやすいことでも知られています。

 

また高校の系列校のため、内部進学で高校に進んでいます。

 

小学生時代から引き続き芸能活動をしており、中学2年生の時に「ピチレモン」のオーディションで約1万人の中からグランプリに選ばれています。

 

 

なお中学時代は岡田さんは学業優先のスタンスで、仕事がどんなに忙しくても勉強は怠っておらず、学校の成績も真ん中くらいをキープしていたそうです。

 

また高校時代には女優デビューする岡田さんですが、中学生の頃には既に女優志望で、映画を見て「泣いたり、笑ったり、怒ったり、色んな感情を演じられるんだ」と思って、演技もやりたいと強く思ったことをインタビューで語っています。

 



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:都内の公立小学校(校名は不明)

 

岡田結実さんは出身地は大阪市ですが、小学生の頃からタレント活動をしていたため、都内の公立小学校を卒業しています(家では関西弁で話す)。

 

インターネット上には杉並区立の小学校との情報がありましたが、確証は得られませんでした。

 

岡田さんは小学生時代から活発で、よく兄と男の子の遊びをしていました。

 

 

1歳でモデルとしてデビューしていますが、きっかけはお兄さんの隆之介さんが子役モデルとして活動していたので、「やってみない?」と声がかかったことがきっかけだそうです。

 

岡田さんは小さかったのでその時のことは覚えていませんが、子供の頃の雑誌の洋服を見ると、「このお洋服着てたな」と思い出すそうです。

 

父親の岡田圭右さんは小学校低学年まで自身の職業を教えておらず、父親がお笑いタレントであることを知ったのは小学校4年生の頃でした。

 

アシスタントを務めている「波瀾爆笑」でこのことを語っており、圭右さんが「2世とか芸能人のイメージを(結実さんに)つけたくなかったから」だそうです。

 

しかし小学校4年生の時にスタッフから「(お父さんが)テレビに出てたよね?」と言われたことで、「あ、あの人が父か」と気づいたそうです。

 

ただし小学生時代はお父さんのことでかなり友達からからかわれたことを語っています。

 

「お前のお父さん、クソつまんねえ」と言われた時には「だよねー」と同調するしかなかったと話しています。

 

また知名度を上げるきっかけになった「天才てれびくん」の出演やオーディションに合格したことも「お父さんのおかげでしょ?」と言われて悔しい思いもしています。

 

何を言われても気にしないようにしていましたが、さらに学校で物を隠されたりした時には、母親に「お父さんのことでまたバカにされた」、「お父さんを変えてほしい」など訴えて、母親とも喧嘩になってしまったことも告白しています。

 

しかしそんな時は上村花菜さんの「トイレの神様」が力を与えてくれました。

 

この曲によって「自分バカだなと思って、成長できた歌」と話しています。

 

このように子供時代・小学生時代は父親が有名人ゆえの大きな悩みもありましたが、精神的にも大きく成長したようですね。

 

また余談ですが岡田さんは小学生時代の代表作の「天才てれびくん」でギネス記録を樹立したことがあります。

 

小学校6年生の時に番組内で「1分間で片足で左右揃えた靴下をかごに入れた数」という記録ですが、ギネス社からは認定証を授与されています。

 

 

またお笑いタレントの出川哲朗さんは、子役時代の岡田さんから「クレバーないたずら」を受けたことを明かしています。

 

 

それによれば当時の岡田さんは出川さんが楽屋を離れた隙に勝手に侵入して、出川さんが読んでいたスポーツ新聞の「大人のページ」を開いて退出したそうです。

 

これらのいたずらについて出川さんは以下のように語っています。

 

「そうするとどうなるか分かります? 俺が楽屋に居ない時にその日の番組ゲストのタレントさんとかが(楽屋に)挨拶に来ると、新聞が広げてあって、“出川は気持ち悪い”って帰ってくるんですよ」と岡田のイタズラによって生じるダメージを説明し、「何度もやめろって言ってんのに何度もやる。クソガキなんですよ」

 

茶目っ気たっぷりの岡田さんの子役時代のエピソードですね。

 

ちなみに岡田家では子供の頃から結実さんが圭右さんと共演するのは絶対にNGとなっていますが、一緒に出ると圭右さんを頼るからというのが理由です。

 

また父親の影響で子供の頃からオリックス・バッファローズのファンです。

 

以上が岡田結実さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

長らく芸能活動をしてきた岡田さんですが、前述のように高校1年生だった2016年にオスカープロモーションに移籍したことが契機となって、一気にマスメディアへの露出も増えました。

 

またスカートや浴衣などの衣装や髪型や化粧などが話題になるなど、ファッションリーダーとしても大きな注目を集めています。

 

岡田さんもブログやインスタグラムなどのSNSで様々なことを発信するなど、ファンへのサービスの姿勢も好評です。

現在もプチブレイク状態ですが、演技力を磨けば目標である女優としても大ブレイクするかもしれません。

また多方面で活躍できる器用さも兼ね備えているようですので、今後も注目の存在です。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ