野沢雅子の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

声優の野沢雅子さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「ドラゴンボール」などの数々の作品でお馴染みの野沢さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

野沢雅子(のざわ まさこ)

 

 

1936年10月25日生

身長157㎝

血液型はO型

 

東京都荒川区出身(群馬県沼田市育ち)の声優、女優、歌手

本名同じ(結婚前)、愛称は「マコさん」

 

以下では野沢雅子さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

野沢雅子の学歴~出身高校(群馬県立沼田女子高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:群馬県 沼田女子高校 偏差値52~53(現在・普通)

 

 

 

野沢雅子さんの出身高校は、県立の女子校の沼田女子高校です。

 

この高校は1921年開校の中堅県立高校です。

 

また現在は以下の2つの学科を設置しています。

 

英数:偏差値53

普通:偏差値52

 

野沢さんは運動神経がよく、高校時代はバスケットボールや陸上競技、ソフトボールなどに打ち込んでいました。

 

また女優だった叔母の佐々木清野さんの紹介で、高校1年生の時に劇団東芸に入団しています。

 

そのため学校が休みの際に上京して、舞台女優として活動していました。

 

ちなみに劇団東芸での初舞台は「堕胎医」という作品で、野沢さんは女子校生にも関わらず、80歳のお手伝いの役を演じていました。

 

【主な卒業生】

つのだりょうこ(うたのおねえさん)

櫛渕万里(政治家)

 

なお野沢さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後に上京して、女優の仕事に励みます。

 

27歳だった1963年に、テレビアニメ「鉄腕アトム」で本格的に声優としても活動を開始しています。

 

 

1968年に「ゲゲゲの鬼太郎」で、はじめてテレビアニメの主役の声に起用されています。

 

以降は数々の話題作のテレビアニメや劇場版アニメに起用される人気声優になっています。

 

 

代表作は「銀河鉄道999」や「怪物くん」、「ドラゴンボール」などです。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

野沢雅子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

野沢雅子さんの出身中学校は、群馬県沼田市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代も劇団に所属しており、舞台に立っています。

 

叔母の佐々木さんは野沢さんを映画界に入れようとしましたが、野沢さんはあくまでも舞台をやりたかったので断っています。

 

 

そのあたりについてはインタビューで次のように話しています。

 

「でも中学になってからは、舞台がやりたくて、映画は面白くないと思い始めました。映画は細切れに撮りますけど、舞台はずっと演技を続けてやれるし、お客さんの反応がすぐに返ってくるから好きだったんです。それで、叔母と喧嘩になったりしました」

 

そのため佐々木さんは野沢さんを映画界に入れることは諦めて、高校に上がるタイミングで劇団東芸を紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

野沢雅子の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

野沢雅子さんの出身小学校は、沼田市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

父親は画家の野沢蓼洲(りょうしゅう)さんです。

 

野沢さんは東京の荒川区で生まれていますが、8歳の時に群馬県沼田市に移住しています。

 

子供の頃は日本舞踊や三味線、華道、茶道など多くの習い事をおこなっていました。

 

また叔母の手配で、当時から映画に子役として出演していました。

 

小学校3年生の時に家の鏡の前に立ち「私はお芝居の世界で生きるんだ」と思ったことをインタビューで話しています。

 

以上が野沢雅子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初は女優としてデビューしましたが、声優としてブレイクしています。

 

「ドラゴンボール」などの数々の話題作に出演して、国内のみならず海外にも多くのファンがいます。

 

 

年齢は既に80歳を超えていますが未だに第一線で活躍しており、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ