中島みゆきの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

シンガーソングライターの中島みゆきさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。数々の名曲を送り出してきた中島さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

中島みゆき(なかじま みゆき)

 

%e4%b8%ad%e5%b3%b6

 

1952223日生

身長161

血液型は非公表

 

北海道札幌市出身のシンガーソングライター

本名は中島美雪

 

以下では中島みゆきさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1975年にヤマハの「ポプコン」で入賞し、同年の9月に「アザミ嬢のララバイ」でデビューを果たす。 

同年11月の世界歌謡祭では「時代」でグランプリ受賞。

1977年の4thシングル「わかれうた」が70万枚のセールスを記録し、オリコンではじめて1位を獲得。 

1981年の11thシングル「悪女」で、2度目のオリコン1位を獲得。

1989年からは現在も続く演劇とコンサートを融合した舞台「夜会」を開始。

1994年の31thシングル「空と君のあいだに」は147万枚のセールスを記録し、13年ぶりにオリコン1位を獲得。

2002年に37thシングル「地上の星」で8年ぶりにオリコン1位を記録して、紅白歌合戦にも初出演。 

 

2014年にNHKの朝ドラ「マッサン」の主題歌「麦の唄」を担当し、紅白歌合戦にも2度目の出場を果たした。 

1970年代から2000年代まで4つの年代でオリコン1位を記録した唯一のアーティスト。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:藤女子大学 文学部 国文科 偏差値60(当時・やや難関)

 

 

 

中島みゆきさんは高校卒業後は、札幌市の私立大学藤女子大学に進学します。

 

同大は北海道では伝統ある女子大として知られており、地元では古くからの「お嬢様大学」とされています。

 

また現在の同大の文学部の偏差値は女子大離れなどにより50程度となっていますが、中島さんが在学した当時は偏差値も高く、道内では北海道大学の文学部に次ぐレベルでした。

 

大学時代は放送研究会に在籍をしてローカルラジオ局でアルバイトをする傍らで音楽活動も活発におこない多くのコンテストで入賞をしたことから「コンテスト荒らし」との異名をとりました。

 

大学3年生だった1972年に「全国フォーク音楽祭全国大会」に北海道地区の代表として出場しています。

 

この大会の1週間前に谷川俊太郎さんの「私が歌う理由」という詩を渡されて、それに曲を付けて歌うという課題でした。

 

中島さんは谷川さんの詩を見た瞬間にショックを受けて、天狗になり舞い上がっていた自分がこの詩を見た瞬間にガーンとやられてしまったそうです。

 

この大会では最終審査まで勝ち残りましたが、最終的には辞退をしています。

 

またこのことから中島さんの大学の卒業論文のテーマは「谷川俊太郎論」で、「出発点に谷川俊太郎がいなかったら、私の詩はなかった」とインタビューで話しています。

 

23歳だった1975年の「ヤマハ・ポピュラー・コンテスト」での入賞をきっかけにデビューが決まっています。

 

 

この年の9月にファーストシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューすると、11月の世界歌謡祭では「時代」でグランプリを獲得してます。

 

%e6%99%82%e4%bb%a3

 

 

すると1977年に4枚目シングル「わかれうた」が大ヒットして、人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

その後も数々のヒット曲をリリースして、1970年80年代を代表するアーティストになっています。

 

 

1990年代に入っても人気は衰えずに、1994年には「空と君のあいだに」はミリオンセラーを記録して13年ぶりのオリコン1位を記録しています。

 

 

 

現在でも第一線で活躍しており、幅広い年齢層から支持をされています。

 

 

また工藤静香さんや薬師丸ひろ子さん、柴咲コウさんなど数々の人気アーティストに楽曲を提供していることでも知られます。 

 

スポンサードリンク

 

中島みゆきの学歴~出身高校の詳細 

 

出身高校:北海道 帯広柏葉高校 偏差値65(難関)

 

 

 

中島みゆきさんの出身高校は、道立の共学校の帯広柏葉高校です。

 

この高校は1923年開校の道立校で、地元では古くから進学校として知られています。

 

高校の入学祝として両親からギターをプレゼントしてもらったため、独学で練習をはじめています。

 

%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a11

 

中島さんは高校生の頃は周囲と上手く溶け込むことができずに、授業中には毎日鬱々と詩を書いていました。

 

そのため中島さんは高校時代は「(精神的には)引きこもり状態だった」とインタビューで当時を振り返っています。

 

高校時代にはすでに曲作りをはじめており、学園祭では初ステージを踏んでいます。

 

中島さんは引っ込み思案な性格を変えたいと思い、学園祭のステージに自ら立ちました。

 

しかし学園祭のステージで歌を歌っている時にトイレットペーパーを投げつけられるなどの嫌がらせを受けたそうで、高校時代にあまり良い思い出はないようです。

 

中島さんは放課後に一人でピアノやギターを弾いて、歌っていたそうです。

 

 

【主な卒業生】

吉田美和(ドリカム)

安住紳一郎(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

中島みゆきの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:北海道 帯広市立帯広第三中学校 偏差値なし

※現在は翔陽中学校

 

 

 

中島みゆきさんの出身中学校は、帯広市内の公立校の帯広第三中学校です。

 

この中学校は帯広市立第六中学校と統合されて、現在は帯広市立翔陽中学校になっています。

 

後述するように幼稚園の頃からはじめたピアノを中学2年生の頃まで続けていました。

 

往復2時間もかかる距離を通っていましたが、中学3年生になる前に高校受験のために辞めています。

 

中学時代は友人に勧められたことがきっかけで陸上部に在籍をしていました。

 

また中学時代の一人の国語の先生と出会ったことで言葉の重要性について学んだそうです。

 

中学3年生の時に、一時的に山形県の山形市立第六中学校(偏差値なし)に在籍しています。

 

山形市に移住したのは、体調不良の母親の療養のためです。

 

4か月後に帯広第三中学校に戻って来て卒業しています。

 

中島さんは転校が多かったことから、人は嫌いではないのにどの友人の輪にも入らずに何となく一人で過ごすことが多かったそうです。

 

中島みゆきの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:北海道 岩内町立岩内西小学校

 

 

 

中島みゆきさんが入学したのは、北海道岩内町内の公立校の岩内西小学校です。

 

父親は産婦人科医で、札幌市で生まれていますが5歳の時に岩内町に引っ越しています。

 

中島さんは幼稚園でも転園をしており、寂しそうだったことから母親がピアノとバレエを習わせてくれました。

 

幼少期から筆箱に張ったゴム紐をはじいた音を面白がったりと、音に慣れ親しんでいました。

 

また中島さんはラジオで「親が何でもかんでも聴かせる人だった」と話しています。

 

そのためジャンルを問わず自宅では音楽が流れていました。

 

中島さんはコピーして歌うだけでは飽き足らずに幼稚園の頃にはすでに作詞をおこなっていたことを著書「魔女伝説 中島みゆき」で明かされています。

 

また中島さんは幼い頃から何をしても遅かったことから、急がないとみんな先に行ってしまうという強迫観念があったと言います。

 

また子供の頃の将来の夢はスチュワーデスでした。

 

11歳の時に帯広市に移住して、帯広市立帯広小学校を卒業しています。

 

以上が中島みゆきさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー直後からその才能を発揮して、これまで数々の名曲を世に送り出してきました。

 

そのため多くのアーティストに多大な影響を与えています。

 

日本の音楽界で数々の金字塔を打ち立ててきた中島さんの末永い活躍を期待します。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ