坂井泉水の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃のかわいい画像

 

2007年に40歳という若さで急逝した「ZARD」の坂井泉水さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。生前は謎に包まれていた坂井さんはどのような学生生活を送ってきたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

坂井泉水(さかい いずみ)

 

 

196726日-2007527

身長165

血液型はA

 

神奈川県平塚市出身の歌手

ZARD」のボーカル

 

以下では坂井泉水さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします




 

坂井泉水の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:松蔭女子短期大学 英語科 偏差値45程度(当時)

※現在は松蔭大学

 

 

坂井泉水さんは高校卒業後は、松蔭女子短期大学に進学しています。

 

この短期大学は神奈川県厚木市にあった女子大で、2001年に閉校になっています。

 

また現在は松蔭大学(偏差値35)に改編されていますが、坂井さんが在籍した当時のほうがレベルが上でした。

 

坂井さんは大学生時代は、“歌手になるのが夢”だと語っており、大学ノートにはびっしりと自作の詩が綴られていました。

 

ただし短大時代の坂井さんのエピソードや情報などはほとんど見当たりませんでした。

 

2年間の大学生活を終えた後、不動産会社・第一不動産の総務部にて2年間OLとして勤めていましたが、この間も自身の夢は変わらず、詩を書きためたノートをいつも持ち歩いては仕事の合間にも詩を書いていたといいます。

 

歌手になりたい気持ちが募るなか、街中でスカウトされたことをきっかけにスターダストプロモーションに所属することになりました。

 

 

ちなみに坂井さんをスカウトしたのは、倉木麻衣さんの実父の山前五十洋さんです。

 

当初は主にレースクイーンやカラオケクイーンとして活躍しており、元レースクイーンだった岡本夏生さんとはこの時一緒に仕事をしていたそうです。

 

 

岡本さんは当時、坂井泉水さんから「好きでもない男性に言い寄られたけど恨まれずにうまく交わすにはどうしたらいいかな?」と相談を受けたことがあり、恋愛については歌詞ほど器用ではなかったといいます。

 

ただ純粋で真面目な性格であることに違いなく、一つひとつの質問を受け止め、言葉を選んで話していたといいます。

 

多くのことは語らず大人しい性格であったことから“文学少女のイメージ”がぴったりな女性といわれていますが、マイクを持ち高橋真梨子さんのバラード「for you…」を歌うときには歌詞も見ず思いを込めて歌っていたそうで、歌手を目指す強い信念があったことがうかがえます。

 

レースクイーン時代はタレントとしても活動しており、「とんねるずのみなさんのおかげです」や「オールナイトフジ」などのバラエティ番組にも出演しています。

 

 

とはいえ、デビュー後初めてのテレビ出演が終わり挨拶回りが終わった時には腰が抜けてしまうようになり、メンバーが抱えて楽屋まで連れて行ったこともあるほど極度のあがり症でもあったそうです。

 

23歳だった1990年に「B.B.クイーンズ」の音楽コーラス隊(後のMiKe)のオーディションに落選した際にプロデューサーの長戸大幸さんに見出され、「ZARD」のプロジェクトが動きはじめます。

 

そして翌年の2月に「ZARD」は「Goodbye My Lonliness」でメジャーデビューを飾ると、いきなりヒットを記録して人気アーティストになっています。

 

 

以降も「負けないで」や「揺れる思い」などのミリオンヒットを連発して、90年代を代表するアーティストとなっています。

 

 

ちなみに坂井さんはバックコーラスを務めていたデビュー前の大黒摩季さんとは仲が良く、プライベートでもお忍びで店に行って食事をする仲だったそうです。

 

スポンサードリンク

 

坂井泉水の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 伊志田高校 偏差値55(中の上・現在)

 

 

坂井泉水さんの出身高校は、県立の共学校の伊志田(いしだ)高校です。

 

この高校は1976年開校の中堅県立校です。

 

坂井さんの高校生時代を知る友人によると、控えめな性格で天然ボケなところもありマイペースな子だったといいます。

 

 

本名が「浦池幸子(かまちさちこ)」であったことから「サッチ」という愛称で親しまれていました。

 

当時は歌手の大沢誉志幸さんの曲「そして僕は途方に暮れる」が好きで、よくノートに歌詞を書いていたといいます。

 

しかし、授業中に書いていたこともあり先生が近くに来たことにも気づかず、先生に教科書で頭をポカンと叩かれたこともあったのだとか。

 

一方で坂井さんはスポーツ万能であり高校生時代は硬式テニス部に所属して主力選手として活躍しています。

 

 

特技には、テニス・陸上・カラオケなどを挙げておりスポーツ好きでありながら、歌うことも同じくらい好きだったようです。

 

また、当時から圧倒的な美貌の持ち主であったことから文化祭ではミス伊志田にも選ばれており、他校の男子が覗きに来るほど彼女の評判は広まったといいます。

 

高校1年生のときには、俳優の伊藤英明さん似の先輩を好きになり告白したこともあったが、なぜかフラれてしまうという高校生らしい甘酸っぱい青春時代もあったそうです。

 

周りの女子生徒は「サッチをフッたなんて信じられない」と大ブーイングしており、彼女自身もショックを受けていたそうですが、高校3年生のときにはバンドを組んでいる同級生に「バンドに参加したい」と頼むなど熱心に活動していたといいます。

 

しかし、残念ながら当時はどのバンドにも空きがなく実現しなかったそうです。

 

なお高校時代は郵便局でのアルバイトも経験しています。

 

 

【主な卒業生】

菊地凛子(女優)

佐藤寛子(タレント)

 

スポンサードリンク

 

坂井泉水の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 泰野市立西中学校 偏差値なし

 

 

坂井泉水さんの出身中学校は、泰野市立西中学校です。

 

中学生時代は陸上部で活動する傍ら、ギタークラブにも所属していました。

 

坂井さんは生前のインタビューで、水泳と柔軟体操以外のスポーツが好きと答えており、運動好きの活発な女の子であったことがうかがえます。

 

 

陸上部では持ち前の足の速さを活かし、中距離ランナーから短距離ランナーへ転向しながらも数々の賞を受賞していたそうです。

 

地域では有名な選手だったらしく、真面目な性格から部活動にも熱心に取り組んでいたことがうかがえますね。

 

また坂井さんは中学時代から地元では評判の美人で、この中学校に「色白の可愛い女の子がいる」という噂が瞬く間に広がり、他地域の学校から男子生徒が集まってくるほどでした。

 

坂井泉水の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:神奈川県 泰野市立西小学校

 

 

坂井泉水さんの出身小学校は、泰野市立西小学校です。

 

家族構成は両親と妹、弟の5人家族です。

 

ちなみに本名が「蒲池幸子」であることから、姓が同じの松田聖子さん(本名は蒲池法子)といとこではないか? との情報もありますが血縁関係はありません。

 

坂井さんは神奈川県平塚市で生まれ小学4年生まで過ごした後、同じく神奈川県の泰野市に引っ越し父母と5歳下の弟、2歳下の妹の5人家族で暮らしていたようです。

 

当時からマイペースで天然な性格は当時からだったようで、小学校時代は忘れ物なども多かったいいます。

 

また当時から男子生徒からの熱い視線は変わらずかなりの人気があり、スカートめくりのメインターゲットにされていたそう。

 

幼少期はピアノが好きだったこともあり6歳の頃からピアノを習い始めています。

 

この時から芸能にも興味を抱いており、幼い頃から歌手への夢を抱いていたといいます。

 

また、坂井泉水さんの伏目がちなドキュメンタリー風の映像が多く残されていますが、人前に出て派手に振る舞うことが好きではなく自然体の姿でいることを好んでいたからだといわれています。

 

恥ずかしがり屋な性格だったといわれる一方、坂井さんらしい姿で数多くの作品が残されているのは、このような心情もあったからなのかもしれません。

 

以上が「ZARD」坂井泉水さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

坂井さんは40歳という若さでこの世を去ることとなりましたが、ZARDの数々の名曲を聴くたびに素晴らしい才能を思い出させてくれます。

 

 

これほどまで大きな影響を与えた坂井さんは、ファンにとってはこれからも唯一無二の歌姫であり続けるに違いありません。

 

その歌声は世代を超えて語り継がれるはずでしょう。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ