中島啓太の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

プロゴルファーの中島啓太さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。松山英樹さんの後継者とも称される中島さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

中島啓太(なかじま けいた)

 

 

2000年6月24日生

身長173㎝

血液型はA型

 

埼玉県加須市出身のプロゴルファー

本名同じ

 

以下では中島啓太さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

中島啓太の学歴~出身大学(日本体育大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本体育大学 体育学部体育学科 偏差値45(容易)

 

 

 

中島啓太さんは高校卒業後は、私立大の日本体育大学に進学しています。

 

在籍したのは体育学部体育学科です。

 

またこの大学のゴルフ部に所属して競技に打ち込んでいました。

 

大学2年生だった2020年の生活についてインタビューで次のように話していました。

 

「コロナ禍で大学の授業も練習もなく自由だったので、午前中トレーニングと練習をして、午後は自由に過ごしていました。その中でいつ試合が来てもいいように自分に合うベストな準備をしていました。」

 

中島さんは大学2年生だった2020年11月に、日本人で最年少で世界アマチュアランキング1位になっています。

 

 

これは松山英樹さんや金谷拓実さん以来、日本人3人目の快挙です。

 

また中島さんは大学3年生の時のインタビューでは、英語の習得方法について次のように話しています。

 

「ほとんど勉強はしてないんですけど、今コーチがオーストラリア人で、海外に行っても友達を作って会話したりとかして実際会話しないと覚えないと思うんで、あとインタビューとかもなるべく通訳を使わないようにしてやれていますし、たくさん機会があれば話せるようになると思います。」

 

同じ年にはこれまでのゴルフ人生で辛いことはなかったと話しており、「とにかく毎日楽しくゴルフをするだけだった」といいます。

 

中島さんは将来はタイガーウッズのようになりたいと公言しており、インタビューでは次のように話していました。

 

「タイガーウッズは、間違いなく「※クラッチプレーヤー」なので、将来は彼のようになりたいです。また、コリン・モリカワ選手の全英オープンの時の優勝スピーチが素晴らしかったので、自分も将来、そういうスピーチが出来るようになりたいです。」

 

 

加えて松山英樹さんにも憧れており、次のように話していました。

 

「松山選手は、日本でもスーパースターです。自分もいつか松山選手に追いつきたいと思っています。」

 

そして大学3年生だった2021年には、「パナソニックオープン」でアマチュアながらツアー初優勝を飾っています。

 

 

この年のアジアパシフィックアマ選手権でも優勝しています。

 

このような活躍を受けて2022年9月にはプロ転向の宣言をしています。

 

メディアには松山英樹さんの後継者との声もあり、プロでの活躍も期待されています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

松山英樹の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

中島啓太の学歴~出身高校(代々木高校)の詳細

 

出身高校:代々木高校 通信制課程アスリートゴルフコース 偏差値なし

 

 

 

中島啓太さんの出身高校は、私立の共学校の代々木高校です。

 

この高校は2005年に開校した三重県志摩市に本部を置く通信制高校で、首都圏と関西圏に30以上のキャンパスを展開しています。

 

またゴルフ部を設置して、プロゴルファーの育成にも力を入れています。

 

高校時代の中島さんはこの高校のゴルフ部に所属して、競技に打ち込んでいました。

 

 

この高校のゴルフ部の1学年下には、女子プロゴルファーの笹生優花さんも在籍していました。

 

中島さんはインタビューで高校生の頃にしておけばよかったことについて聞かれた際には次のように話していました。

 

「海外もたくさん行かせてもらったし、こうしておけば良かったということは思いつかないです。高校も代々木高校で自由に練習させてもらえたので、縛られずに楽しくできたのが今になって生きているかな!と思います。」

 

競技面では高校3年生だった2018年に、アジア大会のゴルフ競技で個人と団体で金メダルを獲得しています。

 

 

松山英樹の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

中島啓太の学歴~出身中学校(加須市立大利根中学校)の詳細

 

出身中学校:埼玉県 加須市立大利根中学校 偏差値なし

 

 

 

中島啓太さんの出身中学校は、地元埼玉県加須(かぞ)市内の公立校・加須市立大利根中学校です。

 

中島さんは中学入学後に将来はプロゴルファーを志すようになったと話しており、インタビューで次のように振り返っています。

 

「中学生になった頃から、将来はプロゴルファーになりたいと思い始めました。テレビで見ていたタイガーの特にこのプレーというのは覚えていないのですが、彼が勝った時に、拳を突き上げてガッツボーズをする姿は、『かっこいいな!』と今でも印象に残っています。」

 

中学3年生だった2015年に、日本アマチュア選手権で準優勝して、早くもゴルファーとして頭角を現しています。

 

中島啓太の学歴~出身小学校(加須市立豊野小学校)の詳細

 

出身小学校:埼玉県 加須市立豊野小学校

 

 

 

中島啓太さんの出身小学校は、地元加須市内の公立校・加須市立豊野小学校です。

 

家族構成は両親と姉2人の5人家族です(3人きょうだいの末っ子)。

 

父親の中島正昭さんもゴルフ経験者で、たびたびキャディーを務めていました。

 

中島さんがゴルフをはじめた時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「ゴルフを始めたのは6歳の頃です。家族がみんなゴルフをやるので自分も始めていました。子供の頃は、いつもテレビでタイガーウッズを観ていました。」

 

中島さんは両親から「練習しなさい」と言われたことがなく、ゴルフをはじめた頃から「自分の好きなように伸び伸びやらせてくれました」と話していました。

 

またはじめて出場した試合についてはインタビューで次のように話しています。

 

「小学校2年生の頃に『埼玉県ジュニアゴルフ選手権』かな?スコアは50ー42で92でした。」

 

 

以上が中島啓太さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代から大器と期待されていましたが、ゴルファーとしては順調に成長を遂げています。

 

2022年にプロゴルファーに転向しましたが、将来的には日本人男子プゴルファー界をけん引していく可能性も秘めています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

松山英樹の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ