笹生優花の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ジャンボの弟子だった

 

女子プロゴルファーの笹生優花さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。2020年に衝撃的なデビュー飾った笹生さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

笹生優花(さそう ゆうか)

 

 

2001年6月20日生

身長164㎝、体重59kg

血液型はB型

 

フィリピン出身のプロゴルファー

 

以下では笹生優花さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

笹生優花の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:アメリカ ジョージア大学 難関

 

 

 

笹生優花さんは2021年秋からアメリカのジョージア大学に進学する予定です。

 

この大学は1785年開校の公立大学で、スポーツも盛んなことで知られています。

 

笹生さんは2019年にこの大学からオファーを受けて見学に行って進学を決意しています。

 

その際には次のようにインタビューで話しています。

 

「キャンパスからゴルフ場にバイクや、歩いても行けるんです。勉強してからすぐにコースに行ける。レポートを出して、帰ってきて練習もできるかな」

 

ちなみに当初は大学進学にあまり前向きではありませんでしたが、日本のプロテストに合格した頃からアメリカの大学に進学することを検討しはじめたそうです。

 

 

将来的には日本のツアーではなく、アメリカのツアーを主戦場にする予定でもあるので、このような決断に至ったようです。

 

※追記

2021年6月に笹生さんは全米女子オープンで優勝という偉業を成し遂げました。

 

 

しかもプレーオフは畑岡奈紗さんとの日本人対決を制しています。

 

畑岡奈紗の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

笹生優花の学歴~出身高校の詳細・ジャンボの弟子だった

 

出身高校:通信制 代々木高校 アスリートゴルフコース 偏差値なし

 

 

 

笹生優花さんの出身高校は、私立の通信制高校の代々木高校です。

 

この高校は2005年に開校した広域通信制高校です。

 

本部は三重県志摩市にありますが、全国の主要都市に30以上のサテライトキャンパスを設置しています。

 

また設置コースも非常に多彩で、医学部や歯学部を目指すコースから福祉や理容・美容、保育や音楽、乗馬や留学などのコースを設置しています。

 

笹生さんはアスリートゴルフコースに在籍していました。

 

高校進学時に世界各地でおこなわれる大会に出場するために、時間的な都合のつくこの高校のゴルフコースに進学したのでしょう。

 

また笹生さんは高校進学後に再び生活の拠点を日本に戻していますが、冬場は暖かいフィリピンで過ごし春から夏にかけてはレベルの高いアメリカに渡って腕を磨いており、この意味でも通信制高校一択だったようです。

 

 

高校1年生だった2017年にはジュニアやアマチュアの大会に出場したほか、韓国女子プロゴルフのメジャー大会である「韓国女子オープン」にも出場しています(結果は予選落ち)。

 

2018年には「アジアパシフィック女子アマチュア選手権」で2位になり、アジア競技大会にもフィリピン代表としてゴルフ競技に出場しています。

 

そして高校3年生だった2019年4月には、世界大会の「オーガスタ・ナショナル女子アマチュア選手権」に出場して安田佑香さんとともに3位になっています。

 

 

この大会で将来の有望株として大きな注目を集めています。

 

またこの年の7月には「女子ジュニアPGA選手権」で優勝を飾っています。

 

 

そしてこの年の11月にはプロテストに一発合格しています。

 

プロ転向後には尾崎智春さんに声をかけてもらったことがきっかけで、ジャンボ尾崎(尾崎将司)さんに弟子入りしています。

 

はじめて会った日にジャンボさんは一目見て「合格」を出して、以降はジャンボさんの邸宅にある練習場にたびたび足を運ぶようになったそうです。

 

 

そして笹生さんは2020年にプロデビューを果たしますが、8月の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でいきなりツアー初優勝を遂げています。

 

 

その際には次のようにインタビューで話しています。

 

「けっこう緊張する方なんですが、自分のプレーに集中するようにしました。まだ実感はありませんが、優勝できてすごく嬉しいです」

 

するとその翌週の「ニトリレディース」でも優勝を飾り、史上4人目となる初優勝からの連勝を記録しています。

 

この勢いではどこまで強くなるか楽しみです。

 

なお現在はフィリピンと日本の二重国籍ですが、2021年の東京オリンピックにフィリピン代表として出場した後に日本国籍を選ぶ予定になっているとのこと。

 

畑岡奈紗の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

笹生優花の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:フィリピン HARVARD SCHOOL OF LAGUNA レベル不明

 

 

笹生優花さんの出身中学校は、フィリピンのHARVARD SCHOOL OF LAGUNAです。

 

後述するように笹生さんは小学校3年生でフィリピンに渡り、中学3年生の頃まで生活拠点としていました。

 

ただし中学時代からフィリピンの国内大会のみならず、日本を含めた世界各国の大会に出場していました。

 

そのためフィリピンの公用語であるタガログ語のほか、英語や日本語も話すことができます。

 

その他にもタイ語と韓国語が少しわかるようです。

 

中学3年生だった2016年には「ワールドジュニアガールズ選手権」に優勝しています。

 

またこの年にはアメリカでおこなわれた「IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権」に出場して2位になっています。

 

ちなみにこの大会で優勝したのは畑岡奈紗さんでした。

 

笹生優花の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

笹生優花さんの出身小学校は、フィリピンの小学校ですが校名などは不明です。

 

父親は日本人、母親はフィリピン人のハーフです。

 

生まれたのはフィリピンですが、5歳の時に日本に移住しています。

 

小学校は品川区内の公立小学校に通学したようですが、校名などは不明です。

 

また日本に来た当初はあまり日本語ができずに友達が少なかったことから、父親のゴルフの練習について行ったことがきっかけでゴルフをはじめています。

 

ゴルフは小学校1年生の時にはじめていますが、はじめて球を打った時からすまく飛ばせるなど才能の片りんを見せています。

 

そのため小学校3年生の時にプロゴルファーを目指すことを決意しています。

 

すると家族の協力もあり、この年にゴルフの環境が良く、経済的にも負担の少ないフィリピンに戻ってプロゴルファーを目指しています。

 

以上が笹生優花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2020年に日本でプロゴルファーとしてデビューを飾りましたが、2週連続優勝で大きな注目を集めています。

 

またミニスカートも履かずに、化粧もしないというスタンスでただひたすら世界一を目指す姿は最近の女子プロゴルファーとは一線を画しています。

 

 

将来は世界的なゴルファーにもなりそうなので、今後の大きな飛躍にも期待ですね。

 

畑岡奈紗の学歴|出身高校中学校や小学校の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ