MaRuRi(まるりとりゅうが)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|合唱をやっていた!

 

「まるりとりゅうが」のMaRuRiさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はMaRuRiさんは高校時代まで12年間も合唱に打ち込んでいました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

MaRuRi(まるり)

 

 

1997年3月4日生

身長156㎝

血液型はA型

 

福岡県出身の歌手

「まるりとりゅうが」のメンバー

本名は崎田真瑠梨(さきた まるり)

 

以下では「まるりとりゅうが」MaRuRiさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

MaRuRiの学歴~出身大学(福岡女子短期大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:福岡女子短期大学 音楽科ポピュラー音楽専修(中退) 偏差値45(容易)

 

 

 

MaRuRiさんは高校卒業後は、私立大の福岡女子短期大学に進学しています。

 

この短期大学は福岡県太宰府市にあり、音楽科、健康栄養学科、文化教養学科、子ども学科の4つの学科を設置しています。

 

MaRuRiさんは音楽科に在籍して、ポピュラー音楽を専攻していました。

 

大学に入学後はオーディションをいくつか受けていますが、もし合格しなければ将来はバスガイドになろうと考えていました。

 

MaRuRiさんは自身の学生時代の恋愛経験についてインタビューで次のように話していました。

 

「私はそこまで恋愛で傷つきたくないので「あ、これうまくいってないな。別れるパターンのやつだな」って察知した時点で、もう別れちゃうと思います。前もめっちゃ好きだったひとがいたんですけど『このひととはもう続かないだろうなぁ。これ以上は叶わないなぁ』って思って、終わった恋がありました。」

 

なお時期は不明ですがMaRuRiさんはこの短期大学を中退しており、歌手を目指して上京しています。

 

上京後に自身のツイッターにC&Kの「みかんハート」の歌唱動画を投稿するとフォロワーが爆発的に増えています。

 

そしてニューヨーク留学から帰国したばかりのRyugaさんと同じライブに出演をしておりその際にツイッターを交換しました。

 

 

MaRuRiさんはRyugaさんとの出会いについては、インタビューで次のように話しています。

 

「私は福岡から出てきて、当初は友達もいなくて、大学もやめちゃったので本当に何もなくて『どうしよう』という状態だった中、Ryuga君に出会ったことで未来が見えてきた」

 

ツイッターを交換してから約1年後にRyugaさんがツイッターに載せたオリジナル曲をMaRuRiさんがカバーをして動画を載せたころがきっかけとなり2人で一緒に配信をするようになりました。

 

この時にはMaRuRiさんがRyugaさんにセッションを持ちかけており、MaRuRiさんはどのように活動をしていけばよいのか迷っていたため人気者だったRyugaさんに相談したいという気持ちがあったことを明かしています。

 

そしてレコード会社から男女ユニットの結成を持ちかけられており、2018年4月に「まるりとりゅうが」を結成しています。

 

 

MaRuRiさんはRyugaさんとユニットを結成したきっかけについてはインタビューで次のように話していました。

 

「シンプルに声の相性がよかった。Ryuga君の声が入ることによって自分の声もよく聞こえるし、一人のときには出ない音が重なったときに出るなと思った」

 

同じ年の11月には「気まぐれな時雨」でメジャーデビューを晴らしており、配信チャートで1位を獲得しました。

 

 

翌年には「レコチョク上半期サブスクランキング」の新人アーティストランキングで1位を獲得するほどの人気を誇っています。

 

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

Ryuga(まるりとりゅうが)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|アメリカの高校に通学していた

 

スポンサードリンク

 

MaRuRiの学歴~出身高校(九州産業大学付属九州産業高校)の詳細

 

出身高校:福岡県 九州産業大学付属九州産業高校 偏差値41~61(コース不明のため)

 

 

 

MaRuRiさんの出身高校は、私立の共学校の九州産業大学付属九州産業高校です。

 

この高校は1961年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校は以下の5つのコースを設置していますが、MaRuRiさんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

スーパー特進:偏差値61

特進:偏差値56

準特進:偏差値52

進学:偏差値46

機械:偏差値41

 

MaRuRiさんは後述するように小学校時代から合唱団に所属しており、高校時代も引き続き合唱団で声楽を習っていました。

 

当時から歌手になりたかったようです。

 

MaRuRiさんは高校と大学が太宰府にあったことから、大宰府にはよく行っており「梅が枝もち」の焼きたてをよく食べていたことを明かしています。

 

16歳のときには福岡県で開催された「BASIC OF SONG」というオーディションに参加しており、見事に優勝を勝ち取りました。

 

そして高校3年生の時の文化祭でJ-POPを披露したところ自分に向いていることに気づき、高校卒業後の進学先の大学の志望学科をポップス科にしています。

 

【主な卒業生】

藤井尚之(ミュージシャン・元チェッカーズ)

 

Ryuga(まるりとりゅうが)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|アメリカの高校に通学していた

 

スポンサードリンク

 

MaRuRiの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

MaRuRiさんの出身中学校は、福岡県春日市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

中学時代も合唱団に所属をしていました。

 

またMaRuRiさんは両手の小指が短いことから、中学時代のあだ名はポークピッツだったことを自身のSNSで明かしています。

 

MaRuRiの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

MaRuRiさんの出身小学校は、地元春日市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成やきょうだいの有無については現時点では情報がなく不明です。

 

 

6歳で地元の春日市少年少女合唱団のオーディションに最年少で合格しており、声楽を学びはじめました。

 

幼稚園の時に「こいのぼり」を歌っていたところ、それを聞いていた父親がオーディションに応募しています。

 

MaRuRiさんは子供の頃から様々な習い事をしてきましたが、唯一続いたのが合唱団だったと言います。

 

以上が「まるりとりゅうが」MaRuRiさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

Ryugaさんとユニットを結成すると動画が注目されて、とんとん拍子にメジャーデビューに至りました。

 

 

メジャーデビュー後もコンスタントに楽曲をリリースしており、ファン層を拡大しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

Ryuga(まるりとりゅうが)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|アメリカの高校に通学していた

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ