milet(ミレイ)の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|早稲田大学なの?

 

シンガーソングライターのmiletさんの出身大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。かわいいと評判のmiletさんは実は名門私大の早稲田大学に進学するほどの学力を有していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

milet(ミレイ)

 

 

生年月日非公表

身長非公表

血液型非公表

 

東京都出身のシンガーソングライター

本名非公表

 

以下ではmiletさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

miletの学歴~出身大学の詳細・早稲田大学なの?

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 文学部演劇映像コース 偏差値65(難関)

 

 

 

miletさんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

デビュー以来miletさんの学歴の詳細は謎に包まれていましたが、2020年11月の「週刊ポスト」の報道で大学時代の同級生のインタビューが掲載されてこの大学の出身者であることが判明しています。

 

「miletさんは早稲田大学文学部の映像や演劇について学ぶコースに在籍していて、そのコースには映画監督や女優、ミュージシャンなど、芸能界を目指す人も多いんです。いわゆるクリエイターや芸能人の卵が多く、同級生のなかでは、“誰がいちばん早く有名になるのか”という競争みたいな感覚を持つ人も少なくありません。40人ほどの学生がいて、miletさんはその中でも、美人で有名でした」

 

在籍したのは文学部の演劇映像コースです。

 

お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長さんもこの大学の同学年で、文学部の同じコースに在籍していました。

 

大学では映画の効果音などの勉強をおこなっており、映画の無音シーンについての研究をおこなったとインタビューでコメントしています。

 

miletさんは大学時代に人前で歌を歌ったことをきっかけに歌手を志しています。

 

「4年前に友達の前で歌う機会があり、当時流行っていたジェシー・Jの『プライス・タグ』を歌ったら、友人のひとりが感動してくれて。その時までは、将来は音楽関係の仕事に就けたらいいな…漠然と思っていたくらいでしたが、その時にはっきりと歌をやろうって思いました」

 

特に大学4年生の頃から音楽活動に力を入れて、レコード会社にデモテープを送りはじめています。

 

「レコード会社に知り合いのいる友達が「デモテープがあるなら聴いてもらう?」と声をかけてくれて、カバー曲を歌ったデモテープを作って聴いてもらったのが最初です。歌をやるならオリジナル曲も必要だろうなと思って、去年から本格的に曲作りを始めました」

 

また当初から音楽の道で活動することを決意しており、就職活動もしなかったことを前出の大学の同級生が証言しています。

 

「彼女は一般企業への就職活動には目もくれず、自分で録音したデモテープをいくつかのレコード会社に送り、“それが私にとっての就活なの”と言っていました。それをきっかけにレコード会社に所属が決まったのだから、さすがですね」

 

miletさんは大学時代にレコード会社への所属が決まっており、以降はオリジナル曲の制作などに励んでいます。

 

なお大学では勉強もしっかりおこなっており、大学はキッチリと卒業しています。

 

 

大学を卒業した2018年から本格的に音楽活動を開始して、イベントやライブハウスに出演して歌を披露しています。

 

そして2019年3月に、ファーストシングル「inside you」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

 

すると楽曲はスマッシュヒットとなって、知名度が上昇しています。

 

この年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

以降も「us」や「prover」などの楽曲がヒットして、人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

「ミュージックステーション」や「CD TV」などの音楽番組にも立て続けで起用されるほどです。

 

 

 

さらに2020年12月には、NHKの紅白歌合戦に初出場しています。

 

 

今後の活動も注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

miletの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:カナダの高校(校名は不明)

 

miletさんの出身高校は、カナダの高校ですが校名などは不明です。

 

2019年の「オリコンミュージック」の報道で、中学校・高校時代はカナダで過ごしたことが明らかになっています。

 

中学・高校とカナダで過ごしたこともあり、「イエス」「ノー」という意志表示をハッキリと行い、自分の考えや気持ちを伝えるためには物怖じせず発言する」

 

そのため英語はペラペラのレベルで、発音もネイティブ並みと絶賛されています。

 

楽曲にも英語の歌詞が挿入されることもあり、留学経験が活かされているようです。

 

高校時代まではフルートを専門的におこなっており、当初は音楽大学への進学を希望していました。

 

ただし同時期に映画音楽を勉強したくなって、前記の早稲田大学に進学しています。

 

「それと同時期に、映画音楽がすごく好きだったので、映画を勉強したくなって。結局大学は、映像の勉強ができるところを選択しました」

 

ちなみにmiletさんは当時からかなりの映画好きで、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」やロベール・ブレッソン監督の「スリ」、ジャック・ベッケル監督の「穴」などの作品がお気に入りとのこと。

 

スポンサードリンク

 

miletの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:カナダの中学校(校名は不明)

 

miletさんの出身中学校はカナダの中学校ですが、校名などの詳細は不明です。

 

意外にも中学時代は引きこもっていた時期があったことをインタビューで話しています。

 

その際には原恵一監督のアニメ映画「河童のクゥと夏休み」に支えられたそうです。

 

 

そのため原監督の大ファンで、作品はすべて鑑賞しているとのこと。

 

ちなみに現在でも原監督の「追っかけ」とインタビューで述べています。

 

「私にとってはもう憧れの方ですよ。追っかけなので、原監督のインタビューが載ってる雑誌は全部持ってるし、ストイックな方という印象だったんですがとても気さくな方で。私が好きな最中を差し入れしたら「美味しい」って食べてくれて!」

 

miletの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

miletさんの出身小学校は、都内の学校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

miletさんは子供の頃からフルートを習っていました。

 

 

そのため幼少期からクラシック音楽を聴いて育っています。

 

小学校時代に兄の影響で洋楽を聴くようになっていますが、最初からしっくりきたそうです。

 

ちなみに当時はシガー・ロスやビヨーク、クーラ・シェイカーなどがお気に入りだったそうです。

 

ただし当時のクラスメイトたちはJ-POPを聴いていたことから、学校では話が合わなかったそうです。

 

小学校時代は声が大きくて元気な少女だったとのこと。

 

ただし当時から色々な違和感を抱えていたとインタビューで話しています。

 

「ある程度は周りに合わせられるんですけど、「なんでこれしなきゃいけないの?」って疑問に思ったときは言っちゃうし、日々いろんな違和感を抱えて過ごしてましたね。大勢の中にいると、どうしても自分と人との差を感じるじゃないですか。それで「なんでこの人、こういうこと言ってるんだろう?」とか、「なんでこの人、今こういう表情してるんだろう?」とか、そんなことをすごい疑問に思って、ずっと考えたり」

 

以上がmiletさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2019年にメジャーデビューを飾ると、ハスキーで重厚な歌声で人気も急上昇しています。

 

 

翌年にはNHKの紅白歌合戦に初出場するほどです。

 

今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ