齋藤冬優花の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

齋藤冬優花(さいとう ふゆか)

 

 

1998215日生

身長157

血液型はO型

 

東京都出身の歌手、女優、タレント

欅坂46のメンバー

本名同じ、愛称は「ふーちゃん」

 

以下では齋藤冬優花さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 
20158月に欅坂46の第1期生のオーディションで合格して、メンバー入り。 

同年10月の「欅って、書けない?」でテレビ初出演。 

20164月にグループは1stシングル「サイレントマジョリティー」でメジャーデビュー。

同年7月の「徳山大五郎を誰が殺したか?」で女優デビュー。 

20175月から連続ドラマ「残酷な観客達」に出演。 

他にも「KEYABINGO!」や「バナナ♪ゼロミュージック」、「乃木坂工事中」などの番組に出演。 

「三次元マスク」や「バイトル」のCMにも出演している。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 鷺宮高校 偏差値51(普通)

 

 

齋藤冬優花さんの出身高校は、都立の共学校の鷺宮(さぎのみや)高校です。

 

同校は1912年創立の伝統校で、軽音楽部や書道部など文科系の部活が盛んなことで知られています。

 

齋藤さんは高校1年生の時はソフトボール部に在籍したことを公式ブログで明らかにしています。

 

「人生で1番焼けたのは、高1の夏のソフトボール部時代です⚾️笑笑。信じてもらえないかもしれませんが、本当に真っ黒になりました!! 夏休み、ほぼ毎日、カンカン照りの太陽の下で部活をしていたので、それは、なりますよね」

 

ただしソフトボール部ではライトのポジションでしたがあまりうまくなかったことや足も遅かったこともブログで綴っています。

 

その後にダンス部に所属していますが、在籍時はレベルが高く選抜メンバーにはなれませんでした。

 

 

本人もインタビューでダンスはあまりうまくなかったと話しています。

 

「ダンスはずっとやってたんですけど、ほんとにそんなにうまい方じゃなかったんです。高校のダンス部でも2列目にいたし。前で踊ってる子たちを見て、『キラキラしてるなー』って憧れてました」

 

けやき坂46に所属する加藤史帆さんも同校の同学年に在籍していました。

 

ただし高校時代はお互いに面識があったものの、絡みはなかったようです。

 

高校3年生の夏休みに欅坂46のオーディションを受けています。

 

当時の斎藤さんは大学に進学するか、ミュージカルの専門学校に進学するか迷っており、オーディションを受験したのは「この選択から逃げたかった」ことと、「何かが変わるかなと思った」ことだとインタビューで話しています。

 

「欅のオーディションを受けたのが高校3年の夏で、進路を決めなきゃいけなかったんですね。そのときの私の選択肢は、大学に行くか、ミュージカルの専門学校に行くかだったので、そこは人生で最大に悩みました。でも、オープンキャンパスに行ったりしながら、結局は決まりませんでした」

 

オーディションに合格しましたが、都内の高校に通学していたこともあって同校は卒業しています。

 

 

【主な卒業生】

海江田万里(政治家)

假屋崎省吾(華道家)

寺門ジモン(ダチョウ楽部)

 

そして斎藤冬優花さんは高校卒業後は大学などに進学せず、芸能活動に専念しています。

 

ただしラジオ番組に出演した際に、大学に進学したかったと話しています。

 

「私は大学に行ってみたかったホントに進路をどうするか迷っちゃって賭けじゃないですけどオーディション受けたので。時期がちょうど高3の夏だったんでもし違う人生を歩めるんだったら大学生活をやってみたいです」

 

とは言え斎藤さんが高校を卒業した年の4月に、グループはファーストシングル「サイレントマジョリティー」でメジャーデビューを果たしています。

 

またその際には齋藤さんも選抜メンバーに選ばれて、3列目の立ち位置を務めています。

 

さらに同じ年の7月には「徳山大五郎を誰を殺したか?」で女優デビューもしています。

 

 

以降は主要メンバーとしてグループで活躍しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 杉並区立杉森中学校 偏差値なし

 

 

齋藤冬優花さんの出身中学校は、地元杉並区内の公立校の杉森中学校です。

 

中学時代もソフトボール部に在籍するなど、体を動かすことは好きなようです。

 

また齋藤さんは中学校時代までは、阿波踊りの「連」に入っていたことをインタビューで話しています。

 

当時の活動については次のように話しています。

 

「大きく分けて、阿波おどりには楽器でお囃子を演奏する人と踊る人の2種類がいるんですけど、私は踊る方でした。子供グループの中には、幼稚園の子とかもいたので、踊り方を子供たちに教えてあげたり」

 

また阿波踊りをやっていた頃はかなり楽しかったそうです。

 

「やっぱり、人前で踊っていた時ですね。お客さんが座っている間を縫うようにして踊っていくんですけど、みんなものすごく喜んでくれたり、声をかけたりしてくれるんです。そんな時は、すごく誇らしかったです」

 

ちなみに齋藤さんはグループ内では振付師のアシスタント的な役割を果たしていますが、中学校時代から人に踊りを教えていたのですね。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

斎藤冬優花さんの出身小学校は、杉並区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、次の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

杉並区立馬橋小学校

杉並区立杉並第一小学校

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

齋藤さんは小学校4年生の頃からヒップホップダンスをはじめていますが、その後に阿波踊りに転向したことをインタビューで話しています。

 

「小4の頃、ヒップホップダンスを習ってたんですけど、友達と『他にも何かやろうよ』って相談して阿波おどりの“連”に入りました。そこの連はけっこう厳しくて、いろんな場所に行って踊りながら、練習も週一でやってたんです。私も阿波おどりの方が面白くなって、そっちに専念するためにヒップホップは辞めました」

 

以上が斎藤冬優花さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後の活躍は周知の通りで、結成時以来のメンバーとしてグループを支えています。

 

 

また面倒見も非常にいいことから、2期生や3期生たちのよき先輩となっているようです。

 

現在のところグループでの活動が中心ですが、トーク力もあることから、今後は出演番組も増えることが予想されます。

 

年齢的にも伸びしろがありますし、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ