関根勤の学歴と経歴|出身大学高校(日本大学・八潮高校)や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

お笑いタレントの関根勤さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は関根さんは学生時代から人気者でしたが、女子からはフラれまくっていました。学生時代のエピソードや情報、当時のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

関根勤(せきね つとむ)

 

 

1953821日生

身長168

血液型はA型

 

東京都港区出身のお笑いタレント、俳優

本名同じ、旧芸名はラビット関根

 

以下では関根勤さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

関根勤の学歴まとめ

 

出身大学:日本大学 法学部

出身高校:都立八潮高校

出身中学校:港区立高松中学校

出身小学校:港区立高輪台小学校

 

関根勤の学歴~出身大学(日本大学)の詳細

 

出身大学:日本大学 法学部 偏差値52(当時・普通)

 

 

 

関根勤さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

大学では法学部の行政管理学科(現在は公共政策学科)に在籍しています。

 

なお同学部は現在の偏差値は55程度ですが、関根さんが在籍した当時は今より低いものになっています。

 

また大学では自動車部に在籍していました。

 

後述するように関根さんは中学生の頃からお笑いグループを作って活動をしていましたが、大学3年生の時には解散をしています。

 

大学3年生の時に「ぎんざNOW!」素人参加型の番組に出場してチャンピオンとなると、芸能事務所にスカウトされます。

 

 

この際の経緯については、インタビューで次のように話しています。

 

「せんだみつおさんが司会をしていた『ぎんざNOW!』という生放送番組の『素人コメディアン道場』いうコーナーに応募して,僕が5週勝ち抜いて初代のチャンピオンになったんですけど,そのときの審査員に浅井企画の浅井社長がいて,それでスカウトされたという形です」

 

しかし当初は自信がなかったことから断っていました。

 

関根さんは仕事としてお笑いの道で生きていくことに憧れはありましたが、自分が戦えるような世界ではないと思っていたことを明かしています。

 

また父親が消防士だったこともあり、関根さんも将来は消防士になる予定だったようでこのことについては次のように話しています。

 

「僕はマージャンも酒もだめなので,サラリーマンはきついなと。宿直もあるし,お酒が飲めない方が逆に我慢をしなくていいし,試験で出世が決まるからフェアだなと思って。消防官の父親に恩返しもしたいという思いもあったし,考えてみたら本当に世の中に必要な職業なんですよね。」

 

とは言え芸能事務所の説得もあり、スカウトされた次の週に「ぎんざNOW!」にせんだみつおさんのアシスタントとして出演しています。

 

「デビューは,大学3年で勝ち抜いた次の週からです。アシスタントですよ,せんださんの。先週までただの大学生がいきなりアシスタントですよ」

 

 

以降は同じ事務所の後輩の小堺一機さんとともに、事務所の先輩の萩本欽一さんの番組に起用されて人気が上昇。

 

 

さらに32歳だった1985年に、「笑っていいとも!」の曜日レギュラーに起用されると、全国的な人気を獲得しています。

 

 

以降も数多くの人気番組に出演しています。

 

 

またタレントととしてブレイクした娘の関根麻里さんとの共演が多いことでも知られています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。 

 

関根麻里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学は3年で首席で卒業していた!

 

スポンサードリンク

 

関根勤の学歴~出身高校(都立八潮高校)の詳細

 

出身高校:東京都 八潮高校 偏差値46(やや容易)

 

 

 

関根勤さんの出身高校は、都立の共学校の八潮高校です。

 

この高校は1918年開校の都立高校で、弓道部が都内でも強豪として知られています。

 

関根さんは高校時代はバスケットボール部に在籍をしていましたが、運動はあまり得意ではないようです。

 

 

バスケットボールも下手だったことから、フェイントの練習ばかりしていたため「フェイントの関根」と呼ばれていました。

 

高校時代にはビル工事のアルバイトもおこなっていました。

 

関根さんは高校生の頃には好きな女子に電話をするときに台本を書いていましたが、違う展開となり役には立たなかったようです。

 

また高校時代には3人の女子を好きになっていますが3人とも告白をしてフラれています。

 

好きな女子には毎日のように電話をして爆笑させていたそうですが、いざデートに誘うと好きな人がいるという理由から断られましたが、「でも面白いので電話は下さい」と言われたこともありました。

 

【主な卒業生】

淡路恵子(女優・中退)

薬師丸ひろ子(女優)

二階堂ふみ(女優)

FUKASE(SEKAI NO OWARI・中退)

 

関根麻里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学は3年で首席で卒業していた!

 

スポンサードリンク

 

関根勤の学歴~出身中学校(港区立高松中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 港区立高松中学校 偏差値なし

 

 

 

関根勤さんの出身中学校は、地元東京都港区内の公立校・港区立高松中学校です。

 

中学時代もバスケットボール部に在籍をしていました。

 

関根さんは中学生の頃から友人の前でものまねを披露していました。

 

また話も面白かったので、学校では中学時代から人気者でした。

 

中学生の時に友人5人と「目黒五人衆」というアマチュアグループを作りお笑いの活動をしていました。

 

【主な卒業生】

有賀さつき(アナウンサー)

阿部亮平(Snow Man)

山崎育三郎(俳優)

 

関根勤の学歴~出身小学校(港区立高輪台小学校)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 港区立高輪台小学校

 

 

 

関根勤さんの出身小学校は、地元港区内の公立校・港区立高輪台小学校です。

 

家族構成は両親と4人きょうだいの6人家族です。

 

 

関根さんは末っ子だったことから母親に溺愛をされて育てられており、母親の作るもの以外は食べることができませんでした。

 

そのため小学5年生までは給食をほとんど食べることができずに毎日残していたようです。

 

また小学校時代は同級生の女子が好きだったようです。

 

関根さんはふざけるのが好きだったことから、クラスの男子から人気がありました。

 

小学校時代には将来は漫画家になりたいと思っていました。

 

以上が関根勤さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にタレントとしてデビューしていますが、萩本欽一さんに目をかけられたこともあってすぐに人気者になっています。

 

また娘の関根麻里さんも売れっ子のタレントになりました。

 

 

 

現在でも幅広い層に根強い人気を誇るだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

関根麻里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学は3年で首席で卒業していた!

 

経歴/プロフィールの詳細

 

1974年にテレビ番組「ぎんざNOW!」の「素人コメディアン道場」で5週連続で勝ち抜いて初代チャンピオンになった際にスカウトされる。 

ラビット関根の芸名でデビューして、「カックラキン大放送」や「欽ちゃんのどこまでやるの」などで人気者となる。 

1985年から「笑っていいとも!」のレギュラーとなって、全国区の人気を得る(番組終了の20143月まで出演) 

他にも「コサキン勝手にごっこ」や「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」、「王様のブランチ」、「もしもツアーズ」などの多数のバラエティー番組にも出演。 

俳優としても「刑事犬カール2」や「あきれた刑事」、「痛快!ロックンロール通り」などの連続ドラマに出演した。 

既婚者で長女はタレントの関根麻里。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ