東山奈央の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|劣等生から難関大学に合格

 

人気声優の東山奈央さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は東山さんは中学時代は劣等生でしたが、高校時代に勉強を頑張って難関大学に進学しています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

東山奈央(とうやま なお)

 

 

1992年3月11日生

身長152㎝

血液型はA型

 

東京都出身の声優、歌手

本名同じ

 

以下では東山奈央さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどもご紹介いたします




 

東山奈央の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 文化構想学部 偏差値68(難関)

 

 

 

東山奈央さんは高校卒業後、名門私立大の早稲田大学に進学しています。

 

またこの大学には一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

声優や女優として活躍している悠木碧さんや早見沙織さんは、学部は違いますがこの大学の同学年に在籍していました。

 

東山さんは高校時代から所属していた日本ナレーション演技研究所を卒業後は、アーツビジョンに所属しながら大学での勉強と声優業を両立していました。

 

大学1年生だった2010年10月に同時に「神のみぞ知るセカイ」と「STAR DRIVER 輝きのタクト」に出演し、声優デビューを果たしました。

 

 

2012年には「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」でヒロイン役を演じており、「異国迷路のクロワーゼ The Animation」では主役の声を担当しています。

 

そして音楽ゲーム「太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ」ではキャラクターのほかに主題歌も担当しました。

 

また高校までは身長は149cmだったそうですが、大学入学後に3cm伸びて152cmになったそうです。

 

東山さんはこのように大学時代は芸能活動で大忙しでしたが、忙しいのは慣れていたとインタビューで話しています。

 

「大学に入学した年にデビューして、しばらくは学生と声優の2足のわらじでした。たしかに大変でしたけど、中高時代も勉強しながら習い事を6つとか7つやっていたので、忙しいことには慣れていたかもしれないです。」

 

 

そのため学業と仕事を両立させてキッチリと大学は卒業しています。

 

24歳だった2016年に歌手デビューを発表しており、2017年2月には1stシングル「True Destiny / Chain the world」をリリースし歌手デビューを果たしました。

 

 

 

中学・高校時代は合唱部で自身の声が目立たないように控えめに歌っていたため、歌手としてソロで歌うことに難しさを感じていたようです。

 

そして翌年2018年2月には日本武道館でファーストライブを開催しています。

 

 

2019年3月には第13回声優アワードで助演女優賞とゲーム賞を受賞しました。

 

現在は話題作のアニメの主役級で起用されるほどの人気声優になっています。

 

また2020年には4Thシングル「歩いていこう!」が初のオリコンTOP10ヒットになっています(6位)。

 

 

さらにこの年にはYOUTUBEに自身のチャンネルを開設して人気を博しています。

 

 

歌手としても声優としても楽しみな存在ですね。

 

スポンサードリンク

 

東山奈央の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 洗足学園高校 偏差値69(難関)

 

 

 

東山奈央さんの出身高校は、私立の女子校の洗足(せんぞく)学園高校です。

 

この高校は1924年開校のキリスト教系の私立高校で、英語教育に定評があります。

 

また以前は音楽科も設置していたので、数々の女性歌手を輩出したことで知られています。

 

この高校の系列校の中学校に通っていたため、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

高校時代は合唱部に在籍していました。

 

また東山さんは高校時代に英検準1級と漢検2級、数検準2級を取得しています。

 

ただし英検に合格したのは奇跡だったそうです。

 

「試験本番では、第1題目の単語選択問題の半分がまったくわからなかったんです。仕方がないので、まるで鉛筆を転がして解くようにヤマ勘で選んでいったところ、なんと、15問中10問が正解でした(笑)」

 

英検の面接では面接官に「相撲についてどう思う?」と聞かれて、日本語でも難しい問題だったためパニックになってしまったそうです。

 

高校在学中に両親と大学受験を頑張ることを交換条件に、声優養成所「日本ナレーション演技研究所」に入所しています。

 

ちなみに日本ナレーション演技研究所では、早見沙織さんや内田真礼さんと同じクラスだったことから当時から仲が良かったとのこと。

 

後述する通り東山さんは中学時代は成績が悪かったのですが、高校時代は成績が伸びたそうです。

 

「入った学校はザ・進学校でしたから地頭がよい同級生もたくさんいて、すぐには追いつけなかったのですが、「声優になりたい!」という気持ちが原動力となり、高校生になってから勉強に身が入るようになりました。あとのほうになると、成績も伸びてきたんです」

 

ただし英語以外の勉強はあまり好きではありませんでした。

 

特に答えが1つではない現代文は好きではなかったそうです。

 

東山さんは声優になっていなかったら、英語か世界史の先生になっていたそうでインタビューで次のように話しています。

 

「高校生のときに友達と勉強していて、わからないところを教えてあげたときに友達がよろこんでくれてとてもうれしかったんです!世界史のゴロ合わせを作るのが好きです。」

 

なお当時からアニメが大好きで、常時10本ほどのアニメを見ていました。

 

【主な卒業生】

水前寺清子(歌手・音楽科)

平原綾香(シンガーソングライター・音楽科)

木村美穂(阿佐ヶ谷姉妹・音楽科)

山田麻衣子(女優・普通科)

 

スポンサードリンク

 

東山奈央の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 洗足学園中学校 偏差値64(やや難関)

 

 

 

東山奈央さんの出身中学校は、私立の女子校の洗足学園中学校です。

 

東山さんはインタビューで中学受験をしたことを明らかにしており、この中学校の出身者であることが判明しています。

 

ただし塾の先生や両親からは「受からないだろう」と言われていたことをインタビューで話しています。

 

「中学受験をしたのですが、周りの人、塾の先生、それに両親が「受からないだろう」と言っていた中学に、運よく合格することができたんです」

 

とは言え中学時代は周囲のレベルが高かったことや先生の言っていることがわからずに劣等生だったそうで、テストの点数も悪かったとのこと。

 

当時は得意の英語でさえも成績が悪かったそうです。

 

中学時代も合唱部に在籍していました。

 

合唱部には音痴を直すために入部したそうで、歌が下手だったため自分の歌声を主張しないようにコーラスではあえて低音のアルトを担当したようです。

 

東山さんは中学2年生の時に声優を目指していた友人と台本の掛け合いをしているうちに、演技することの楽しさを感じ声優になろうと思いました。

 

東山奈央の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

東山奈央さんの出身小学校は、東京都内の小学校のようですが詳細は不明です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

父親はイギリスに9年間留学していた帰国子女で母親も大学の英文科の出身だったことから、家の中で英語が飛び交う家庭に育っていました。

 

また東山さんの母親は頭の良い人で一緒にいると安心するそうです。

 

東山さんは小学校時代から、ジャズダンスやヒップホップを10年ほど続けてきたことから体は柔らかいそうです。

 

ただし他のスポーツは全くできずに、中でも球技は生まれ変わりたいくらいできないみたいです。

 

小学校の頃は「おジャ魔女どれみ」や「美少女戦士セーラームーン」などのアニメが好きでしたが、「鋼の錬金術師」に感動して「声で心を動かす」声優に興味を持ちました。

 

特に主人公の男の子を演じているのが女性だったことが信じられなかったそうで「自分もこんな風に人の心を動かせたらなぁ…」と思っていたとインタビューで話しています。

 

以上が東山奈央さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に声優デビューを飾っていますが、順調にキャリアを重ね現在では人気声優のひとりとなっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

東山奈央(@naobou_official)がシェアした投稿

 

また歌手としても人気が高く、日本武道館でワンマンライブを開催するほどです。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ