川村真洋の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

元乃木坂46の川村真洋さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。歌唱力の髙さで知られる川村さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

 川村真洋(かわむら まひろ)

 

 

1995723日生

身長156

血液型はA型

 

大阪府出身の歌手、タレント、女優、YOUTUBER

乃木坂46の元メンバー

本名同じ、別名義は「MAHIRO」

 

以下では川村真洋さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

20096月にハロープロジェクト系のオーディションに合格したが、方向性の違いによって3ヵ月で離脱。 

20118月に乃木坂46の第1期生のオーディションに合格してメンバー入り。 

同年10月の「乃木坂って、どこ?」でテレビ初出演。 

20121月のドラマ「さばドル」で女優デビュー。

グループは20122月に「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビューを果たすが、その際に選抜メンバーに選ばれる。

20157月から子供向けバラエティー番組「ピラメキーノ」に出演。 

他にも「開運音楽堂」や「NOGIBINGO」などのバラエティー番組に出演。 

また歌唱力に定評があり「カラオケバトル」や「THE歌王」などにも出演している。

2018年3月をもって乃木坂46を卒業。

 

川村真洋の学歴~出身高校(上宮高校・日本芸術高等学園)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪府 上宮高校(中退) 偏差値5763(学科不明のため)

※高等専修学校の日本芸術高等学園を卒業

 

 

 

川村真洋さんが入学したのは、私立の共学校の上宮高校です。

 

同校は1890年創立の仏教系の伝統校で、大阪の私立高でもっとも古い高校として知られています。

 

またスポーツも盛んで、硬式野球部は甲子園で優勝経験もあります。

 

加えて同校は以下の3つのコースを設置していますが、川村さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

パワー:偏差値65

英数:偏差値62

プレップ:偏差値57

 

川村さんはこの高校に一般受験で入学しているので、勉強も得意です。

 

高校時代は軽音楽部に在籍をしており、ボーカルを務めていました。

 

また高校では元AKB48の板野友美さんに似ていると言われており、このことについては自身のブログに次のように綴っていました。

 

「高校になった瞬間、初めて会う子たちなのに学校で会ったら『ともち〜ん♪♪』って毎日のように言われてました」

 

高校1年生だった2011年に乃木坂46の第1期メンバーオーディションに応募をして、合格をしています。

 

 

後述するように川村さんは小学生の頃から歌手を志しており、高校1年生になってすぐにこのオーディションのことを知り、応募してみたとのことです。

 

オーディション合格後は上京しており、この高校は中退しています。

 

【上宮高校の主な卒業生】

司馬遼太郎(作家)

星田英利(お笑い芸人)

元木大介(元プロ野球選手)

山下幸輝(俳優)

 

川村さんは上京後は高等専修学校の日本芸術高等学園(偏差値なし)に編入しています。

 

 

 

この学校は1958年開校の高等専修学校で、演技やダンス、音楽などを学びながら高校卒業の資格を取得できます。

 

元乃木坂46の永島聖羅さんとはオーディション後に、1ヶ月ほど一緒に暮らしていた時期もあったことをブログで明かしています。

 

当時の川村さんは歌手だった安室奈美恵さんに憧れており、インタビューでは次のように語っていました。

 

「歌とダンスが出来て、アムラーと呼ばれるファンも生まれ社会現象になった女性の憧れでもあり、子供の頃に私も『安室さんみたいになりたい!』と思っていました。今でも夢の一つです。」

 

高校1年生だった2012年1月に、グループはファーストシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

その際には川村さんも選抜メンバーに起用されており、3列目の立ち位置でした(センターは生駒里奈)。

 

【日本高等芸術学園の主な卒業生】

清野菜名(女優)

山田優(女優)

加藤夏希(女優)

 

なお川村さんは高校卒業後は大学などには進学しておらず、芸能活動に専念しています。

 

以降もグループの活動を中心におこなっていました。

 

 

22歳だった2018年2月に、乃木坂46を卒業しています。

 

 

翌年からは韓国を拠点とする多国籍ガールズグループ「Z-Girls」のメンバーとして活動をおこなっていました。

 

2021年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

歌唱力に定評がある川村さんだけに、こちらでは「歌ってみた」の動画が人気になっています。

 

スポンサードリンク

 

川村真洋の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

川村真洋さんの出身中学校は、地元大阪市大正区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

なお出身高校には系列の上宮中学校が併設されていますが、川村さんは高校受験をしたことを明らかにしているのでこちらの中学校の卒業生ではありません。

 

 

川村さんは中学1年生だった2009年3月に「第6回セルシーキッズボーカル・ダンスコンテスト」のボーカル部門に出場しており、特別賞を受賞しました。

 

同じ年の6月にはハロプロの開催したオーディションに応募しており合格をしています。

 

しかし方向性の違いにより3ヶ月ほどでハロープロジェクトをやめています。

 

スポンサードリンク

 

川村真洋の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

川村真洋さんの出身小学校は、地元大阪市大正区内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

家族のことを大好きだと公言しており、高校入学後は家族との時間がほとんどありませんでした。

 

芸能活動をしている中で辛い部分は、親には見せたくないという思いがあったため仕事の話はほとんどしなかったとインタビューで明かしています。

 

川村さんは小さい頃から芸能界に憧れを抱いており、小学生になると歌手になりたいと思い必死に歌やダンスの練習をしていました。

 

そして小学3年生の頃からはダンススクール「K.D.C」に通い、ダンスと歌のレッスンを受けています。

 

小学5年生のときに歌手の絢香さんの「三日月」をライブハウスで聞いて、歌を本気でやってみたいと思うようになったといいます。

 

普段はそれほど負けず嫌いではありませんが、好きなことで負けたくないという思いがあり母親も練習に付き合ってくれました。

 

また川村さんは小学校時代に「マリと子犬の物語」を読んで非常に感動したそうで、自然と涙があふれてきました。

 

そして和歌山県に住んでいる祖父が柴犬を飼って、名前を「マリ」にしたというエピソードを明かしていました。

 

川村さんは小学生の頃から輪ゴムを右腕にずっとつけているそうで、落ち着くとのことです。

 

以上が川村真洋さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

乃木坂46時代はグループの活動のほか、カラオケ番組などに出演していました。

 

グループ卒業後はタレントやYOUTUBERとしてマルチに活動しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ