吉高由里子の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

 

吉高由里子(よしたか ゆりこ)

 

%e5%90%89%e9%ab%98

 

1988722日生

身長158cm

血液型はO型

 

東京都出身の女優

本名は早瀬由里子(はやせ ゆりこ)

 

以下では吉高由里子さんの学歴や経歴、中学校・高校・大学の偏差値、中学時代・高校時代のエピソードや画像などをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 

16歳:2004年に原宿でスカウトされ芸能事務所入りし、当初はCMや広告のモデルを中心に活動する。 

17歳:2005年映画「ZOO」で女優デビュー。 

18歳:2006年に出演した映画「紀子の食卓」の演技が好評で、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。 

その後は多くのドラマや映画に脇役で出演。 

20歳:2008年の主演映画「蛇にピアス」で日本アカデミー賞新人賞を受賞するなど、出世作となる。 

21歳:2009年の「東京DOGS」で連ドラに初めてヒロインとして起用される。 

22歳:2010年に「美丘-君がいた日々-」で、連ドラ初主演。

26歳:2014年にNHKの朝ドラ「花子とアン」にヒロインとして起用され、人気を不動のものにする。 

以降も「東京タラレバ娘」や「正義のセ」などの連続ドラマに主演している。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 都立深沢高校 偏差値40(容易)

※後に通信制の高校に転校

 

 

吉高由里子さんが入学したのは、都立の共学校の深沢高校です。

 

この高校は世田谷区にある都立校で、女優の松岡茉優さんや芳根京子さん(後に転校)もこの高校の出身者です。

 

吉高さんは高校1年生の原宿で買い物をしていたところをスカウトされて、芸能事務所に入っています。

 

ただし当時はまったく芸能界や女優に対する憧れはなかったそうで、スカウトしたのが女性だったことから、断り切れなくて電話番号を教えたところすごい電話がかかってきて、父親と事務所を訪れた時には「もう始まっていた」と、当時のエピソードをインタビューで語っています。

 

そして当初は「ナムコ」や「ネスレ日本」などのCM出演が主な仕事でした。

 

(ナムコのCM)

 

高校1年生の2月に映画「ZOO」で女優デビューを果たしています。

 

さらに吉高さんは高校3年生の時に出演した映画「紀子の食卓」の演技で、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

 

 

また高校時代の吉高さんは焼き肉屋とディスカウントストアでアルバイトをしていました。

 

加えて実家はセブンイレブン世田谷日体大店を経営しており、高校時代はたびたび店に出て実家の仕事を手伝っています。

 

(セブンイレブン世田谷日体大店)

 

そのため周囲では「キレイな娘がコンビニでバイトしている」と噂になったようです。

 

さらに深沢高校時代に同じ学校の男子生徒に自分から告白して、事もあろうに数日後の自分の誕生日にフラれたエピソードを映画のトークショーで語っています。

 

「夕日のきれいな放課後に告白したら、『友達にしか思えない』って言われた」

 

より芸能活動をしやすいように高校2年生の時に通信制の高校に転校し、卒業しています。

 

転校先の通信制高校につきましては校名などを含めて情報がありません。

 

なお吉高さんの転校先の高校を堀越高校とする情報がありますが、これらは誤りです。

 

かつてWIKIPWDIAにそう記載されていたことが原因のようですが、現在は削除されています。

 

また堀越高校に通信制のコースはありません。

 

【深沢高校の主な卒業生】

奥山佳恵(タレント)

都並敏史(元サッカー選手)

 

そして吉高由里子さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校も全日制から通信制の高校に転校しただけあって、当初から大学進学をするつもりはなかったようです。

 

高校を卒業した年の9月にブレイクするきっかけとなる映画「蛇にピアス」のオーディションで、主役の座を獲得しています。

 

(蛇にピアス 右は高良健吾)

 

ただし主演が決まった数日後に交通事故に遭って、顎の骨を折るほどの重傷を負っています。

 

集中治療室に5日間入院し全治は6か月でしたが、わずか1か月半で仕事に復帰しています。

 

また吉高さんはこの事故に遭ったことは女優としての転機になったとインタビューで話しています。

 

「死も覚悟したその事故を通して、仕事が無くふてくされていた自分が、いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」

 

そして26歳の時にNHKの朝ドラ「花子とアン」のヒロインに起用されて、国民的な人気を得ています。

 

(花子とアン 左は仲間由紀恵)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:世田谷区立深沢中学校 偏差値なし

 

 

吉高由里子さんは小学校卒業後は、地元の公立校の深沢中学校に進学しています。

 

中学時代はタレントの豊田エリーさんと同級生でした(豊田さんは後に転校)

 

(豊田エリー)

 

吉高さんは地元では当時から評判の美少女で、自身でも中学校時代のプリクラを公開しています。

 

 

やはりかなりの美少女ぶりです。

 

(中学校の卒アル)

 

ただし「中学から高校に上がる頃の思春期に両親が離婚したことから、けっこうな苦労もしたようです。

 

両親が離婚後は父親に引き取られて育っています。

 



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:世田谷区立東深沢小学校

 

 

吉高由里子さんの出身小学校は、地元の世田谷区内の東深沢小学校です。

 

前記のように実家はコンビニの「セブンイレブン世田谷日体大店」を経営していました。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

小学校の頃はそろばんや水泳、新体操などの習い事をしています。

 

ところが吉高さんは小学校時代に実家のコンビニで接客する従業員の態度の表裏を見たことで人間不信になってしまっています。

 

 

そのため小学校時代は友達がひとりもおらず、いつも一人遊びをしていました。

 

 

なお吉高さんは小学校6年生の時に詩人で写真家の銀色夏生さんに一目ぼれされて、銀色さんの詩集「バイバイまたね」に写真を掲載されました。

 

 

しかし銀色さんは女優として活躍したのが当時の少女だとはしばらく気づかずに、友達に教えてもらってようやく気づいたとのエピソードも残っています。

 

以上が吉高由里子さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

女優デビュー後は順調にキャリアを重ねて、20歳の時に出演した映画「蛇とピアス」で注目されており、この作品への出演は大きな転機になっています。

 

そして26歳で出演したNHKの朝ドラ「花子とアン」で人気を不動のものとして、以降は話題作の映画や連続ドラマで主演に起用されるほどです。

 

今や絶大な人気を誇る女優のひとりになっていますが、演技力をさらに磨けば大女優に成長する可能性も秘めています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ