大倉忠義の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|関ジャニ∞のメンバーじゃなかった

 

「関ジャニ∞」の大倉忠義さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。高校時代に関ジャニ∞が結成されていますが、実は当初は大倉さんはメンバーから漏れていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

 大倉忠義(おおくら ただよし)

 

 

1985516日生

身長178

血液型はO型

 

大阪府出身の歌手、俳優、タレント

アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバー

本名同じ

 

以下では大倉忠義さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1997年にV6の森田剛に憧れて、自ら履歴書を送ったことがきっかけでジャニーズ事務所入り。 

2000年の「怖い日曜日」で俳優デビュー。 

2002年に関ジャニ∞の結成に参加して、グループは2004年の「浪花いろは節」でメジャーデビュー。 

2006年の「シンデレラになりたい!」でドラマ初主演。 

2012年の「エイトレンジャー」で映画初主演して、以降も「100回泣くこと」や「エイトレンジャー2」などの映画に主演。 

2014年の「Dr.DMAT」で連続ドラマ初主演。

 

大倉忠義の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:大阪府 大阪商業大学高校(中退) 偏差値42(容易)

 

 

 

大倉忠義さんが入学したのは、私立の共学校の大阪商業大学高校です。

 

この高校は1928年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に男子バレーボール部が名門として知られ、多くのVリーグで活躍する選手を輩出しています。

 

大倉さんは小学校時代にジャニーズ事務所入りしたため、高校時代も関西ジャニーズjr.の一員として活動してしています。

 

 

そのため学校で部活動などはおこなっていません。

 

また大倉さんは人見知りな性格で芸能活動もしていたことから、高校時代はなかなかクラスメイトと打ち解けることができなかったそうです。

 

また大倉さんは高校生の時にアルバイトがしたかったようで、父親から「地元のコンビニで一番安い給料を調べてこい」と言われ、同じ時給で父親が経営している店のアルバイトをしたそうです。

 

17歳だった2002年に「関ジャニ∞」は結成されていますが、当初は結成メンバーには選ばれず「関ジャニ∞」のバックダンサーとして活動しており、とても悔しい思いをしていました。

 

しかしドラムを担当していたメンバーが辞めたため、ジャニー喜多川さんはドラムができる人を探しており、その際に安田章大さんと丸山隆平さんが「大倉はリズム感がある」と伝えたことでドラム未経験のまま抜擢されました。

 

 

以前ジャニーさんから「バンドをやってほしい」と言われた際には「ダンスが好きだからやりたくない」と話していたそうですが、これが最後のチャンスだと思い1ヶ月間必死にドラムの練習をしたそうです。

 

ちなみに当時はもうひとりドラムを演奏できる関西ジャニーズjr.のメンバーがスタンバイしており、ツインドラムの構想もあったそうです。

 

しかしジャニーさんがリハーサルで必死にドラムに打ち込む大倉さんの姿を見て関ジャニ∞のメンバーに決定しています。

 

 

またその際には渋谷すばるさんに「チャンスやで。お前が努力して大倉ひとりで十分やって、ことになったらお前の勝ちやで」と励まされたことを明らかにしています。

 

ただし大倉さんはグループ入り当初は他のメンバーは年上ばかりで、コンサートでも「何でこの人が?」というファンの空気感を感じたことからしばらくは「逆境だった」とインタビューで話しています。

 

なおこの頃から仕事が忙しくなったようで、仕事と学業の両立が困難となり高校を中退しています。

 

中退後は通信制の高校(校名不明)に入学していますが、芸能活動が忙しくこの学校も卒業することが出来なかったようです。

 

しかしその後29歳だった2014年に「関ジャニ仕分け∞」の番組企画で高校認定試験への合格を目指しました。

 

プロ家庭教師の指導の下で2ヶ月間で81時間勉強した結果、見事合格をして高卒資格を得ています。

 

ただし大学などには進学していません。

 

そして19歳だった2004年に関ジャニ∞は「浪花いろは節」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

 

すると楽曲は大ヒットして、瞬く間に人気アイドルグループの仲間入りを果たしています。

 

ただしその後に内博貴さんや渋谷すばるさん、錦戸亮さんがグループを脱退しています。

 

そのため関ジャニ∞は現在は大倉さんのほか、横山裕さん、村上信五さん、安田章大さん、丸山隆平さんの5人組で活動しています。

 

 

また大倉さんはその後に本格的に俳優としても活動を開始して、2006年のテレビドラマ「シンデレラになりたい」で初主演しています。

 

 

その後も数々の話題作の映画やテレビドラマにも出演して、俳優としても高い人気を誇っています。

 

スポンサードリンク

 

大倉忠義の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 東大阪市立俊徳中学校 偏差値なし

※現在は東大阪市立布施中学校

 

 

 

大倉忠義さんの出身中学校は、地元東大阪市内の公立校の俊徳中学校です。

 

この中学校は2016年に東大阪市立太平寺中学校と統合されて、現在は東大阪市立布施中学校になっています。

 

大倉さんは中学時代も関西ジャニーズjr.のメンバーとして活動しています。

 

 

その傍らで学校ではテニス部に在籍していました。

 

運動神経がいいため、テニスですぐに良い成績を残せると思っていたようですが、全然ダメだったためすぐに辞めてしまったようです。

 

大倉さんは中学時代に「女の子の体の仕組み」の保健テストで98点を取ったことがあるそうです。

 

中学3年生だった2000年にテレビドラマ「怖い日曜日〜2000〜」に出演し俳優デビューを果たしています。

 

ただし中学2年生から高校1年生頃まではほとんど仕事がなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

スポンサードリンク

 

大倉忠義の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:大阪府 東大阪市立荒川小学校

 

 

 

大倉忠義さんの出身小学校は、地元東大阪市内の公立校の荒川小学校です。

 

家族構成は両親と弟2人の5人家族です。

 

 

父親は居酒屋チェーン「鳥貴族」の社長の大倉忠司さんです。

 

 

周囲からは「金持ち」や「ボンボン」とよく言われるそうですが、大倉さんは「実家の店が大きくなったのはここ最近で、なんもボンボンらしい生活はしてない」と話しています。

 

そのため普通の家庭に育ったようです。

 

 

またお小遣いもジャニーズJr.になった当初から貰っておらず、新聞配達のアルバイト経験もあるようです。

 

大倉さんはとても大食いだそうで、小学3年生の時にカレーライスを食べまくっていたら母親に怒られたそうです。

 

大倉さんは小学4年生の時にV6の森田剛さんに憧れて自ら履歴書を送りました。

 

しかしオーディションの連絡がきたのは履歴書を出してから2年後でした。

 

それでもオーディションに合格して、小学6年生だった1997年9月6日にジャニーズ事務所に入所しました。

 

 

ジャニーズ事務所の同期には錦戸亮さんや丸山隆平さん、安田章大さんらがいます。

 

以上が「関ジャニ∞」大倉忠義さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

中学時代に仕事がなくなったり、当初は関ジャニ∞のメンバーから漏れるなど、かなりの苦労も重ねています。

 

とは言え現在では所属する関ジャニ∞はジャニーズ事務所でも有数の人気アイドルグループに成長しましたし、単独でも俳優として映画や連続ドラマに主演するほどです。

 

 

まだまだ大きく飛躍しそうなので、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ