千原ジュニアの学歴|出身中学校高校や大学の偏差値と学生時代

千原ジュニア(ちはら じゅにあ)

 

%e5%8d%83%e5%8e%9f

 

1974330日生

身長180

血液型はO型

 

京都府出身のお笑い芸人

本名は千原浩史

 

以下では千原ジュニアさんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1989年に、実兄の千原せいじとお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。 

1994年に「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞などを受賞し知名度を上げる。 

2001年のオートバイ事故を起こし、前頭骨骨折などで生死の境を彷徨う。 

2004年ごろからテレビ出演が多くなり、過去に「やりすぎコージー」や「笑っていいとも!」などにレギュラーで出演する。 

また「アメトーク」や「ロンドンハーツ」といった人気番組の準レギュラーを務める。 

本業のお笑い芸人にほか、2000年からは俳優としても活動し、人気シリーズ「新・ミナミの帝王」では主演している。 

また「岸和田愚連隊」や「ナイン・ソウルズ」などの映画にも出演。 

201510月に一般人の女性と結婚。

 

千原ジュニアの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都共栄学園高校中退) 特進コース 偏差値67(超難関)

 

 

千原ジュニアさんが入学したのは、私立の共学校の京都共栄学園高校です。

 

この高校は普通科は偏差値が41程度ですが、千原さんが在籍したのは現在の特進コース(偏差値67)に相当するクラスです。

 

後述するように千原さんは中学校受験の猛勉強の反動で、中学入学後はやる気をなくしています。

 

そのため中学3年生の頃から高校1年生の頃までは不登校になっており、自宅に引きこもりぎみでした。

 

千原さんはいちおう内部進学で高校には進学したものの、めったに登校することはなく、また校内でも誰とも口を利かなかったことから、周囲からも気持ち悪がられてしまいました。

 

そして高校1年生だったある日登校した際に「もうこんなところにいても自分は何も得ることができない!」と思って、学校の帰り道に制服を川に投げ捨ててそれを最後に高校には登校していません。

 

その後は再び自宅に引きこもっていましたが、お笑い芸人を目指していた兄の千原せいじさんが見かねて吉本総合芸能学院(NSC)への入学を勧めて、兄弟で入校しています。

 

そのため千原さんはわずか15歳でNSCに入校しており、同期にはFUJIWARAやバッファロー吾郎さん、なだぎ武さんらがいます。

 

NSCではせいじさんとコンビを結成していますが、せいじさんからネタを作ってこいと言われ、他の生徒の前で披露したところ大爆笑となったことから「俺にはこれしかない、この世界で闘っていくんや」と決意し、高校を2か月で中退しています。

 

そのため大学などにも進学していません。

 

その後は16歳の時に「千原兄弟」としてプロの漫才師としてデビュー。

 

 

千原さんが20歳だった1994年にコンビは若手お笑いコンビの登竜門の「ABCお笑い新人グランプリ」と「上方漫才大賞新人賞」を受賞して注目を集ます。

 

以降はコンビは順調にキャリアを重ねて、人気お笑いコンビに成長しています。

 

スポンサードリンク



 

千原ジュニアの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都共栄学園中学校 偏差値56(中の上)

 

 

千原ジュニアさんの出身中学校は、私立の共学校の京都共栄学園中学校です。

 

中学受験で頑張ったことから、入学当初からやる気がなくなってしまい中学入学が自分にとってゴールだったと述べています。

 

また千原さんは進学校特有の雰囲気にもなじめずに、中学時代は友達がいなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「3ヶ月ぶわぁ~勉強して。後々考えると幸か不幸か受かってしまうんですよ。僕としてはゴールなんですけど、中学生活はスタートやから。始まったら一切友達できないんですよ

 

そのため千原さんは中学校進学当初から、学校は行ったり行かなかったりとなっています。

 

学校に行かない日は部屋で一日中テレビを見る生活をしており、見かねた母親が登校するように言った際には、奇声を上げて拒否したそうです。

 

そのため母親が精神安定剤を食事に混ぜて飲ませたこともあったほどです。

 

中学校3年生の頃には不登校が激しくなってほとんど自宅に引きこもり、数か月間もパジャマ姿で生活しています。

 

ただし中高一貫校だったことから、高校へは進学できています。

 



 

千原ジュニアの学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:京都府 福知山市立雀部小学校

 

 

千原ジュニアさんの出身小学校は、地元福知山市内の公立校の雀部(ささべ)小学校です。

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

 

千原さんは子供の頃は人見知りが激しく、いつも兄にくっついているような少年でした。

 

ただし小学校時代になると悪ガキになっており、悪友と悪さばかりしていたとのこと。

 

そのため友達の親からは千原さんと遊ぶことを禁じられていました。

 

そのことに発奮して、小学校6年生の時には中学受験をして難関校に合格し周囲を見返そうと考えています。

 

そして千原さんは3か月間の猛勉強の末、京都共栄学園中学校に合格しています。

 

 

以上が千原ジュニアさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のようにほとんど高校に通学しないまま中退してしまいましたが、お笑いの世界に入ったことでその才能が開花してます。

その後の活躍は周知のとおりで、現在はコンビよりもピンで活躍し、人気芸人のひとりとなっています。

 

 

どん底の高校時代を考えれば、まさに逆転人生といったところでしょう。

 

見かけによらずかなりの苦労人ですから、末永い活躍を期待したいです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ