星野真里の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

女優の星野真里さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。バラエティ番組などでも活躍している星野さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

星野真里(ほしの まり)

 

 

1981727日生

156

血液型はO型

 

埼玉県上福岡市(現在はふじみ野市)出身の女優

本名は星野真理(結婚前)

 

以下では星野真里さんの出身高校・大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 
1988年から劇団に所属して子役として活動。 

1995年のNHKの朝ドラ「春よ来い」と「3B組金八先生」への出演で注目される。

1997年の「WHO?」でドラマ初主演。

1998年の「虹をつかむ男」で映画初出演。 

2001年の「新・星の金貨」に直前で降板した鈴木あみに代わって主演。

2005年の「さよならみどりちゃん」で映画初主演。 

以降も「ゲゲゲの女房」や「本日は大安なり」、「シンデレラデート」などの連続ドラマに出演。 

私生活ではTBSアナウンサーの高野貴裕と2011年に結婚し、2015年に長女を出産している。

 

星野真里の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:青山学院大学 文学部フランス文学科 偏差値62(やや難関)

 

 

 

星野真里さんは高校卒業後は、青山学院大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通学していたので、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

また星野さんは小学校時代から芸能活動をおこなっていましたが、親に「大学まではちゃんと行きなさい」と言われ続けたことから大学に進学しています。

 

大学では文学部に在籍して、フランス語を学んでいます。

 

テレビ朝日の堂真理子アナウンサーは同じ学部の同期です。

 

また2011年に結婚したTBSのアナウンサーの高野貴裕さんは大学の2年先輩で、学部と学科も同じです。

 

大学在学中はさらに多くの作品に出演し、大学2年生の時には「新・星の金貨」で主演に抜擢されています。

 

 

ちなみにこの連続ドラマの主演は鈴木あみさんでしたが事務所とのトラブルが生じたため降板したことから、急遽星野さんが主演に起用されています。

 

またこの作品の主題歌の「ガラスの翼」で歌手デビューも果たしています。

 

 

以降もコンスタントに話題の連続ドラマに主要キャストとして出演して人気女優になっていますが、意外にも当時は女優を続けていく自信がなかったとインタビューで話しています。

 

「やめたいと思ったことはないんですが、『やっていけるかな、他の道を探した方がいいかな』と思ったことはありました」

 

また星野さんは大学時代も数々の仕事をしていましたが、学業と両立させて大学は無事に卒業しています。

 

 

前記のように大学卒業は親との約束だったので、頑張ったようですね。

 

また大学を卒業した2005年に主演した映画「さよならみどりちゃん」が転機となったそうです。

 

「そんなときに出合ったのが、映画『さよならみどりちゃん』という作品です。この作品で海外の映画祭で主演女優賞を授賞したのですが、『この賞をいただいたからには、女優として覚悟を決めなければ』と思わせてもらいました。栄えある賞に自分が選ばれたからには、それを受け止めてちゃんと歩んでいこうと決意しました

 

この映画では星野さんははじめての映画主演で、ヌードも披露した体当たりの演技で、ナント三大大陸映画祭の主演女優賞を受賞しています。

 

 

 

この映画の演技が評価されたことから、以降も数々の映画やテレビドラマに出演しています。

 

2015年に長女を出産後はドラマのゲスト出演が中心になるなどマイペースな活動が目立ちますが、抜群の存在感で作品を盛り上げています。

 

スポンサードリンク

 

星野真里の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 青山学院高等部 偏差値72(超難関)

 

 

 

星野真里さんの出身高校は、私立の共学校の青山学院高等部です。

 

この高校は1950年開校の青山学院大学の系列の私立高校で、自由な校風が特徴で芸能活動も認めています。

 

また卒業生は原則として青山学院大学に進学できるので、現在はかなりの難関校になっています。

 

星野さんは系列の中学校の出身者で、高校にも内部進学で進んでいます。

 

高校時代はサッカー部のマネージャーを務めていました。

 

 

ちなみに当時はまったくサッカーに興味がなかったそうです。

 

星野さんは小学生の頃から子役としてドラマや映画に出演していましたが、高校生の頃には多くの作品に起用されるようになっています。 

 

仕事面では高校1年生だった1997年に、「WHO?」で連続ドラマにはじめて主演しています。

 

その他にも「イヴ」や「女教師」といった連続ドラマに出演していました。

 

 

なお高校3年生の時に芸名を星野真理から星野真里に改名しています。

 

 

【主な卒業生】

高橋克典(俳優)

蓮舫(政治家)

寺島しのぶ(女優)

三田友梨佳(アナウンサー)

 

星野真里の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 青山学院中等部 偏差値71(超難関)

 

 

 

星野真里さんの出身中学校は、私立の共学校の青山学院中等部です。

 

この中学受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

また中学時代はバレーボール部に在籍して、部活動にも励んでいました。

 

中学1年生の時にNHKの朝ドラ「春よ、来い」に出演しています。

 

またこの年には「3年B組金八先生」にも出演していました。

 

 

金八先生では主演の武田鉄矢さんの娘役を演じていました。

 

スポンサードリンク

 

星野真里の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

星野真里さんの出身小学校は、埼玉県上福岡市(現在はふじみ野市)の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と姉、兄、妹、弟の7人家族です。(5人きょうだいの3番目)

 

 

幼い時の星野さんは非常に引っ込み思案で、人前で話すことが苦手だったそうです。

 

子供の頃からピアノを習っています。

 

また星野さんは小学校の頃から勉強も得意でした。

 

7歳だった1988年から劇団東俳に所属して子役としての活動を開始しています。

 

 

劇団に入団したのは弟が先に入っていたからでした。

 

「もともと母がこういう世界に興味があって、先に弟が劇団に入っていました。そこで運よくテレビに出る機会をいただきまして。私はすごくテレビが好きな子どもだったので、そこに映っている弟を見て『同じことをやりたい!』と両親にお願いして入れてもらいました。」

 

小学校高学年の時には進学塾にも通って、中学校受験に備えています。

 

以上が星野真里さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「新・星の金貨」知名度が上昇後は、数多くの作品に出演してきました。

 

また極度のあがり症のためバラエティ番組への出演は苦手としてきましたが、このところは克服もしたようです。

 

 

未だに根強い人気を誇っており、今後の活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ