安藤サクラの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代や経歴

安藤サクラ(あんどう さくら)

 

安藤サクラ

 

1986年2月18日生

身長162㎝

血液型はA型

 

東京都出身の女優

本名は安藤さくら(結婚前)

 

以下では安藤さくらさんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父は俳優の奥田瑛二、母はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子という芸能一家に育つ。

 

5歳の時に女優になる決意をするが、2006年ごろから舞台や映画に出演。

 

2007年「女帝」のホステス役でドラマ初出演。

 

 

2009年に映画「僕らは歩く、ただそれだけ」では初主演を果たす。

 

当初から演技の評価が高く、2013年の映画「かぞくのくに」でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。

 

 

2016年に映画「百円の恋」で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞。

 

 

テレビドラマでも、NHK朝ドラ「おひさま」や「ショムニ2013」などの話題作に出演

 

 

2016年4月には「ゆとりですがなにか」で、連続ドラマ初主演。

 

 

2018年のNHKの朝ドラ「まんぷく」のヒロインに起用された。

 

 

私生活では、2012年に俳優の柄本佑と結婚した。

 

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:学習院女子大 国際交流学部 偏差値50(普通)

 

安藤サクラさんの出身大学は、こちらも学習院系列の学習院女子大学です。

 

ただし、出身高校の学習院女子高等科の卒業生の約7割は学習院大学に進学することから、学女に進んだ安藤さんは少数派のようですね。

 

安藤さんは高校時代に既に女優を目指して活動をはじめていたようですから、それほど学業に力を入れなかったのかもしれませんね。

 

大学3年生の時に父親の奥田瑛二さんが監督を務めた映画「風の反対側」で降板した女優がいたので、その代役として出演して女優デビューを果たしています。

 

 

そして大学卒業後の23歳で出演した映画「愛のむきだし」の演技が評価され、以降は数多くのテレビドラマや映画に起用されていくことになります。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 学習院女子高等科 偏差値68(難関)

 

 

安藤サクラさんの母校は、学習院女子高等科。

 

学習院系列の中高一貫教育校で、現在は高等科からの募集は停止しているので偏差値は推定となります。

 

学習院女子高等科は女子の皇室関係者の進学先として有名で、数多くの皇族関係者が同校を卒業していることで知られています。

 

なお安藤さんは高校時代に、様々なアルバイトを経験した末に本格的に女優の道を志すことを決意しました。

 

また高校時代は部活動をおこなっていませんが、ヒップホップダンスを習っていました。

 

ちなみに出身小学校から高校までは母親でエッセイスト・タレントの安藤和津さんと同じ学校に通学しています。

 

【主な卒業生】

秋篠宮妃紀子(皇族)

眞子内親王(皇族)

佳子内親王(皇族)

オノ・ヨーコ(音楽家)

とよた真帆(女優)

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:学習院初等科

 

 

出身中学校:学習院中等科

 

 

安藤サクラさんの出身小学校は私立の共学校の学習院初等科です。

 

実は安藤さんは幼稚園、初等科、中等科とすべて学習院の系列校に通っていました。

 

ちなみに学習院初等科の初年度の費用は約150万円もかかります。

 

有名私立小学校は大学よりも経費がかかることで知られていますが、さすが芸能一家の娘ですね。

 

安藤さんは5歳の時に父親の奥田瑛二さんの舞台を見て女優になろうと思いますが、いったんはその夢を封印しています。

 

小学生時代からジャズダンスに取り組んでいます。

 

また小学校時代はけっこうやんちゃで先生に反抗して、何度も母親の和津さんが学校に呼び出されています。

 

小学校時代の文集には「役者になりたい」と綴っています。

 

中学時代はヤンキー漫画に憧れて、中学2年生から3年生にかけてボクシングジムに通っていました。

 

ジムでのトレーニングは厳しかったことから、この際に忍耐と根性を叩きこまれたことをインタビューで語っています。

 

ボクシングをやっていたことから、中学時代は不良と思われたこともあったそうです。

 

また実家は芸能一家で裕福な家庭だったにも関わらず、安藤さんは中学校時代からアルバイトをしています。

 

このあたりの経緯は不明ですが、学生時代はあまり甘やかされて育っていないようです。

 

以上が安藤サクラさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

演技派女優としてキャリアを積んだのちに32歳でNHKの朝ドラ「まんぷく」のヒロインに大抜擢されました。

 

ヒロインの話しが来た際は出産直後だったことから引き受けるか悩みましたが、義母で女優の角替和枝さんに「(この役を)引き受けないなら女優を辞めてしまえ」と言われたエピソードが残っています。

 

また父親の奥田瑛二さんもNHKの朝ドラのヒロインについては、「これは挑戦じゃない、冒険だ」と言われて背中を押されたことを明らかにしています。

 

とは言えさすが演技派で知られる安藤さんだけあって朝ドラでの演技は好評で、今後は出演作が増えていくことが確実視されています。

 

年齢的にも女優として円熟期を迎えますから、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ