満島ひかりの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と子供時代のかわいい画像

 

人気女優の満島ひかりさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。満島さんは三浦大知さんとともに子供の頃から芸能活動をはじめていますが、どのような学生時代を送ったのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、子供時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

満島ひかり(みつしま ひかり)

 

%e6%ba%80%e5%b3%b6

 

19851130日生

身長162

血液型はA型

 

沖縄県出身の女優

本名同じ

 

以下では満島ひかりさんの学歴と経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

満島ひかりの経歴/プロフィールの詳細

 

1995年に沖縄アクターズスクールのオーディションに合格し入校。 

1997年に同校出身者で結成された「Folder」にHIKARIとして参加し、当初のメンバーには歌手の三浦大知もいた。 

2000年に女性アイドルグループ「Folder5」と改編になり、Believe」などがヒットするが、20026月以降はグループとしての活動はなく事実上の解散状態となる。 

2003年から本名でタレント活動を開始し、当初はグラビアアイドルとしても活躍した。 

2005年に「ウルトラマンマックス」で女優デビューし、翌年の舞台「偽伝、樋口一葉」では主演も務めたが、当初はほとんど注目されなかった。 

2009年に出演した映画「愛のむきだし」の演技は各方面で絶賛され、多くの映画賞の新人賞を受賞し注目される。 

2010年の映画「悪人」で日本アカデミー賞にノミネート。 

2011年の「それでも、生きてゆく」で、連続ドラマで初めてヒロインを務める。 

2013年の民放初の主演となった「Woman」の演技が絶賛され、その後も演技派として多くの映画やドラマに出演している。  

私生活では2010年に映画監督の石井裕也と結婚するも、2016年に離婚。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 八雲学園高校 偏差値54(普通)

 

 

 

満島ひかりさんの出身校は、私立の女子校である八雲学園高校です。

 

同校は学業を優先することを条件に芸能活動を認めていることから、古くから数々の女性芸能人を輩出していることで知られています。

 

満島さんは中学時代には既に芸能活動をしていますが、より幅広く芸能活動をするために同校に進んでいます。

 

ちなみに上京直後に東京の乃木坂で「嵐」の二宮和也さんとすれ違いざまに肩がぶつかったことがありました。

 

その際には二宮さんは気づきませんでしたが、満島さんは「東京の人は肌が白いな」と思ったことをインタビューで述べています。

 

高校に入学した当時はアイドルグループ「Folder5」のメンバーで、芸名も「HIKARI」で活動していました。

 

 

ところが満島さんが高校に入学した2001年頃から「Folder5」の人気は翳りを見せはじめています。

 

当時は「モーニング娘。」の全盛期で1強時代でした。

 

そして満島さんが高校2年生だった2002年8月に「Folder5」は8枚目のシングル「MY MIRACLE」を最後に活動を停止してしまいます。

 

 

グループの活動停止は唐突だったことから、満島さんも「え? 終わったの? という感じだった」とインタビューで振り返っています。

 

そのため以降は満島さんは「普通の高校生」になってしまいます。

 

またあまりの環境の変化や精神的な動揺もあったことから、グループの活動停止から半年間は満島さんは現実を受け入れられずに登校拒否にもなっています。

 

とは言え高校3年生だった2003年からは芸名を本名の「満島ひかり」に変更して、グラビアアイドルやタレントとして活動を再開しています。

 

 

ただしグラビアアイドルとしてパッとせず、タレントとしても東京都のローカル局のTOKYO MXの「ゼベック・オンライン」などへの出演がメインでした。

 

なお満島さんは当時から女優を目指していましたがオーディションにまったく受からなかったことから、高校時代は女優としての活動はありません。

 

【主な卒業生】

高畑充希(女優)

西内まりや(女優)

長濱ねる(欅坂46)

今井絵理子(政治家・元SPEED)

梶芽衣子(女優)

 

そして満島ひかりさんは高校卒業後は大学に進学せず、芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した2005年にようやくオーディションを突破して「ウルトラマンマックス」でレギュラーキャストに起用されていますが、さほど注目を集めていません。

 

 

ただしその際にドラマの監督から「役者に向いている」と言われたことから、「その言葉で変わった」とインタビューで述べています。

 

そのため以降もコツコツと作品への出演を重ねています。

 

そして24歳だった2009年に、ヒロインとして出演した映画「愛のむきだし」で女優として大きな注目を集めています。

 

 

この作品はR‐15指定の作品でしたが、満島さんの演技は評価されて各映画賞の新人賞を受賞しています。

 

 

これによって満島さんは一気に人気女優となって、以降は数々の話題作の映画やテレビドラマに出演しています。

 

スポンサードリンク

 

満島ひかりの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:沖縄県 沖縄市立沖縄東中学校 偏差値なし

※卒業は世田谷区立駒沢中学校

 

 

 

満島ひかりが入学したのは、地元沖縄市内の公立校の沖縄東中学校です。

 

後述するように満島さんは小学校時代から芸能活動をおこなっていたことから、中学・高校を通じて部活動などはおこなっていません。

 

中学入学当初は7人組ユニット「Folder」のメンバーでした。

 

 

ただし「Folder」はメインボーカルを務めていた三浦大知さんが変声期を迎えたことから、満島さんが中学校2年生だった1999年ごろから活動を休止しています。

 

またこの頃に満島さんは地元の沖縄県から上京して、世田谷区立駒沢中学校に転校しています。

 

 

中学3年生だった2000年からは「Folder」を再編して、女性5人組ユニット「Folder5」となっています。

 

「Folder5」は同じ年にリリースした3枚目シングル「Believe」がテレビアニメ「ワンピース」の2代目オープニングテーマ曲に採用されたことからヒットして、順調な滑り出しを見せています。

 

 

ただしこの頃が「Folder5」の人気のピークで、前記のように高校時代には活動停止に追い込まれてしまっています。

 

満島ひかりの学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:沖縄県 沖縄市立美東小学校

 

 

満島ひかりさんの出身小学校は、地元沖縄市内の公立校の美東(びとう)小学校です。

 

家族構成は両親と2人の弟、妹の6人家族です。

 

上の弟は俳優の満島真之介さんです。

 

 

両親ともに学校の体育教師という家庭に生まれ育っています。

 

また父方の祖父がアメリカ人のことから、満島さんはクオーターです。

 

なお満島さんは子供の頃からスポーツが苦手で、体育の授業も嫌いでした。

 

両親ともに教師だったことから、小学校時代の夢は教師になることでした。

 

そして10歳だったころに沖縄アクターズスクールの第二の安室奈美恵さんを発掘するオーディションでグランプリを獲得しています。

 

 

そのためこのスクールに半年間無料で通うことのできる特権もゲットしています。

 

ただしスクールがあった那覇市にはバスで片道1時間半かけて通学しています。

 

そして11歳だった1997年に「Folder」が結成されてデビューしています。

 

 

ちなみに「Folder」のボーカルを務めた三浦大知さんとは当時から仲が良く、現在に至るまで親交があります。

 

「Folder」はこの年に「パラシューター」でメジャーデビューし、短期間ですがヒット曲を連発しています。

 

 

なお小学校6年生の頃には子役女優として映画「モスラ2」でデビューもしています。

 

 

以上が満島ひかりさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

アイドルとしてデビュー後は順風満帆にキャリアを重ねましたが、グループ解散後は鳴かず飛ばずの時期も経験しています。

 

ところが決して諦めずに地道な活動を重ねた結果、現在では演技派女優の上位に挙げられるほどになりました。

 

 

満島さんの確かな演技は業界でも定評があり、今後も多くのドラマや映画への出演を控えています。

 

そろそろ女優としても円熟期を迎えることから、さらなる進化にも注目ですね。

 

三浦大知の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と子供時代のダンスや画像

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ