張本智和の学歴と経歴|出身小学校や中学校高校の偏差値

 

張本智和(はりもと ともかず)

 

 

2003627日生

身長172

 

宮城県出身の卓球選手

旧姓は張智和

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

両親はともに中国出身の元卓球選手で、妹の張本美和も卓球選手。

 

2歳から卓球をはじめて、小学校1年生だった2010年に全日本卓球選手権のバンビの部で優勝。

 

2016年にオリンピックの有力選手の育成機関JOCエリートアカデミーのメンバーに選ばれる。

 

20175月に史上最年少の136か月で世界選手権日本代表に選出(シングルスでベスト8まで進出)。

 

 

同年8月のチェコオープンでツアー初優勝を飾り、ワールドツアー史上最年少優勝記録を更新。

 

 

2018年の全日本卓球選手権ではジュニアの部と一般の部で優勝。

 

同年6月の荻村杯では、リオデジャネイロオリンピック金メダルの馬龍とロンドンオリンピック金メダルの張継科(ともに中国)を下して優勝した。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:仙台市立東宮城野小学校

 

出身中学校:東京都 北区立稲付中学校

 

張本智和さんは仙台市立東宮城野小学校を卒業後に、JOCエリートアカデミーのメンバーに選出されたことから、東京に転居して北区立稲付中学校に進学しています。

 

同校は公立中学校なので偏差値はありません。

 

両親はともに元卓球選手で、特に母親は1995年の世界選手権に中国代表として出場したほどの実力者です。

 

幼少期より卓球のエリート教育を受けていますが、母親は教育熱心だったことから勉強を終わらせないと卓球の練習もできませんでした。

 

小学生の頃は進学塾にも通っており、学校の成績はトップクラスであったばかりか、学力テストで宮城県のトップ10に入ったこともあるほどです。

 

また中学生になると卓球選手として大いに進化を遂げていますが、海外遠征にも教科書や参考書を持参するなどで、学校の成績も良好とのことです。

 

現時点では進学希望の高校については明らかにしていませんが、海外遠征などを考えると私立高校に進学するのが有力視されています。

 

そのため福原愛さんらも在籍して、サポート体制が万全である青森山田高校の名前も挙がっています。

 

また平野美宇さんのように通信制の高校に進学しながら、卓球選手としてキャリアを積む選択肢も考えられます。

 

いずれにしても張本智和さんは将来の日本卓球界を背負っていく逸材であることは間違いなさそうで、オリンピックでも金メダルを狙えるほどの素質を有しています。

 

彼の活躍なくして「卓球王国ニッポン」の復活はありないでしょうし、今後のさらなる成長にも期待が膨らみます。

 

今後のさらなる大活躍を願いたいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ