小芝風花の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

小芝風花

 

小芝

 

1997416日生

身長156

 

大阪府出身の女優

 

(経歴)

 

スポンサードリンク



 

201111月にオスカープロモーションのオーディションで、

グランプリを受賞して芸能界入り。

 

小芝 オーディション

 

翌年の7月にドラマ「息もできない夏」で女優デビュー。

 

「ドクターX」や「緊急取調室」などの人気の連続ドラマの出演を経て、

2014年に主演作「魔女の宅急便」で映画デビュー。

 

小芝 魔女

 

同作の演技でブルーリボン賞や日本映画批評家大賞の新人賞を受賞。

 

同年に倉木麻衣の「Wake me up」のPVに出演。

 

その後は「セカンド・ラブ」「HEAT」などの出演を経て、

2015年「夕陽伝」で舞台初出演。

 

2016年にNHKの朝ドラ「あさが来た」でヒロインの娘役に抜擢され

知名度を上げる。

 

その後も「早子先生、結婚するって本当ですか?」や「下剋上受験」

などのドラマに出演。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 日出高校 通信制 偏差値なし

 

小芝風花さんの出身校は、芸能人御用達で知られる日出高校です。

 

14歳の時にオスカープロモーション入りした小芝さんは、地元大阪堺市の

中学校から日出中学に転校し、高校からは通信制に進学します。

 

芸能界入りするまではフィギュアスケートに取り組んでいて、

西日本小中学生大会で8位に入賞するなどの成績を残しています。

 

そんな特技もあって、高校1年生の時には「スケート靴の約束~

名古屋女子フィギュアスケート物語~」というドラマにも起用されています。

 

小芝さんの高校時代の詳細はあまり知られていませんが、高校1年生の時に

映画「魔女の宅急便」の主演に抜擢され、高校3年生の時にはNHKの朝ドラに

出演しています。

 

そのため仕事中心の高校時代だったようです。

 

小芝 高校

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

小芝風花さんは高校卒業後は大学に進学せずに、女優活動に専念します。

 

期待された「魔女の宅急便」の映画は演技自体は評価されましたが、

興行収入が今ひとつでしたので知名度も上がりませんでした。

 

しかし高校3年生の時に出演した朝ドラの「あさが来た」で、

彼女の人気にも火がつきます。

 

その後は期待の若手女優のひとりとして、連続ドラマの話題作にも

顔を出すようになりました。

 

期待が高かった割にはやや遠回りをしましたが、年齢的にも大きく

成長するでしょうから、今後の活躍にも期待です。

 

【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ