池江璃花子の学歴|出身大学高校中学校小学校の偏差値

 

池江璃花子(いけえ りかこ)

 

 

200074日生

身長170㎝ 体重56

 

東京都出身の競泳選手

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

兄と姉がいる。

 

310か月の頃から水泳をはじめる。

 

 

小学校3年生の頃から全国レベルの大会に出場し、2010年のジュニアオリンピックカップ(JOC)では唯一の小学校3年生ながら3位に入賞する。

 

2015年の全日本選手権で50mバタフライで優勝して、中学生にして初制覇。

 

 

2016年日本選手権などの活躍で、日本競泳史上初となる7種目でのリオデジャネイロオリンピックの出場が決まる。

 

同年のリオデジャネイロオリンピックでは100m個人バタフライで日本新を記録し、自由形でも3つの高校新を記録するが、100mバタフライでの5位入賞が最高成績。

 

 

20184月のパンパシフィック選手権代表選考会で、6つの日本新を記録して4種目を制覇した。

 

 

2018年8月のアジア大会で日本人史上初の6冠を達成した。

 

 

学歴~出身小学校・中学校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:東京都 江戸川区立西小岩小学校

 

出身中学校:東京都 江戸川区立小岩第四中学校

 

池江璃花子さんは江戸川区立西小岩小学校を経て、江戸川区立小岩第四中学校に進学しています。

 

いずれも公立の学校のため、偏差値はありません。

 

母親が幼児教育の専門家で幼児教室を運営していることから、池江さんも0歳から12歳まで教室に通っています。

 

幼児教室では雲梯を取り入れており、池江さんも子供の頃からやっていました。

 

 

3歳から姉の影響で水泳をはじめています。

 

なお池江3きょうだいは非常に仲が良く、末っ子のためお姉さんやお兄さんに子供の頃から可愛がられています。

 

小学3年生から全国大会に出場するほどのレベルとなって、小学6年生の時にはJOC春季大会で50m自由形で優勝して、はじめて全国優勝を経験しています。

 

中学に入学後はより高いレベルを求めてルネサンス亀戸に移籍。

 

すると競泳選手として大きな成長を遂げて、中学2年生の時には従来の中学記録を続々と更新するほどになります。

 

そして中学校3年生で日本選手権を制して、19年ぶりの中学生全日本チャンピオンになっています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 淑徳巣鴨高校 偏差値5664

 

池江璃花子さんは高校卒業後は、私立の共学校の淑徳巣鴨高校に進学しています。

 

同校は特に水泳部が全国的な強豪として知られ、オリンピックに出場する選手も輩出しています。

 

また同校は特進(偏差値56)、選抜プレミアム(同62)、選抜アルティメット(同64)の3つのコースを設置していますが、池江さんがどのコースに在籍しているかは不明です。

 

また恐らく入学は一般受験ではなく、水泳でのスポーツ推薦と思われます。

 

高校時代も進化をし続け、史上初の7種目でのオリンピック出場を成し遂げています。

 

また高校3年生の頃には急激な進化を遂げて、泳ぐたびに「自己ベスト=日本新」を更新し、アジア大会でも史上初となる6冠を達成し、大会MVPとなっています。

 

そんな池江さんですが外での重圧などの反動か、家ではほとんど水泳の話はしないそうです。

 

 

学歴~出身大学

 

出身大学:日本大学 スポーツ科学部 偏差値50(普通)

※2019年4月から進学予定

 

池江瑠璃子さんは高校卒業後は、日本大学のスポーツ科学部に進学します。

 

一般受験での入学ではなく、AO入試での進学です。

 

日大はアメフト部の悪質タックル問題などもありましたが、1学年上の親友の長谷川涼花選手も同大の水泳部に在籍することや新コーチの三木次郎さんの母校が同大だったことから、この大学に進学したようです。

 

池江さんの大学進学にあたりましては、競泳強豪校の早稲田大学や中央大学、東洋大学らとの大争奪戦になったと言われています。

 

このまま故障することなく成長していけば、東京オリンピックでは有力なメダル候補となるはずです。

 

既に日本女子競泳界をけん引していく存在となっていますが、さらなる大きな飛躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ