永野芽郁の学歴|高校中学校や大学の偏差値と高校時代

 

 

永野芽郁(ながの めい)

 

 

1999924日生

身長163

 

東京都出身の女優、モデル、タレント

本名同じ、血液型はAB型

 

以下では永野芽郁さんの学歴、中学校・高校の偏差値、小学生時代・中学生時代・高校時代のエピソードのまとめを紹介していきます。

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:進学せず

 

永野芽郁さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

通信制の高校に通学していただけに、当初から大学進学の意思はなかったようです。

 

永野さんもブログで高校卒業を報告するとともに、社会人になったことを明言しています。

 

そして高校を卒業した年にヒロインを務めたNHKの朝ドラ「半分、青い。」では佐藤健さんや志尊淳さんらとともに熱演して、ドラマも高視聴率を記録しました。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:クラーク記念国際高校 通信制 偏差値なし

 

(北海道本校)

 

永野芽郁さんの出身校は、通信制のクラーク記念国際高校です。

 

同校は広域性の通信制高校で、全国各地の多数のキャンパスを開校しています。

 

またこの高校は普通科にあたる総合進学コースのほか、演技やダンス、歌などを学べるパフォーマンスコース、英語に特化したインターナショナルコース、保育や福祉などの多様のコースを設けており、生徒の進路をサポートしています。

 

このところ芸能人の在籍も増えており、堀越高校や日出高校に次ぐ存在になりつつあります。

 

女優の北川景子さんやHKT48の指原莉乃さん、ファッションモデルの森泉さんや俳優の市原隼人さんらも同校の卒業生です。

 

永野さんは中学生の頃には既に様々な映画やドラマに出演していたことから、より幅広く活動できるように通信制のこの高校に進学しました。

 

同校ではパフォーマンスコースに在籍しており、勉強とともに演技やダンスなども学んでいます。

 

また高校1年生の時に広瀬すずさんの後任として、若手女優の登竜門としても知られる全国高校サッカー選手権の第11代応援マネージャーに就任しています。

 

 

ちなみに堀北真希さんや新垣結衣さん、広瀬アリスさんらの人気女優も全国高校サッカー選手権の応援マネージャーの経験者です。

 

また同じく高校1年生の時にファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されています。

 

 

ちなみに同時期の「SEVENTEEN」の専属モデルには広瀬すずさんや中条あやみさん、飯豊まりえさんや藤井サチがおり豪華な世代でした。

 

(広瀬すずさんと)

 

同じく高校1年生の時にオーディションを勝ち抜いてヒロイン役を獲得した映画「俺物語!!」で女優として注目されています。

 

(左から坂口健太郎、鈴木亮平、本人)

 

そして高校2年生の時には「こえ恋」で連続ドラマにはじめて主演として起用されています。

 

 

ドラマや映画などで知名度が上昇したことから、高校2年生からUQモバイルのCMにも起用されています。

 

(左から永野芽郁、深田恭子、多部未華子)

 

さらには高校3年生の時にはオーディションを勝ち抜いてNHKの朝ドラ「半分、青い。」のヒロインの座を射止めています(放映は卒業後)。

 

 

若手女優の登竜門として知られているNHKの朝ドラですが、永野さんはヒロイン役が決定した際には、インタビューで次のように話しています。

 

「オーディションではいつも通り力を抜いて自由にやっていたので、やる気が伝わったのかが心配で、周りには「落ちました。無理です」と言っていました。だから、決まったときは「まさか、どういうこと?」ってパニックでした。母にはヒロイン発表会見の10分前に連絡すると、泣きながら「おめでとう」と言ってくれたので、親孝行できたと思いました」

 

まさに高校時代に女優としては大きく飛躍した永野さんでしたが、学業と仕事の両立にも頑張っていました。

 

永野さんは高校時代の思い出として誕生日の日に自分のロッカーを開けると、カラフルな装飾が目に飛び込んできて、背後からクラッカーが鳴り、ふり向くとクラスのみんなが「おめでとう」と祝福してくれたエピソードを語っています。

 

想像もしなかったサプライズに、感動して泣いてしまったとのこと。

 

(その時の写真)

 

なお永野さんは高校3年生の時には朝ドラの撮影と5本もの映画に出演して、なおかつファッション誌「SEVENTEEN」のモデルとしても活動しており、超多忙な日々を送っていました。

 

それでも撮影の前後の短い時間などを使って高校に登校し、勉強して仕事と学業の両立を図っています。

 

また所属事務所のスターダストプロモーションやマネージャーの協力などもあって、高校時代の学校行事にはほとんど参加したとも語っています。

 

高校3年生の時の学園祭の時には「ひるなかの流星」の撮影とバッティングしていたことから、本人も学園祭への出席を諦めかけていますが、スケジュールを工面して何とか出席しています。

 

(ひるなかの流星・左から三浦翔平、永野芽郁、白濱亜嵐)

 

また高校時代の好きだった科目は「地学」だと話しています。

 

仕事の都合で地学の授業は数回しか出席できませんでしたが、中学の頃から天文学が好きで、もし大学に行ったならば天文学部に入りたかったとも言っています。(ただし天文学部を設置している大学はない)

 

永野さんは高校生活を振り返って、「仕事と学業の両立が思ったより大変だと考えることも多々ありました」とコメントしていますが、一方で「高校3年間はあっという間だと聞くけれど、こんなにすぐ終わるのかというほど一瞬で時が過ぎて、でもとっても色んなことがあったから充実感と達成感はとてもあります」とモデルプレスのインタビューで結んでいます。

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:西東京市立田無第三中学校

 

 

永野芽郁さんの出身中学校は、地元の西東京市の公立校の田無第三中学校です。

 

中学時代は仕事の都合で日焼けができないことから、3年間陸上部に「仮入部」していたと語っています。

 

また芸能活動の傍ら中学2年生でギターをはじめており、後にエレキギターも弾けるようになっています。

 

2016年に夏フェスの「未確認フェスティバル」の応援ガールを務めた際に、ギターの腕前も披露しています。

 

 

またこの際は将来的に作詞・作曲をしたいと語っており、好きなミュージシャンはレッド・ホット・チリペッパーズやスティービー・ワンダー、ウルフルズや安室奈美恵とのこと。

 

さらには当時からサックスも吹くことができたようです。

 

 

後にドラムもマスターして、ストレス発散のために叩いているとインタビューで語っていますが、永野さんはかなり器用なようです。

 

永野さんは高校卒業後ですが、ドラムを演奏する姿を公式インスタグラムで公開しています。

 

 

後述するように10歳の頃から子役として活動しており、中学時代も女優として数々のテレビドラマや映画に出演しています。

 

中学1年生の時には映画「るろうに剣心」に出演していました。

 

 

また中学2年生の時に出演した映画「繕い裁つ人」は女優としてのターニングポイントになったと話しています。

 

 

それまでは女優を辞めたいとも思ったそうですが、この映画の撮影中は体調不良の上、地方でのロケでしたが母親に電話して弱音を吐くことなく最後までやり遂げています。

 

そのため自分が本当に女優の仕事を好きであることに気づいて、女優を続けていく上での自信にもつながったとインタビューで語っています。

 

また中学3年生の時に映画「俺物語」のオーディションを勝ち抜いてヒロイン役を勝ち取っていますが、この頃からオーディションが好きになってきたとインタビューで語っています。

 

緊張などでオーディションを嫌がる女優も多いなか、中学時代からなかなかの大物ぶりを発揮しています。

 

 

なお永野さんは中学時代にカナダに語学留学したかったことをインタビューで語っています。

 

仕事の都合で実現しませんでしたが、高い向学心を持っていたようで、英語も得意なのかもしれません。

 

現在でもどこかのタイミングで休みをとって、カナダにホームステイしたいと語っています。

 

学歴~出身小学校

 

出身小学校西東京市立田無小学校

 

 

永野芽郁さんの出身小学校は、地元の公立校の西東京市立田無小学校です。

 

家族構成は両親と3歳年上の兄で家族仲や兄弟仲は現在まで非常にいいとのことです。

 

(兄と)

 

ちなみに永野さんのイケメンの兄はアメリカに留学中との情報もあり、また永野さんは4歳か5歳の頃に家族で海外に長期滞在したことをインタビューで話しており、そのため実家は比較的裕福との憶測もあります。

 

ただし父親の職業などは明らかになっていません。

 

幼少期から母親に似て活発な少女で、女優として活動するようになってからも母親には何かと相談しており、尊敬もしているとのこと。

 

 

幼少期から小学生時代は新体操をおこなうなど、スポーツも得意だったようです。

 

 

永野さんの小学生時代の一輪車や新体操をやっている動画がありました。やはり運動神経はよさそうです。

 

 

また小学校時代から絵を描くことが好きで、現在も仕事の合間を縫って水彩画を描いているそうです。

 

小学校3年生の時に吉祥寺のサンロードでスカウトされて芸能界入りすると、翌年には映画で子役女優デビューを果たしています。

 

さらには小学校4年生の時には「ニコ☆プチ」のレギュラーモデルに起用されるなど、瞬く間に人気子役モデルとなっています。

 

 

さらに小学校5年生の時に映画「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で子役女優としてデビューを飾っています。

 

 

しかし当時は芸能界にまったく興味がなく、外で遊ぶのが大好きだったので、日焼けを気にしなければならないなど、嫌なことが多かったと語っています。

 

子役時代に事務所のレッスンを重ねるうちに同世代の友達もでき、一緒に頑張って行こうという気持ちが芽生えたと語っています。

 

また小学生の頃に琴を習っており、小学校5年生の頃からウクレレを習いはじめるなど、当時から音楽好きの一面も覗かせています。

 

当時の貴重な動画がありましたので、ご紹介します。

 

 

やはり子役時代からかなりかわいいですね。

 

ちなみに勉強は「嫌いだった」と話していますが、苦手だったかどうかは不明です(頭がいいとの情報もあり)。

 

なお子役時代から同じ事務所に所属していた葵わかなさんとは仲良しで、現在も交流が続いているとのこと。

 

葵さんと仲良くなったきっかけは小学生の頃のオーディションの帰りに一緒にラーメンを食べたことで、それからよく話すようになったそうです。

 

このふたりは後にともにNHKの朝ドラのヒロインを務めており、バトンタッチもしています。

 

 

以上が永野芽郁さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

またNHKの朝ドラのヒロインを務めたことで女優としてもさらなるブレイクを果たし、新たなファン層も獲得してブログやインスタグラムも大いに注目を集めています。

 

高校を卒業したことで、今後はさらに多くの作品に起用されることは確実です。

 

子役出身だけあって演技力には定評があるので楽しみです。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ