二宮和也の学歴|出身高校中学校の偏差値や高校時代や経歴

 

二宮和也(にのみや かずや)

 

%e4%ba%8c%e5%ae%ae%e5%92%8c%e4%b9%9f

 

1983617日生

身長168cm

血液型はA型

 

東京都葛飾区出身の歌手、俳優

アイドルグループ嵐のメンバー

本名同じ、愛称はニノ

 

以下では二宮和也さんの学歴と経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

家族構成は両親と姉。

 

1996年にいとこが勝手に履歴書を送り、オーディションを受けた末にジャニーズ事務所入り。

 

 

1997年舞台「Stand By Me」で俳優デビュー。

 

1998年「天城越え」でテレビドラマ初出演。

 

 

19999月に大野智、櫻井翔、松本潤、相葉雅紀とともに嵐としてメジャーデビュー。

 

同年の「あぶない放課後」で連続ドラマ初主演。

 

 

その後も「Stand Up!!や「拝啓、父上様」などの人気作の連続ドラマに主演する。

 

 

2003年の「青の炎」で映画初主演を果たすと、日米合作映画「硫黄島からの手紙」の演技が絶賛され、日本アカデミー賞にノミネートされる。

 

 

その後も「弱くても勝てます」や「GANTZ」などの話題作に主演。

 

ジャニーズjr時代から演技力には定評があり、ジャニーズの中でも屈指の演技派のひとりで多くの演技賞を受賞している。

 

2017年のNHK紅白歌合戦では白組の司会を務める。

 

 

また歌手としては作詞や作曲もおこない、「虹」や「メリークリスマス」、「MUSIC」などのソロ曲も多い。

 

 

「生活の8割はゲーム」と語るほどのゲーム好きで、「ドラクエ」などがお気に入り。

 

学歴~出身大学の詳細

 



出身大学:進学せず

 

二宮和也さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念します。

 

高校に入学した動機が後述のようなものだったので、やはり学業ではなく仕事に邁進しました。

 

また当時は既に所属グループの嵐はアイドルとしてかなりの人気を誇っていましたし、自身の初の主演映画「ピカ☆ンチ」も控えていたので、大学進学どころではなかったようです。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 立志舎高校 通信制 偏差値なし

※通学コースの偏差値は36

 

【公式HP】

https://www.risshisha.ed.jp/

 

二宮和也さんの母校は私立の共学校の立志舎高校です。

 

全日制のほか通信制の過程も設けており、他校の中退者などを幅広く受け入れていることで知られています。

 

また週1日のみ登校の通信制は芸能人にも人気で、モーニング娘。の吉澤ひとみさんや赤西仁さん(中退)、A.B.C.-zのメンバーなども在籍していました。

 

学生時代から勉強が苦手でしたが二宮さんは最低限高校だけは卒業しておこうと思い、この高校に入学(土曜通学コース・通信制)しています。

 

なお二宮さんがこの学校にしたのは設立された年で、そのため同校の第1期生にあたり、高校時代は先輩はいませんでした。

 

当初は同じ嵐のメンバーの松本潤さんと同じ高校(堀越高校トレイトコース:偏差値37)に通うことも検討しましたが、自分のペースで勉強できる通信制の同校に進学しています。

 

高校時代はあまり友達もおらず、ひとりで行動することが多かったと語っています。

 

また高校生活もあまり充実していなかったようで、週刊「ポスト」のインタビューには次のように答えています。

 

高校の頃、「何やってもおれのせいになっちゃってね。物がなくなっても、なんかおれのせいになるし」。以前の取材で二宮和也は高校でのつらい記憶を語っていた。いじめに対して二宮和也がとったのが、何もリアクションをしないことだった。そうすると、面白くなくなったのか、二宮和也に対するいじめはなくなったという。二宮和也はさらにこういっている。「その高校のいじめ自体が解決したわけではなく他の子に的が移った。だから、おれの中で終わってない」二宮和也はまだ高校であったいじめの過去を引きずっている様子。

 

テレビ番組で見る二宮さんの快活なイメージにしては、やや意外に思えますね。

 

このエピソードに関して実際に二宮さんが語っている動画がありました。

 

また二宮さんは頭の回転が速く、切れ者ということですから、芸能活動をしていなければ、もっと上のレベルの高校に進学できたはず。

 

まさに彼にとって高校は「卒業」だけが目的だったようです。

 

加えてインターネット上には高校時代に両親が離婚したとの情報もありましたが、真相は不明です。

 

とは言え高校時代の躍進はすさまじく、高校1年生の時に嵐のメンバーとしてメジャーデビューを果たすと、瞬く間にトップアイドルに上り詰めています。

 

またグループでの活動のほか高校時代には立て続けに話題の連続ドラマに起用され、人気俳優としての地位を築いています。

 

「あぶない放課後」(高校1年生・連続ドラマ初主演作)

 

 

「Vの嵐」(高校1年生・主演)

 

 

「涙をふいて」(高校2年生)

 

 

「ハンドク!!」(高校3年生)

 

 

そんな二宮さんですが実は高校時代に嵐ばかりではなく、ジャニーズ事務所も辞めようと思ったエピソードをインタビューで語っています。

 

「ぼくは高校1年生の秋(1999年)に嵐のメンバーになったんですけど、嵐になる前からジャニーズを辞めるってジャニーさんに宣言していたんですよ。嵐も期間限定のグループだと思ってたから、9月に結成してもワールドカップバレーボールが終わる頃には辞めようと思ってたの」

 

嵐はデビュー直後から売れに売れていましたが、当時の二宮さんがこのような心境であったことはちょっと驚きです。

 

ちなみに二宮さんがジャニーズ事務所を辞めようと思った理由は、舞台の演出家になりたかったからでした。

 

なお作詞・作曲のできる二宮さんですが、高校2年生の頃からパソコンを使って曲づくりをはじめています。

 

 

【主な卒業生】

高野人母美(女子ボクサー)

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:葛飾区立新小岩中学校

 

【公式HP】

http://school.katsushika.ed.jp/shin_koiwa-j/html/

 

二宮和也さんの出身中学校は、地元葛飾区の公立校の新小岩中学校です。

 

中学1年生の時にジャニーズ事務所入りしていますが、もともとは芸能界に興味はありませんでした。

 

いとこがジャニーズ事務所に履歴書を送ったことでオーディションに呼ばれていますが、オーディションの日が野球の試合と重なったことから当初は断るつもりでした。

 

しかし母親が「人に何かを見てもらうことはなかなかないことだから」ということで「経験」のために行くことを勧められています。

 

それでも二宮さんは渋ったことから母親は5000円をあげると言ったことから、二宮さんは喜んでオーディションに行ったエピソードを「徹子の部屋」で語っています。

 

またオーディション会場では二宮さんはひとりだけ踊らずに後ろで見ているだけでした。

 

この時に「なんで踊らないの?」と聞かれて、「見りゃわかるじゃん。狭くて踊れないだよ」と答えていますが、その返事の相手はなんとジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんでした。

 

そのやり取りでジャニーさんに気に入られた二宮さんでしたが、本当にオーディションには合格する気はなかったようですね。

 

以降はジャニーズJr.としての活動を開始していますが、当時は自分を表現することが苦手で、テレ以降はビドラマのオーディションなどにも立て続けに落ちたことを明らかにしています。

 

(中学時代)

 

しかし中学1年生の終わりごろにテレビドラマデビューを飾ると、演技も高い評価を受けて、中学3年生の時には中村玉緒さん連続ドラマ「あきまへんで」に起用されるほどになっています。

 

 

他にも舞台などにも出演しており、中学時代の後半は仕事で多忙だったはずです。

 

(中学時代の卒アル)

 

学歴~出身小学校

 

スポンサードリンク



 

出身小学校:葛飾区立上平井小学校

 

【公式HP】

http://school.katsushika.ed.jp/kami_hirai-e/html/

 

二宮和也さんの出身小学校は地元東京都葛飾区内の公立校の上平井小学校です。

 

父親は調理学校「服部栄養専門学校」の先生を務めており、母親はその生徒でした(母親も調理師免許を持っている)。

 

また祖父は新小岩でワイパーの部品の工場を経営していたとのこと。

 

二宮さんは兄弟が姉で近所に住むいとこがすべて女子だったこともあってか、保育園の頃から非常におとなしい子供でした。

 

 

小学校低学年の頃は「金太郎」とあだ名をつけられてイジメられたこともあり、登校を拒否したこともあったそうです。

 

二宮さん自身も小学生の頃は「友達なんかいなくてもいいと思っていた」と語っており、当時はあまり積極的ではなく、自分が話題の中心にいるのは嫌だったと回想しています。

 

どうやら子供の頃は団体行動が苦手だった二宮さんですが、小学生時代には少年野球のチームに入っており、野球には熱中しています。

 

また小学生の頃の夢はプロ野球選手になることで、小学生時代から運動神経は非常によかったとのことです。

 

 

以上が二宮和也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

その後の活躍は周知のとおりで今ではアイドルとしてはもちろんのこと、俳優としてもトップクラスの人気を誇ります。

 

ブログやインスタグラムなどのSNSはおこなっていませんが、その動向は常に多くのファンから注目を集めています。

 

またかねてから交際しているという伊藤綾子アナウンサーとの結婚話もたびたび週刊誌やスポーツ新聞の紙面をにぎわせています。

 

加えて特筆すべきは、彼の人柄の良さ

 

ファンだけではなく、スタッフ間でも評判がよく、至る所でその人柄の良さが指摘されています。

 

このあたりは学生時代にいじめにあった経験も大きいように思われます。

 

俳優としては押しも押されぬ人気を誇り、これまで有村架純さんや佐々木希さん、竹内結子さん、土屋太鳳さんといった並み居る人気女優と共演してきました。

 

今後もテレビや映画に出演作は目白押しですが演技にさらなる磨きをかけて、大きく飛躍してほしい俳優のひとりです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ