ロザン宇治原史規の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学入試で失神していた!

 

「Qさま」などのクイズ番組でお馴染みの「ロザン」宇治原史規さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。頭脳明晰で知られる宇治原さんですが、実は大学入試で失神したことがありました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

宇治原史規(うじはら ふみのり)

 

 

1976420日生

身長177㎝ 体重58kg

血液型はB型

 

大阪府四条畷市出身のお笑い芸人

お笑いコンビ「ロザン」のツッコミ担当

本名同じ

 

以下では「ロザン」宇治原史規さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




  

宇治原史規の学歴~出身大学の詳細

  

スポンサードリンク

 

出身大学:京都大学 法学部 偏差値68(超難関)

 

 

 

宇治原史規さんは高校卒業後は、京都大学に進学しています。

 

在籍したのは法学部で、文系の学部では東京大学法学部と並んで国内最難関の学部として知られています。

 

宇治原さんはこの大学に現役合格していることから、学力が非常に高かったことが窺えます。

 

なおセンター試験の際にはわからない問題が出て一時失神するというアクシデントに見舞われましたが、無事に大学は合格しています。

 

ちなみ高校時代にお笑い芸人になることを決意して、お笑い芸人になった時には「京都大学卒」という肩書が絶対に売りになると思ってこの大学に進学したことをインタビューで話しています。

 

「プリンセストヨトミ」などの作品で知られる作家の万城目学さんは、大学の同級生です。

 

また宇治原さんは大学時代はイベントサークルに在籍していました。

 

 

また大学時代は家庭教師のアルバイトをおこなっていました。

 

その際には怒ったりせずに、優しく教えていたことをインタビューで話しています。

 

「そういえば、僕は人を叱ったり、怒ったりすることが苦手なんです。大学生のとき、家庭教師のアルバイトで、教え子に「これじゃダメだ」と思っても、「……じゃあ、こうしてみようか〜」(笑)と、優しく教えていました。子どものときに親から強い言葉を使われたことがないので、自分の中に、そういう言葉の引き出しがないんですよ。そのことは両親に感謝していますが、家庭教師としては、ちょっと頼りなかったかもしれないですね(笑)」

 

当初は大学入学直後からお笑い芸人を目指そうと思っていますが、相方の菅広文さんが大学受験に失敗して1年間浪人したことから、菅さんが大学に進学した1996年(大学2年次)から本格的にお笑い芸人を目指しています。

 

ただしその際には親に猛反対されたことから、大学はあえて卒業しないで留年することにしたと宇治原さんはインタビューで話しています。

 

「当然、親は大反対。「成功するわけがない。ダメだったら、仕事や年金はどうする?」と失敗する前提で言ってくるわけですが、僕は「失敗するわけがない」と思ってますから、話は全く折り合わない。結局そのときは、大学は卒業せずに留年して就職活動ができる可能性を残すという折衷案で落ち着きました」

 

確かに京都大学といった最難関大学に進学したくらいですから、親の反対もわかる気がしますね。

 

ちなみに大学は休学や留年を繰り返して、トータルで9年在籍して2004年3月に卒業しています。

 

大学2年生だった1996年に菅さんとお笑いコンビ「ロザン」を結成しています。

 

 

またコンビも当初はオーディションに落ちまくるなど、売れるまでに苦労を重ねています。

 

 

大学4年生だった1998年に、ようやくオーディションに合格して吉本興業に所属しています。

 

なおその際には当時は京都大学と大阪府立大学という異例の高学歴コンビだったことから、関西のスポーツ新聞社全社から取材を受けています。

 

 

そして宇治原さんが26歳だった2002年からクイズ番組に起用されて、知名度が上昇しています。

 

30歳だった2006年に「平成教育委員会」のレギュラーに起用されてブレイクしています。

 

 

以降はコンビでの活動のほか、「Qさま」などのクイズ番組でその博識を披露しています。

 

 

数々のクイズ番組でカズレーザーさんややくみつるさんなどと白熱したバトルを繰り広げています。

 

ちなみに「ロザン」はコンビ仲が非常によく、宇治原さんがクイズ番組で稼いだギャラや菅さんの本の印税など、すべて折半にしています。

 

またコンビは全国ネットの冠番組はありませんが、関西圏では「ちちんぷいぷい」や「よ~いドン!」などの人気番組にレギュラー出演しています。

 

加えて2020年からはYOUTUBEにコンビのチャンネル「ロザンの楽屋」を開設しています。

 

 

こちらも好評になっています。

 

ロザン菅広文の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

宇治原史規の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:大阪府 大阪教育大学附属高校天王寺校舎 偏差値78(超難関)

 

 

 

宇治原史規さんの出身校は、国立の共学校の大阪教育大学附属高校天王寺校舎です。

 

同校は古くから府内でもトップレベルの進学校として知られ、政財界に多くの人材を輩出してきました。

 

この高校には系列の附属中学校もありますが、宇治原さんは一般受験でこの高校に入学しています。

 

当時のこの高校の入学枠はわずか20名とかなり狭い関門ですが、宇治原さんは合格しています。

 

高校時代は相方の菅さんと3年間同じ学年でした。

 

ただし3年間別のクラスでした。

 

 

また宇治原さんはバスケットボール部にも在籍しており、勉強一辺倒の生徒ではありませんでした。

 

ちなみに菅さんも同じバスケットボール部に在籍しています。

 

高校1年生の時のバスケットボール部の夏合宿で意気投合して、どんどん仲良くなっていきました。

 

 

しかも高校在学中も学年で12位を争うほどの成績で、全国模試で2位になったこともありました(成績は常にオール5)。

 

また通学していた代々木ゼミナールでは、授業や模試をすべて無料で受けられるゴールドカードも交付されていたほどです。

 

加えて学校で笑いもとれたことから、相方の菅さんには一目置かれています。

 

菅さんは高校時代の宇治原さんについては、次のようにインタビューで話しています。

 

「大阪にある小中高一貫校だったんですが、宇治原のように高校から外部受験で入ってきた20名は、京大、東大に進むような優秀な子ばっかりやったんです。中でも彼は、いかにもな“ガリ勉”タイプじゃなく、バスケ部でスポーツもできるし、笑いも取れる、すごいヤツやなと思っていました」

 

ただしバラエティ番組に出演した際には、学校に行くのはただバスケがやりたいだけで、それ以外は理由がなかったとも述べています。

 

また高校時代の友達は菅さんただひとりでした。

 

そして高校3年生の時に菅さんと話し合って、将来はお笑いの道に進むことを決意しています。

 

前記のように京都大学を受験すると決めた以降は、1日11時間も猛勉強しています。

 

ちなみに宇治原さんは高校時代に交際している彼女がいました。

 

【主な卒業生】

山中伸弥(学者・ノーベル賞受賞者)

世耕弘成(政治家)

辰巳琢郎(俳優)

 

ロザン菅広文の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク

 

宇治原史規の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:広島県 広島市立牛田中学校 偏差値なし

※後に転校

 

 

 

「ロザン」宇治原史規さんが入学したのは、広島市内の公立校の牛田中学校です。

 

宇治原さんは中学2年生までは広島市に在住しており、当初はこの中学校に通学しています。

 

中学時代も成績は非常に優秀で、もっとも悪かったテストの点数が97点でした。

 

そのためほとんどのテストで100点を取っており、成績も中学3年間はオール5でした。

 

驚くことに宇治原さんは小学校・中学校時代は塾などに通っておらず、毎日普通に授業を受けて宿題をやっただけとインタビューで述べています。

 

【牛田中学校の主な卒業生】

樫野有香(パフューム)

達川光男(元プロ野球選手、監督)

町田樹(フィギュアスケート選手)

 

中学3年生に上がるタイミングで父親の仕事の都合で、大阪府枚方市に転居しています。

 

そのため枚方市立蹉跎中学校(偏差値なし)に転入して卒業しています(読みはさだ中学校)。

 

 

 

加えて宇治原さんは中学時代には既に彼女がいたそうです。

 

宇治原史規の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:広島県 広島市立早稲田小学校

 

 

 

「ロザン」宇治原史規さんの出身小学校は、広島市内の公立校の早稲田小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

 

父親はパナソニック電工の副社長を務めたほどで、裕福な家庭に育っています。

 

また宇治原さんは大阪府四条畷市の出身ですが、4歳の頃から父親の仕事の都合で広島市に住んでいます。

 

幼い頃はいつも姉と遊んでいました。

 

宇治原さんは姉が小学校に進学した際に、母親がチラシの裏に手書きで書いた問題が勉強のはじまりだとインタビューで話しています。

 

「ところが姉が小学校に入学すると、家で宿題をやらなくてはなりません。そのため、一緒に遊ぶ時間がなくなってしまいました。そこで母は、僕が、宿題をやる姉の邪魔をしないよう、チラシの裏に、僕向けの簡単な算数の問題や漢字の書き取り問題などを手書きしてくれました。そして、「お姉ちゃんの横で一緒にやって『遊んで』おきなさい」と問題を書いたチラシを渡してくれたのです。それが僕の勉強の始まりでした」

 

また問題を解くことができると、母親が褒めてくれたこともモチベーションアップにつながったそうです。

 

加えて両親は勉強を強制したことはありませんでした。

 

小学校時代も成績は非常に優秀で、友達の家庭教師を務めたエピソードが残っています。

 

以上が「ロザン」宇治原史規さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

在籍する「ロザン」宇治原さんがクイズ番組に出演するようになって、スポットライトが当たりました。

 

 

またその後も博識を武器に「Qさま」や「タイムショック」などの数々のクイズ番組で大活躍しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待ですね。

 

ロザン菅広文の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ