伊集院光の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|相撲部屋にスカウトされていた!

 

タレントの伊集院光さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は伊集院さんは高校時代に相撲部屋にスカウトされたことがありました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

伊集院光(いじゅういん ひかる)

 

01

 

1967117日生

身長183

血液型はO型

 

東京都荒川区出身のタレント

本名は篠岡建(しのおか けん)

 

以下では伊集院光さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1984年に三遊亭楽太郎(現圓楽)の弟子になり、三遊亭楽大という名前で落語家として活動をはじめる。 

1990年に伊集院光名義で出演していたラジオ番組が、一門に知られて落語家を廃業。

以降も「深夜の馬鹿力」などのラジオ番組が好評で知名度が上がる。 

1990年代前半からタレントとしてテレビ番組に出演し、過去に「笑っていいとも!」や「王様のブランチ」などの人気番組でレギュラーを務める。 

1992年のドラマ「まったナシ!」で俳優デビューし、「古畑任三郎」や「踊る大捜査線」、「ショムニ・ファイナル」などにも出演している。 

妻は元タレントの篠岡美佳。

 

伊集院光の学歴~出身高校・大学の詳細・相撲部屋にスカウトされていた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 足立新田高校(中退) 偏差値44(容易)

 

 

 

伊集院光さんが入学した高校は、都立の共学校の足立新田(あだちしんでん)高校です。

 

この高校は1979年開校の都立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

伊集院さんは高校受験で失敗をしており、この高校への進学は第一希望ではなかったそうです。

 

入試のマークシートでは全て3を選択して、25点中4点ほどでしたが補欠合格をしています。

 

また当時の伊集院さんは親のお金を盗む癖があり、高校の入学金も振り込まず使い込もうとしたことから浪人をしかけたそうです。

 

加えて当時は英語が非常に苦手でした。

 

高校時代は野球部に在籍していましたが、当時は体重が100kgもあったことから高校1年生の時には相撲部からスカウトされています。

 

相撲部にスカウトされた際に相撲部屋を見に来いと言われて行ってみると、優しくいろいろ教えてくれたそうですが泥だらけの力士がこっちを睨みつけていたことが印象的だったようです。

 

また高校時代はアルバイトをしていました。

 

学生時代に10人前食べると無料になるギョーザ屋によく行っており、必ず完食することから「タダ餃子」と呼んでいました。

 

伊集院さんは高校3年生の時の担任の先生と折り合いが悪くいさかいが絶えなかったことから、不登校気味になっています。

 

不登校になった伊集院さんを父親が心配をして知り合いの落語家に相談したことで、同年7月に笑点などで活躍する三遊亭楽太郎(現在は円楽)さんに弟子入りをして鞄持ちなどをしていました。

 

そしてその後、卒業直前だった高校3年生の2月に中退をしています。

 

大学などには進学していません。

 

また伊集院さんは通学途中の坂道が嫌いで、この坂を見るたびに「今日は学校に行くのはやめよう」と思っていたそうです。

 

ちなみに伊集院さんは自身が博識な理由についてインタビューで次のように話しています。

 

「僕は高校出てないから、学歴的には中卒扱い。負けたくないから、落語家時代からいっぱい本を読んだり、いろんな人の話を聞いたりしてた。あんまり言ったことないけど、こういう人間って”大卒の人も知らないようなことを知っていないとカッコ悪い”って思うんです。だから背伸びして難しい勉強を頑張る。でも基礎のことはわからない」

 

伊集院さんは高校を中退したことから学歴コンプレックスがあると話しています。

 

そのためか落語家としては三遊亭楽大(らくだい)と名乗っています。

 

高校中退後は落語家としての道を歩んでおり、下積みを経て入門から5年ほどで「NHK新人落語コンクール」にも出場をしています。

 

03

 

しばらくは落語家として活動しますが、一門に内緒で出演していたラジオ番組が好評を博してバレてしまい、話し合いの末に落語家を廃業します。

 

 

しかしその後はラジオの人気パーソナリティとなるとともに、タレントとしてもテレビに進出し、多くの番組に出演しました。

 

 

現在でもバラエティー番組やクイズ番組に引っ張りだこで、高い人気を保っています。

 

スポンサードリンク

 

伊集院光の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 荒川区立第七中学校 偏差値なし

 

 

 

伊集院光さんの出身中学校は、地元東京都荒川区内の公立校の第七中学校です。

 

中学時代は折り紙部に在籍していました。

 

また短期間ではありましたが、生徒会長を務めていました。

 

加えて当時のこの中学校はけっこう荒れていましたが、伊集院さんは不良たちと仲良くしていたことからイジメなどには遭いませんでした。

 

伊集院さんは中学3年生の時にとても人生に悩んだ時期があり、高校1年生になるときに人生のリミットを決めて25歳の誕生日に納得した人生でなかったら死ぬと壁一面に書いていたそうです。

 

【主な卒業生】

ジャガー横田(元プロレスラー、タレント)

 

スポンサードリンク

 

伊集院光の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 荒川区立尾久西小学校

 

 

 

伊集院光さんの出身小学校は、荒川区内の公立校の尾久西(おぐにし)小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉、弟の6人家族です(4人きょうだいの3番目)。

 

父親は研究者で母親は料理教室の先生でした。

 

そのため母親は朝から酢豚などさまざまな凝った料理を作ってくれていました。

 

小学生の頃アイススケートが好きだったそうです。

 

伊集院さんは小学生時代にプロ野球選手になりたかったそうです。

 

しかし運動神経がさほど良くないことが分かっていたことからプロ野球選手と書くのが恥ずかしく、将来の夢をスポーツ新聞の記者と書いたそうです。

 

また小学生の頃は昆虫が好きで昆虫オタクでした。

 

小学4年生の時に初恋を経験し、「一生面倒をみます」というラブレターを書いたところ、「お父さんみたいだから」と断られたことがあったそうです。

 

以上が伊集院光さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初目指した落語家には縁がありませんでしたが、トーク力を活かしてラジオ番組のパーソナリティとしてブレイクしています。

 

またその後はタレントとしても活動を開始して、博識を活かして「Qさま」などのクイズ番組などで活躍しています。

 

 

今後も末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ