やくみつるの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

漫画家のやくみつるさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとしてもクイズ番組などで活躍しているやくさんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

やくみつる

 

 

1959312日生

身長168

血液型はB型

 

東京都世田谷区出身の漫画家、タレント

本名は畠山秀樹(はたけやま ひでき)

 

以下ではやくみつるさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1981年にはた山ハッチの名義で漫画家デビュー。 

当初は野球4コマ漫画が中心で、「がんばれエガワくん」などが人気を博した。 

時事4コマ漫画を執筆するようになった1990年ごろから、名義をやくみつるに変更。 

1990年半ば頃からタレントとしての活動が多くなり、1997年に「笑っていいとも!」の曜日レギュラーを務める。 

また博識を活かして、「Qさま」などの多くのクイズ番組に出演している。 

2000年のドラマ「カードGメン小早川茜」で俳優デビュー。 

その他にも「ひるおび」などの情報番組のコメンテーターなどを務める。

 

やくみつるの学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 商学部 偏差値65(難関)

 

 

 

やくみつるさんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

大学受験の際には法学部も受験していますが不合格となって、商学部に進学しています。

 

やくさんがこの大学に進学した理由について、次のように話しています。

 

「早大に入りたいというよりも、『早大漫画研究会』に入りたいという思いが強かったですね、受験のときは。談論風発、すごい人気だった。新入部員は最初100人ぐらいいたんじゃないかな。」

 

大学時代は漫画研究会に所属していますが、それまで漫画は描いたことはなかったとインタビューで語っています。

 

「漫研部員といっても入学するまでは漫画を描いたことも、読むことも経験がなかったので、何か描け!と言われて正直困りました」

 

加えて当時から普通の漫画は好きではありませんでした。

 

「私は昔からストーリー漫画には興味がない。むしろ漫画は嫌いだといってもいい。ヒトコマとか風刺画とか、そういうものが描きたかった。」

 

また大学時代は、デパートの屋上などで似顔描きのアルバイトもしています。

 

「ただ似顔絵を描くのは好きで雑誌に投稿したりしていたことと、漫研は同人誌の発行費用調達手段として似顔絵描きを重要視している背景もあったので、それならばとせっせと似顔絵描きのアルバイトに打ち込んでいました」

 

加えて大学時代のやくさんは「貿易研究会」というサークルにも入会していましたが、そちらは途中で辞めてしまっています。

 

(大学生の頃)

 

大学4年生の時に留年を覚悟しており、そのタイミングで「まんがタイム」から連載の話がきたそうです。

 

やくさんは留年した時の学費を稼ぐための手段として引き受けていますが、青春出版社から合格通知がきました。

 

大学卒業後は青春出版社に勤務する傍ら、漫画家として活動して4年後に漫画家専業となります。

 

ちなみにサラリーマン時代は朝の4時まで漫画を描いていることもあり、遅刻の常習犯だったようです。

 

またその後はタレントとしても活動を開始しており、豊富な知識を活かして「Qさま」などのクイズ番組で活躍していました。

 

 

2021年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

こちらではゲストとの対談の動画が人気になっています。

 

スポンサードリンク

 

やくみつるの学歴~出身高校(桐蔭学園高校)の詳細

 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校男子部 偏差値65(難関)

 

 

 

やくみつるさんの出身高校は、私立の男子校(当時)の桐蔭学園高校男子部です。

 

この高校は1964年開校の私立高校で、神奈川県内でも有数のマンモス校です。

 

また同校は進学校ですが部活動が盛んで、サッカー部やラグビー部、硬式野球部などが強豪として知られています。

 

なおやくさんが在籍した当時はこの高校は女子部と男子部に分かれている男女別学校でしたが、2018年に男女共学化されています。

 

さらに2021年からは中高一貫教育をおこなう桐蔭学園中等教育学校になっています。

 

やくさんは高校生の時にはすでに似顔絵を描いており、次のように話していました。

 

「高校時代も似顔絵をよく雑誌に投稿していました。月刊『相撲』に。もちろん描くのは力士ですよ。」

 

【主な卒業生】

織田裕二(俳優)

桐山漣(俳優)

野田洋次郎(ミュージシャン)

デーモン閣下(ミュージシャン)

 

スポンサードリンク

 

やくみつるの学歴~出身中学校(桐蔭学園中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 桐蔭学園中学校 男子部 偏差値57(中の上)

 

 

 

やくみつるさんの出身中学校は、私立の男子校の桐蔭学園中学校です。

 

やくさんは小学校時代に給食の食べ残しがあると5・6時間目まで食べさせられることもありました。

 

これが苦痛で「中学からは絶対給食のない私学に行く」と決意をして、この中学校を受験しています。

 

中学・高校を通じて部活動などはおこなわなかったようです。

 

またやくさんは子供の頃は漫画には興味がありませんでしたが、中学時代に谷岡ヤスジさんの漫画に出合い衝撃を受けたといいます。

 

やくみつるの学歴~出身小学校(世田谷区立深沢小学校)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 世田谷区立深沢小学校

 

 

 

やくみつるさんの出身小学校は、地元東京都世田谷区内の公立校・世田谷区立深沢小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

やくさんの両親は特に教育熱心というわけでもなく普通だったと話しています。

 

また自身のことについては「大変すぐれた頭の良い子供でした。」と話していました。

 

自身の子供時代のことについては次のように話しています。

 

「子どもの頃から夢中になったのは昆虫採集です。自宅から程近い場所には、大きな公園があるのですが、カブトムシやタマムシを捕った記憶があります。」

 

やくさんは小学3・4年生の頃はヤンチャになっており、その理由についてインタビューでは次のように話しています。

 

「当時の担任の先生がヒステリックなところがあって、そりが合わなかったんですね。ちょうど自我が強くなる時期でもありました。女子にちょっかい出しては、母が菓子折りを持って相手の家に謝りに行く。それが一度や二度ではなく何度も続きました。」

 

この頃、母親は担任の先生から「学校変われ」とまで言われていたそうです。

 

しかし小学5年生の時の担任の先生との出会いによって、絵にかいたような良い子に変わったといいます。

 

以上がやくみつるさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

漫画家としてはもちろんのこと、現在ではタレントとしても高い人気を誇ります。

 

特にクイズ番組ではその広い知識から引っ張りだこで、多くの番組に出演しています。

 

 

またコメンテーターとしても切れ味のいい弁舌も人気になっていますので、末長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ