宮崎美子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や若い頃のかわいい画像

 

女優でクイズ番組でもお馴染みの宮崎美子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は宮崎さんは「超」のつくような進学校に500点満点中499点の成績で入学していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

宮崎美子(みやざき よしこ)

 

 

19581211日生

身長156

血液型はA型

 

熊本県出身の女優、タレント

本名同じ、旧芸名は宮崎淑子

 

以下では宮崎美子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1979年に週刊朝日の表紙モデルに起用される。 

1980年に出演したミノルタのCMでブレイク。 

同年のドラマ「元気です!」で女優デビュー。 

1981年から「クイズダービー」のレギュラーを務める1983年まで)。 

同年に「NO RETURN」で歌手デビュー。 

1983年の「俺っちのウェディング」で映画初出演。

以降は多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「風のハルカ」や「八重の桜」、「プラチナエイジ」など。 

クイズ番組への出演が多く、「Qさま」や「タイムショック」などに出演。 

私生活では1989年にディレクターと結婚したが、約1年半で離婚。

 

宮崎美子の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:熊本大学 法文学部法学科 偏差値58(やや難関)

※現在は法学部

 

 

 

宮崎美子さんは高校卒業後は、国立の熊本大学に進学しています。

 

地元志向でこちらの大学に進学したようですが、恐らくはより難関大学に合格できるほどの学力はあったはずです。

 

宮崎さんは法学部に在籍しており、当初はジャーナリストか法曹、地方公務員になろうと思っていました。

 

特に当時は国家公務員は女性にとって狭き門でしたが、国立大学の法学部を出てれば地方公務員なら何とかなると思ったそうです。

 

大学には片道30分かけて自転車で通学していました。

 

大学のゼミは「現代の政治」を専攻しています。

 

また宮崎さんは大学時代には体育会の新体操部に在籍して、部活動にも励んでいます。

 

2020年には当時着用していた「熊大新体操部」のロゴの入ったジャージ姿をインスタグラムにアップしています。

 

 

大学時代のジャージを現在も着用できるのはプロポーションを維持している証拠ですね。

 

その他には大学では写真部にも所属していましたが幽霊部員でした。

 

大学3年生の時に週刊朝日の表紙モデルに応募したことがきっかけで芸能界入りしています。

 

 

ちなみに応募の写真は医学部に在籍した彼氏が撮影しています(週刊朝日の表紙の撮影は篠山紀信氏)。

 

なお当時の宮崎さんの彼氏は、現在は医師で厚生労働省のナンバー2まで昇進した福島靖正氏であることを週刊文春が報じています。

 

 

また宮崎さんは軽い気持ちで応募したとインタビューで話しています。

 

「大学3年生のとき、「篠山紀信があなたを撮ります・キャンパスの春」という新聞広告を見て応募したんです。当時キャスターに憧れていたので、就職活動のアピールになるかな、なんて軽い気持ちで」

 

 

ちなみに宮崎さんは2020年に61歳でグラビアを発表して大きな話題になっていますが、その撮影も篠山さんが担当しています。

 

 

なお週刊朝日はその後も美人女子大生を表紙に起用していますが、宮崎さんは女子大生表紙モデルの第1号でした。

 

加えて雑誌が発売されると大学の学生課に見合いの問い合わせがきたというエピソードが残っています。

 

そして翌年に出演したミノルタのCMでブレイクしています。

 

 

宮崎さんは当初はグラビアの撮影を断っていますが、撮影のためにサイパンに行くことができるという理由でこのCMに出演しています。

 

 

ちなみにこのCMに出演した際には、当時かなりの人気を誇っていたアグネス・ラムさんに似ていると言われています。

 

また大学4年生の頃から芸能活動をしたことから、大学は1年留年して卒業しています。

 

当時はテレビドラマの「2年B組仙八先生」などに出演していました。

 

 

また地元熊本テレビのリポーターなども務めています。

 

留年した年にはファーストシングル「NO RETUNE」で歌手デビューもしていました。

 

 

さらにタレントとして「全員集合!」などのテレビ番組に出演して人気を博しています。

 

 

当初から博識を活かしてクイズ番組で活躍しており、タレントとしても高い人気を誇っていました。

 

スポンサードリンク

 

宮崎美子の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:熊本県 熊本高校 偏差値73(超難関)

※入学は大分県の上野丘高校(偏差値70

 

 

 

宮崎美子さんの出身校は、県立の共学校の熊本高校です。

 

同校は古くから熊本県内の最難関校として知られ、これまで多くの人材を政財界に輩出しています。

 

宮崎さんは高校進学時は大分県に在住しており、当初は大分県立上野丘高校(偏差値70)に入学しています。

 

 

 

こちらのこの高校も大分県内では最難関校として知られています。

 

しかも宮崎さんは500点満点中499点でのトップ入学を果たしています。

 

高校時代はアナウンサーを志しており、放送部に在籍していました。

 

演劇部にも在籍していましたが、すぐに辞めています。

 

放送部では顧問の教師に「九州の人間はアナウンサーになれんたい」と言われたため、宮崎さんは常にアクセント辞典を携帯してアクセントのチェックをしていました。

 

高校2年生の時に父親の転勤で熊本高校に転校しています。

 

(高校時代)

 

なお熊本高校に転校した際には、「かわいい転校生が来た」と男子が押し寄せて来たそうです。

 

また宮崎さんは高校時代はあまり友達と遊ばずに、勉強に励んでいました。

 

その一方でこの高校では新体操部に所属して、部活動にも励んでいました。

 

ちなみに当時の宮崎さんはエッチなシーンが多かった映画「エマニエル夫人」を、「補導されるかも」とドキドキして見たそうです。

 

【主な卒業生】

武田真一(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

宮崎美子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大分県 大分大学教育学部附属中学校 偏差値65(難関)

 

 

 

宮崎美子さんの出身中学校は、国立の共学校の大分大学教育学部附属中学校です。

 

この中学校は1949年開校の国立中学校で、県内でも最難関の中学校として知られています。

 

宮崎さんはこの中学校にも中学受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

宮崎さんは中学時代も放送部に在籍していました。

 

 

また中学2年生の時はサッカー部のマネージャーも務めています。

 

さらに当時は剣道も習っており、文武両道型の生徒でした。

 

なお中学時代の宮崎さんはぽっちゃりだったことから、体型にコンプレックスがありました。

 

【主な卒業生】

辛島文雄(ジャズピアニスト)

 

宮崎美子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:大分県 大分市立春日町小学校

 

 

 

宮崎美子さんの出身小学校は、大分市立春日町小学校です。

 

意外にも兄弟姉妹の情報はありませんでした。

 

 

父親は銀行員です。

 

そのせいか学生時代の小遣いやお年玉は銀行振込でした。

 

宮崎さんは熊本県熊本市出身ですが、父親が転勤族だったことから小学校入学前に大阪府豊中市に移り住んでいます。

 

そのため当初入学したのは、豊中市立南桜塚小学校です。

 

 

 

その後に大分市に移り住んで大分市立津留小学校に転校しています。

 

 

 

さらにその後に春日町小学校に転校しています。

 

宮崎さんは子供の頃はクラシックバレエを習っていました。

 

また小学校時代から知識が豊富で、担任の先生が知らない難しい漢字を知っていたというエピソードも残っています。

 

 

以上が宮崎美子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初は歌手としても活動していましたが、その後は女優やタレントとして活躍しています。

 

 

特に若い頃から博識で、様々なクイズ番組にも出演しています。

 

2020年には自身のYOUTUBEチャンネル「よしよし。」を開設してYOUTUBERとしても活動を開始しています。

 

現在も多くのメディアに出演しているので、今後の活躍にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ