世良公則の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃のカッコイイ画像

 

ミュージシャンの世良公則さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は世良さんは中学・高校時代は不良でした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

世良公則(せら まさのり)

 

 

19551214日生

身長176

血液型はA

 

広島県福山市出身のミュージシャン

「世良公則&ツイスト」のボーカル

 

以下では世良公則さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

世良公則の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:大阪芸術大学 芸術学部放送学科 偏差値40(容易・現在)

 

 

世良公則さんは高校卒業後は、大阪芸術大学に進学しています。

 

大学生時代はバンド活動に熱中しており、当初はベースを担当していましたが大学2年生の終わり頃にヴォーカルに転向することになります。

 

ちなみに世良さんがヴォーカルを担当したのは、音楽関係者から前任のヴォーカルが「下手」と指摘を受けたからです。

 

また組んでいたバンドは「FBIバンド」という名前で、当時はローリング・ストーンズやフェイセズなどの洋楽のカバーをおこなっていました。

 

そして大学4年の時にバンドの名前を「ツイスト」に改名してオリジナルの楽曲もはじめています。

 

また1977年のメンバーの大学卒業時にはバンドの解散のけじめとして、ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)に出場することになりました。

 

と言うのも当初はプロになるつもりはなく、バンドは大学時代のみの活動の予定だったからです。

 

ところがこの年に出場したヤマハのポプコンと世界歌謡祭で「あんたのバラード」が予想外のグランプリを獲得します。

 

 

しかし卒業後は世良さんと神本宗幸さん以外のメンバーがプロになるのを拒否したため、大学のバンド仲間で別バンドに所属しているプロ志向のメンバーで「世良公則&ツイスト」を結成することになりました。

 

 

その後197711月のレコードデビュー、翌19781月のテレビ初出演後は、出す曲が次々ヒットしわずか1年足らずで頂点に上り詰めています。

 

 

こうして表舞台では順調に見えましたが、裏側の実態はそうではありませんでした。

 

当時の歌番組のスタッフはロックミュージシャンへの偏見が強く、演出法に対して揉めることが多かったといいます。

 

また「カラオケでやれ」と強要されることも珍しくはなかったといいます。

 

 

1981年末に「ツイスト」は解散し、その後ソロとして音楽活動を開始しました。

 

ソロ歌手となった後も数々のヒット曲をリリースして、第一線で活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

世良公則の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:広島県 福山葦陽高校 偏差値50(普通)

 

 

世良公則さんの出身高校は、県立の共学校の福山葦陽(いよう)高校です。

 

世良さんは高校時代は不良で、リーゼントに長ラン、ボンタンという出で立ちで登校するほどでした。

 

また当時はバイクを乗り回しています。

 

当時からローリング・ストーンズをはじめとする洋楽に興味を持っています。

 

ある時、同じクラスメイトの男子が「お前、ローリング・ストーンズ好きなの?今度バンドやるんだけど、1度うちに遊びに来ないか?」と誘われたことがバンド結成のはじまりでした。

 

しかし当時このバンドにベースがおらず、世良さんがヴァイオリンを習った経験があることから、「同じ4弦なら弾けるのでは?」という理由でベースを担当することになります。

 

やや無茶ぶりにも聞こえますが、これをやってのけた世良公則さんは、やはり幼少期から積み重ねられた経験とセンスがあったのでしょう。

 

ちなみに高校時代に結成したバンドが「FBIバンド」で、メンバー全員が大阪の大学に進学して「ツイスト」になっています。

 

また、高校2年生の時にはバンド仲間の影響でロッド・スチュワートを知ることになり大きな影響を受けたといいます。

 

【主な卒業生】

杉原杏璃(グラビアアイドル)

 

スポンサードリンク

 

世良公則の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:広島県 福山市立向丘中学校 偏差値なし

 

 

世良公則さんの出身中学校は、福山市内の公立校の向丘中学校です。

 

中学時代はバレーボール部に在籍しており、スポーツも好きだったようです。

 

幼少期から音楽に触れていた世良さんは、当時人気の深夜放送を聴くために、父親の真空管のラジオを夜中にこっそり自分の部屋に持ち込んでいたといいます。

 

そんなあるとき、そのラジオの小さいスピーカーから流れてきたのが、ザ・ローリング・ストーンズの『Paint It Black』でした。

 

これを聴いたとき「何だ、これは!」と衝撃を受けたといいます。

 

以降、海外のロックを聴きまくるようになったそうです。

 

なお世良さんは中学時代も不良で学校の成績は悪く、中学3年生の時には先生から「お前に入れる高校はない」と言われています。

 

ところがこの言葉に発奮して猛勉強して、前記の高校にはトップで入学しています。

 

世良公則の学歴~出身小学校の詳細

 


 

小学校:広島県 福山市立旭小学校

 

 

世良公則さんの出身小学校は、地元福山市内の公立校の旭小学校です。

 

世良さんが生まれ育った故郷は海の近くに建つ県営アパートで、公務員の両親のもと生まれ育ちました。

 

幼い頃から活発な男の子で、「どちらかと言えば、気持ちの赴くままに行動する自然児的な気質だった」とインタビューで話しています。

 

そんな自由奔放な息子を見て、母親はしっかりしたしつけが必要と考えたことから、3歳の時からヴァイオリンを習うことになりました。

 

 

このきっかけこそがミュージシャンになるスタートラインでもあったのです。

 

ヴァイオリンをはじめたおかげで音を耳で聴くだけで楽器を弾ける「耳コピー」ができるようになったそう。

 

その一方で世良さんは小学校時代からガキ大将で、父親から青竹で殴られたこともありました。

 

ちなみに下級生をイジメた際に、先生から目から火花が出るほどビンタされたこともあって、それ以降はイジメをやめたとインタビューで話しています。

 

以上が世良公則さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「世良公則&ツイスト」で一世を風靡しましたが、以降もソロ歌手として数々のヒット曲をリリースしてきました。

 

 

既に年齢は60代に突入していますが、未だに精力的な活動を展開しています。

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ