仲村トオルの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

人気俳優の仲村トオルさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。数々の話題作に出演してきた仲村さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

仲村トオル(なかむら とおる)

 

001

 

196595日生

身長185

血液型はA型

 

東京都出身の俳優、タレント

本名は中村亨(読み同じ)

 

以下では仲村トオルさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1965年(0歳):東京都大田区で生まれる

1972年(7歳):小学校に入学

1974年(9歳):千葉県流山市に転居して、流山市立八木南小学校に編入

1978年(13歳):流山市立八木南小学校を卒業

1978年(13歳):流山市立東部中学校に入学

1981年(16歳):流山市立東部中学校を卒業

1981年(16歳):専修大学松戸高校に入学

1984年(19歳):専修大学松戸高校を卒業

1984年(19歳):専修大学文学部に入学

1985年(20歳):映画「ビー・バップ・ハイスクール」で俳優デビュー

1986年(21歳):ドラマ「あぶない刑事」に出演

1987年(22歳):「新宿純愛物語」で歌手デビュー

1989年(24歳):専修大学文学部を卒業

1995年(30歳):鷲尾いさ子と結婚

2002年(37歳):映画「ロストメモリーズ」で大鐘賞を受賞

2014年(49歳):映画「チームバチスタFINAL」に主演

2021年(56歳):映画「愛のまなざしを」に主演

 

仲村トオルの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:専修大学 文学部 偏差値50~55(学科不明のため)

 

 

 

仲村トオルさんは高校卒業後は、私立大の専修大学に進学をしています。

 

この大学の系列の高校に通っていたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

後述するように仲村さんは高校卒業後まだ就職したくなかったことから、この大学に進みました。

 

しかし大学入学後すぐに父親が亡くなっており、兄もまだ大学生で妹もいたことから悠長にしていられないことに気づき、奨学金の手続きやアルバイトをたくさんするようになりました。

 

そして夏休みのアルバイトを探すために本屋さんに立ち寄った際に映画の出演者募集のオーディションの記事を見つけています。

 

当時は履歴書を送るという応募方法はほかのアルバイトも同じだと軽い気持ちで送りましたが、合格し芸能界の道に進むことになりました。

 

大学2年生だった1995年に演技未経験だったにも関わらず、映画「ビー・バップ・ハイスクール」の主演に抜擢される幸運を掴んでいます(清水宏次朗とW主演)。

 

 

ちなみにこの映画では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

 

003

 

その後に出演した連続ドラマ「あぶない刑事」のロケでは横浜に通い詰めるような日々でした。

 

 

このように仲村さんは大学時代に俳優デビューを飾ると、一気に人気俳優に上り詰めています。

 

さらに大学4年生だった1987年には、ファーストシングル「新宿純愛物語」で歌手デビューも果たしています。

 

004

 

このように仲村さんは大学時代は仕事で大忙しでした。

 

そのため大学は1年間の留年を経て5年かけて卒業しています。

 

 

以降も数々のテレビドラマや映画の主演級に起用されています。 

 

 奥さんの鷲尾いさ子さんの闘病もあって、このところはあまり多くの作品に出演していません。

 

スポンサードリンク

 

仲村トオルの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 専修大学松戸高校 偏差値61(やや難関)

 

 

 

仲村トオルさんの出身高校は、私立の共学校の専大松戸高校です。

 

この高校は1959年開校の専修大学の系列の私立高校です。

 

また同校は硬式野球部が県内でも強豪で、プロ野球選手も輩出しています。

 

仲村さんはこの高校には一般受験で進学しています。

 

ただし第一志望の高校に不合格になっため、この高校に進学しました。

 

中学時代は野球をやっていましたが高校では野球部に入部しなかったことに後悔をしています。

 

このことについてインタビューでは次のように振り返っています。

 

「高校時代は部活もせず無気力に過ごしました。同世代の球児は眩しすぎてみていられませんでした。俳優になってからも何度も『野球を続ければ良かったなあ』という後悔がありました。『今更、そんなこと考えてもしょうがないのに』と思いつつも、心の中にそういう思いがよぎったことが何度もあります。」

 

仲村さんは高校卒業後の進路については「このまま社会に放り出されても何もできないから、4年間、社会に出る猶予をもらおう」と思い大学進学を決めています。

 

【主な卒業生】

谷まりや(ファッションモデル)

山本梓(タレント)

上村彩子(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

仲村トオルの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 流山市立東部中学校 偏差値なし

 

 

 

仲村トオルさんの出身中学校は、地元千葉県流山市内の公立校の流山市立東部中学校です。

 

中学3年間は野球部に在籍をしており、ポジションはキャッチャーでした。

 

 

当時はプロ野球選手を志し、毎日練習に明け暮れていました。

 

仲村さんは野球部時代のことについてインタビューでは次のように振り返っています。

 

「肩は強かったんですけど、コントロールは悪いし変化球が投げられなかったんです。バッティングに関しては、ただ闇雲に素振りしていました(笑)。素振りをたくさんしていれば打てるようになれるんじゃないかと思っていたのですが、今だったら、もっと違うトレーニングがあったんだろうな…って。野球に関しての後悔はものごくあります。」

 

しかし14歳の夏に友人との間に実力の差が開いてきたこともあり、「自分には野球の才能がない」と諦めてしまいます。

 

当時の仲村さんにとってはこれが人生最大の挫折だったと言います。

 

また中学時代は校則で男子全員が坊主だったそうです。

 

仲村トオルの学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:千葉県 流山市立八木南小学校

 

 

 

仲村トオルさんの出身小学校は、地元流山市内の公立校の八木南小学校です。

 

家族構成は両親と兄、妹の5人家族です。

 

両親は共働きで父親は会社員でした。

 

 

仲村さんは東京都大田区の出身ですが、0歳から3歳までは大阪府寝屋川市に在住していました。

 

またその後は川崎市に転居して、小学校3年生の時に千葉県流山市に転居してこの小学校に編入しています。

 

仲村さんは4歳の時から野球をやっていました。

 

小学校時代は児童会長を務めていました。

 

仲村さんは小学校低学年の頃はコミュニケーションを取ることが苦手で、勝てそうにない相手と喧嘩を繰り返して毎日泣いていたそうです。

 

小学5年生の時に国語の授業で本を途中まで読み、その続きを自身で考えて作文に書くという授業があり、そのユニークな担任の先生の影響で勉強が好きになりました。

 

以上が仲村トオルさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に人気俳優になっていますが、その後も数々の話題作に出演してきました。

 

既に年齢は50歳を超えていますが、未だに第一線で活躍しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ