唐田えりかの学歴|出身高校中学校や大学の偏差値とかわいい画像

人気若手女優の唐田えりかさんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りします。マザー牧場でアルバイト中にスカウトされた高校時代やファッションモデルに憧れた少女時代など、学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

唐田えりか(からた えりか)

 

唐田

 

1997919日生

身長167

血液型はA型

 

千葉県出身の女優

本名は唐田英里佳(えりか)

 

以下では唐田えりかさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2014年春にスカウトされ芸能界入り。 

同年9月の少女時代のPVに出演してデビュー。 

20157月にドラマ「恋仲」で女優デビューし、その後も「表参道高校合唱部」などの連続ドラマに出演。 

同年にオーディションを勝ち抜いて出演した「ソニー損保」のCMで注目される。 

2016年に連続ドラマ「こえ恋」に主要キャストとして抜擢される。

女優としての活動のほか、「ヒルナンデス!」などのバラエティ番組にも出演している。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:千葉県 木更津東高校 偏差値46~47(やや容易)

 

 

唐田えりかさんの出身校は、県立の女子校の木更津東高校です。

 

同校は1910年(明治43年)創立の伝統ある女子校です。

 

またこの高校は普通科(偏差値47)のほか家政科(偏差値46)を設置していますが、唐田さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

ただし後述するように当時はスタイリスト志望だったことから、家政科に在籍した可能性が高そうです。

 

唐田2

(高校時代)

 

唐田さんは中学校3年生の時に「女子だけでわいわいしたい」と思い、女子校のこの高校に進学しています。

 

高校1年生の頃から自宅の近所にあったマザー牧場で子供広場の受付のアルバイトをおこなっています。

 

当初は高校1年生の夏まででアルバイトは辞めるつもりでしたが、何となくその後も続けています。

 

すると高校2年生の時にマザー牧場に家族で遊びに来ていた現在の所属事務所「フラーム」のスタッフにスカウトされて芸能界入りしています。

 

当時の唐田さんはファッションモデルに憧れていたものの、「自分には無理だ」と諦めていたことをインタビューで述べています。

 

「洋服も大好きですし、いろいろな表情をしているモデルさんがかっこいいなと思いました。『自分には遠い世界で、無理だな』って諦めていました。恥ずかしくて、友達にも言えませんでした」

 

ちなみにスカウトされた当時の唐田さんは非常に驚いており、友達に相談すると「あまり信じないほうがいいよ」などのアドバイスも受けたそうです。

 

とは言えその後に「フラーム」について調べてみると広末涼子さんや戸田恵梨香さんなど有名な芸能人が所属しているのを知ってわくわくしたことや家族の後押しなどもあり、芸能事務所入りしています。

 

ただし当時の唐田さんはファッションモデル志望だったのですが、「フラーム」は主に女優が所属する事務所であることを入所後に気づいています。

 

「入った後に女優さんの事務所?って気が付いて(笑)。自分がお芝居をするって考えが全くなかったので、入っちゃえば一緒かなー?くらいに考えていたのですが、演技レッスンが始まって数ヶ月経った頃に、あれ?ってなりました(笑)」

 

その後は高校に通いながらボイストレーニングや演技のレッスンを重ね、高校2年生だった2014年9月に韓国人アイドルグループ「少女時代」のPVでデビューしています。

 

 

なおデビューが「少女時代」のミュージックビデオだったことから唐田さんは「韓国人では?」という憶測もありますが、両親ともに日本人です。

 

また高校3年生の時にはテレビドラマ「恋仲」で女優デビューも飾っています。

 

さらに同じ年にはオーディションを勝ち抜いて、ソニー損保のイメージキャラクターに選ばれてCMにも起用されています。

 

 

この時の唐田さんはほとんど無名状態でしたが、CMが放映されると「透明感がすごい」などの大きな反響があって、一躍知名度も急上昇しています。

 

 

そのため当時の所属事務所は「今後2年で有村架純を超えるくらいの女優になる」とのコメントも出しています。

 

ちなみに有村さんは同じ事務所に所属しており、作品でもたびたび共演しています。

 

唐田さんはこのCMの初放送を高校で友人たちと見ており、その際には「すごいじゃん」と涙を流して喜んでくれたそうです。

 

なお唐田さんは高校時代はファッションモデルに憧れていたものの自分にはなれないと思っていたので、当時はスタイリストかカメラマンになりたいと思っていたそうです。

 

そして唐田えりかさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、上京して芸能活動に専念しています。

 

高校を卒業した年の7月に永野芽郁さんが主演した連続ドラマ「こえ恋」に主要キャストとして起用されています。

 

 

とは言え、当時は演技の未熟さなどから上京してからは、毎日泣いていたとインタビューで語っていました。

 

またその翌年にはファッション誌「MORE」の専属モデルにも起用されて、念願だったモデルとしての活動も開始しています。

 

 

以降は数々のテレビドラマや映画に出演していますが、2017年には韓国でも芸能活動を開始するなど、新境地を見せています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 君津市立八重原中学校 偏差値なし

 

 

唐田えりかさんの出身中学校は、地元君津市内の公立校の八重原中学校です。

 

中学時代は高身長を活かしてバスケットボール部に在籍しています。

 

唐田さんは中学時代から密かにファッションモデルになりたいと思っていました。

 

また中学時代に原宿でスカウトされたこともありましたが、当時は芸能事務所入りしなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

「中学生の頃には、原宿でスカウトしていただくこともあったのですが、当時は入りたい事務所さんがあったので、違う!とかここじゃない!とか妙なプライドからなかなか一歩踏み出せずにいて」

 

なお当時の入りたかった事務所には勇気がなくて履歴書を送ることができなかったそうです。

 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

唐田えりかさんの出身小学校は、地元君津市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、出身小学校は君津市立八重原小学校か君津市立外箕輪小学校の可能性が高そうです。

 

家族構成は母親と2人の姉の4人家族で、幼少期から母子家庭に育っています。

 

ちなみに両親は離婚したようですが、父親は身長が189㎝もあったそうです。

 

また母親は仕事に出ていたことから、あまり家にいなかったことをインスタグラムで明らかにしています。

 

唐田さんが生まれ育ったのは君津市の郊外で、田んぼが広がるのどかな場所だそうです。

 

子供の頃から「あまり前に出るタイプではなく、活発な友人を見守るタイプ」だとインタビューで話しています。

 

とは言え小学校の頃から友達が多く、「毎日が楽しくてあっという間だった」と語っています。

 

また子供の頃からスポーツが好きで、小学校時代はバスケットボールをおこなっています。

 

加えて唐田さんは2人の姉の影響で小学校時代からおしゃれに興味を持って、ファッション誌を読みはじめています。

 

そのためこの頃からファッションモデルに憧れを持っています。

 

加えて字がきれいなことで知られている唐田さんですが、小学校2年生の頃から中学2年生の頃まで書道を習っていました。

 

以上が唐田えりかさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

これまで数々のテレビドラマや映画に出演していますが、2018年にヒロインを務めた映画「寝ても覚めても」はカンヌ映画祭にも出品されて大きな話題を呼びました。

 

(左は主演の東出昌大)

 

所属事務所のフラームには、有村架純さんや戸田恵梨香さん、広末涼子さんなどの人気演技派女優も在籍していることから、頑張って先輩たちのように演技を磨いてほしいところです。

 

清純派女優として期待される若手ですから、大いに成長してほしいですね。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ