朝乃山の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

朝乃山 英樹(あさのやま ひでき)

 

 

199431日生

身長187㎝、体重170kg

血液型はA

 

富山県富山市出身の大相撲力士

本名は石橋広暉(いしばし ひろき)

 

以下では朝乃山さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:近畿大学 経済学部経済学科 偏差値55(中の上)

 

 

朝乃山さんは高校卒業後は、近畿大学に進学しています。

 

ただし入学は一般入試での入学ではなく、相撲での推薦入学です。

 

近畿大学の相撲部は名門として知られており、元横綱の旭富士さんや朝乃山さんの師匠である高砂親方(元大関の朝潮)らも出身者です。

 

大学1年生の時には恒例行事の高砂部屋との合同稽古で十両の朝弁慶さんと稽古をおこなっていますが、当時は歯が立ちませんでした。

 

「あれだけ重い人が思い切りぶつかってくるなんて、それまで経験したことありませんでした。まさしく戦車です。受け止められなくて吹っ飛ばされましたよ」

 

そのため当時の朝乃山さんは大相撲とは無縁だと思ったことをインタビューで明らかにしています。

 

また大学2年生の時には同期の玉木さんには高砂親方から声がかかったものの、朝乃山さんには声がかかっていません。

 

 

それでも大学3年生の時には富山県代表として国体に出場して、団体戦の優勝に貢献しています。

 

また大学時代は主要タイトルを獲得していないものの、大学4年生の時には全日本相撲選手権大会でベスト4に進出して三段目付出資格を取得しています。

 

当時から同じく近畿大学OBで高砂部屋付きの若松親方(元幕内朝乃若)から勧誘を受けたことから、大学卒業は高砂部屋に入門しています。

 

入門後はわずか1年で十両に昇進し、その4場所後には幕内に昇進して敢闘賞も受賞しています。

 

 

好不調の波が激しいもののその後は幕内に定着して、25歳だった2019年の五月場所にはまさかの幕内優勝を成し遂げています。

 

 

ちなみに三役経験のない力士が幕内で優勝するのは1961年の佐田の山さん以来58年ぶりでした。

 

また新入幕から11場所目の優勝は、貴花田さんや曙さんと並ぶ史上8位のスピード記録でした。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:富山商業高校 偏差値46(やや容易)

 

 

この高校は1897年開校の伝統校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特に硬式野球部やバスケットボール部、陸上競技部が全国大会の常連です。

 

またこの高校には会計科や国際情報科、情報処理科、流通経済科の4つの学科がありますが(偏差値はすべて46)、朝乃山さんがどの学科に在籍したかは不明です。

 

朝乃山さんは中学3年生の時に全国大会に出場していますが、左ひじを故障したことから相撲を辞めようと思っていました。

 

しかし当時の富山商業高校相撲部の監督だった浦山英樹さんから、「富商に来い。俺が強くしてやる」と言われたことから同校に進学しています。

 

 

ちなみに朝乃山さんの「山」のしこ名は、浦山さんの苗字にも因んでいます。

 

また浦山さんは20171月に朝乃山さんが幕下優勝をして十両昇進を確実にした翌日に、がんのため40歳の若さでこの世を去っています。

 

加えて朝乃山さんは高校3年生の時に全国大会の選抜高校相撲十和田大会で準優勝をしています。

 

また当時からプロ入りを念頭に置いていましたが、相撲部屋から声がかからずに近畿大学に進学しています。

 

【主な卒業生】

西村まさ彦(俳優)

松岡洋昌(お笑い・ハイキングウォーキング)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:富山市立呉羽中学校 偏差値なし

 

 

朝乃山さんの出身中学校は、地元富山市内の公立校の呉羽中学校です。

 

子供の頃からスポーツが得意だった朝乃山さんですが、中学時代は相撲部ではなくハンドボール部に入部しています。

 

ところがハンドボール部の練習が厳しかったことから早い段階で退部して、相撲部に入部し直しています。

 

相撲部はハンドボール部以上に練習が厳しく、「辞めたい」と思ったこともあったそうですが、退部を切り出す機会がないまま卒業まで続けています。

 

その甲斐もあって、中学校3年生の頃には全国都道府県中学生相撲選手権にも出場しています。

 

ただし中学校時代は全国的には無名の存在でした。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:富山市立呉羽小学校

 

 

朝乃山さんの出身小学校は、地元富山市内の公立校の呉羽小学校です。

 

家族構成は両親と兄と弟の5人家族です(3人兄弟の真ん中)

 

 

父親は会社員をしており、至って普通の家庭に育っています。

 

子供の頃からスポーツが得意で、小学校時代にはハンドボールをはじめています。

 

小学校4年生の頃からハンドボールと並行して相撲もはじめました。

 

相撲をはじめたきっかけは小学校のグラウンドに卒業生で明治時代に活躍した横綱の太刀山さんに由来する土俵があったからで、この土俵がなかったら相撲をやっていなかったともインタビューで話しています。

 

 

相撲では小学校時代から頭角を現して、富山県の強化指定選手になっています。

 

以上が朝乃山さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

入門当初から大器と期待されていましたが、2019年の五月場所では大関の豪栄道、元大関の栃ノ心らを下し番狂わせの幕内優勝を飾っています。

 

 

加えてイケメン力士としても知られており、女性ファンも多い人気力士です。

 

将来は大関や横綱を狙える素質を兼ね備えており、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ