乃木坂・樋口日奈の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|進学校出身だった!

 

「乃木坂46」の樋口日奈さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は樋口さんは勉強も得意で、高校は進学校に通学していました。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

樋口日奈(ひぐち ひな)

 

 

1998131日生

身長159㎝

血液型はA型

 

東京都出身の歌手、タレント、女優

乃木坂46のメンバー本名同じ、愛称は「ひなちま」

 

以下では樋口日奈さんの学歴や経歴、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

20118月に乃木坂46の第1期生のオーディションを受けて合格。 

グループは20122月に1STシングル「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。

2014年の8THシングル「気づいたら片想い」で初めて選抜メンバーに選ばれる。 

同年の舞台「帝一の國」で女優デビューし、「じょしらく」や「ドラえもん」などの舞台にも出演。 

2016年から「超音GO」のナレーターを務めるなど、モータースポーツ系の番組への出演が多い。 

他にもテレビアニメや洋画の吹き替えなどもおこなっている。

2018年4月からファッション誌「JJ」の専属モデルを務める。

 

 

樋口日奈の学歴~出身高校(桜修館中等教育学校)・大学の詳細・進学校の出身だった!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 桜修館中等教育学校 偏差値65(難関・推定)

 

 

 

樋口日奈さんの出身校は、都立の共学校の桜修館(おうしゅうかん)中等教育学校です。

 

この高校は2006年に開校した中高一貫教育を実施する中等教育学校です。

 

また高校からの募集はないので、上記の偏差値も推定となります。

 

この高校の進学実績は高く、2018年の主な進学先は次のとおりです。

 

東京大学:5名

一橋大学:4名

京都大学:2名

 

早稲田大学:33名

慶応義塾大学:21名

上智大学:10名

 

樋口さんは中学時代に乃木坂46のメンバーになっており、高校は通信制高校などに転校したとの噂もありました。

 

しかし高校を卒業した1年後の2017年3月にツイッターで卒業式の画像をアップしましたが、卒業証書の校章がこの学校の校章と合致しており、この学校を卒業したことが判明しています。

 

 

桜修館中等教育学校のHP

 

ちなみにこの高校に在学中は1学年上に、姉で女優の樋口柚子さんも在籍していました。

 

樋口さんは中学時代に引き続き、高校でもグループの一員として活動をしていたことから部活動には入部をしていません。

 

しかし学校行事には積極的に参加をしており、合唱コンクールで金賞を取った際には泣いてしまったエピソードも明かしています。

 

また体育祭には毎年かなり気合が入るそうで、「みんな燃え尽きるほど」でした。

 

 

この高校は校則が厳しく制服を着崩していると怒られていましたが、靴下は自由だったことから樋口さんは色々なバリエーションで楽しんでいました。

 

樋口さんの得意な教科は倫理と国語、音楽で苦手な教科は数学でした。

 

樋口さんはグループでの活動の際にたくさん話さなければいけないため、学校ではなるべく体力を温存しようと思い1日中喋らなかった日もあるほど「省エネ」だったと語っています。

 

そのためテレビ番組やライブでの樋口さんを学校の友人が見るとビックリするそうで、「意外とちゃんとアイドルしてるんだ」と言われることを明かしています。

 

樋口さんは学業と仕事の両立に苦労をしていたことから、1期生でありながらはじめて選抜メンバーに選ばれたのは高校2年生の時で、なるだけ学校を休みたくなかったので仕事をセーブして選抜入りが遅れています。

 

ちなみにはじめて選抜メンバー入りしたのは2014年4月にリリースされたグループの8枚目シングル「気づいたら片想い」でした。

 

 

 

樋口さんが高校時代の学業と仕事の両立についてはインタビューで次のように話しています。

 

「大変でした。仕事で夜遅くなっても、朝はちゃんと早起きして学校に行かなきゃいけなかったし、テストも大変だったので。今思うと、自分でもすごく頑張ってたと思うので、高校生活に悔いはないです。」

 

また高校3年生の10月にも仕事をセーブしており、自身のブログには次のように綴られていました。

 

「先日、学校の先生と乃木坂のスタッフさんとお話をした結果、10月は学校と乃木坂の活動の比率の多くを学校へ傾ける為、アイアシアターでのアンダーライブの出演を見送ることを決断しました。」

 

最終的にはこの高校を留年することなく卒業しており、かなりの努力をしたようです。

 

樋口さんは高校3年生の1年間で自身のやりたいことが明確になっており、もともと日本史が好きだったことから高校で勉強したことを活かすためにも将来は女優として演技で歴史を伝えていきたいとコメントを残しました。

 

 

なお高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

樋口さんは勉強が得意なことから大学進学も考えていましたが、他の1期生のメンバーから遅れをとっていると感じたこともあり、大学進学はしないことを決断しています。

 

やはり高校時代に学業のため芸能活動が十分に行えなかったことも背景にあるようです。

 

19歳だった2017年に、グループの17枚目シングル「インフルエンサー」で9作ぶりに選抜メンバーに選ばれています。

 

 

また人気ファッション誌「JJ」の専属モデルにも起用されています。

 

 

 

単独での活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

樋口日奈の学歴~出身中学校(桜修館中等教育学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 桜修館中等教育学校 偏差値65(難関)

 

 

 

「乃木坂46」樋口日奈さんの出身中学校は、都立の共学校の桜修館中等教育学校です。

 

この学校には一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

 

中学時代は吹奏楽部に在籍をしており、トランペットを担当していました。

 

中学2年生だった2011年に乃木坂46のオーディションを受けて合格をしています。

 

 

後述するように樋口さんはダンスを習っていましたが、その講師に勧められたことがきっかけでこのオーディションを受けています。

 

またインタビューでは「芸能界という世界に憧れがあり、自分も他人に元気を与えたり、夢を与えられる人になりたいと思ったから。」だと明かしています。

 

スポンサードリンク

 

樋口日奈の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:不明

 

樋口日奈さんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と姉2人の5人家族です(3姉妹の末っ子)。

 

次姉は女優の樋口柚子さんです。

 

 

父親の職業は美容師なので樋口さんは小学生まで父親に髪を切ってもらっていました。

 

 

樋口さんは自身のブログで2人の姉の話題を出すこともあり、仲が良いことが窺えます。

 

母親は言葉遣いに厳しかったようでインタビューでは次のように話していました。

 

「ちっちゃい頃から、汚い言葉というか現代っぽい言葉を使うと、いつも母親に注意されていたんです。もちろん、流行りの言葉を使う時もあるんですけどね。例えば小学生の時とかに『キモい』っていうのは怒られるから『気持ちが悪い』に変えたり。」

 

樋口さんは小学生のときにダンスを習いはじめており、小学5・6年生の時には歌舞伎も習っていました。

 

以上が「乃木坂46」樋口日奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

グループ内でもじわじわと人気が上昇し、このところはメディアへの露出も増加傾向です。

 

また本人は女優志望であることからコンスタントに舞台に出演しており、このところは主要キャストに起用されるようになりました。

 

 

今後はテレビドラマや映画への出演も増えるでしょうし、演技力を磨けば女優として大成する可能性もあります。

 

さらなる大きな飛躍に期待も高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ