菅澤優衣香の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

菅澤優衣香(すがさわ ゆいか)

 

 

1990105日生

身長168㎝、体重63kg

血液型はO

 

千葉県千葉市出身のサッカー選手

 

以下では菅澤優衣香さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:福島県 富岡高校国際スポーツコース 偏差値39(かなり容易)

※現在は休校中

 

 

菅澤優衣香さんの出身高校は、県立の共学校の富岡高校です。

 

この高校はかつては普通科の高校でしたが、日本サッカー協会がサッカーのエリート教育を目的とするJFAアカデミー福島を開設した際に連携し、普通科を廃止してスポーツコースなどの設置をおこなっています。

 

ただし東日本大震災の影響で20173月から休校しています。

 

菅澤さんは千葉県の出身ですが、JFAアカデミーに1期生として参加したので、この高校に進学しています。

 

そのため高校時代は寮生活をしています。

 

アカデミーに参加したきっかけはなでしこジャパンの初代ヘッドコーチを務めた今泉守正さんから誘われたのがきっかけで、将来の代表入りの道も開けると聞いて参加しています。

 

なお高校時代は同校のサッカー部ではなく、アカデミーでサッカーに取り組んでいます。

 

このアカデミーについては菅澤さんは次のようにインタビューで話しています。

 

「普通の高校生とは違う経験ができたと思います。ボイストレーニングなどもありましたね」

 

またこのアカデミーは地域に根差した活動をおこなっており、菅澤さんも高校時代に地元の田植えや稲刈り、餅つきなどにも参加しています。

 

加えて1期生ということで寮のルール作りなどに苦労したと話しています。

 

特に当初は携帯電話を全面禁止ということでしたが、チームメイトだった山根恵里奈さんらとともに当時の日本サッカー協会の最高顧問だった川淵三郎と交渉して、使用許可をとっています。

 

そして菅澤さんは高校3年生の時には強化指定選手としてアルビレックス新潟でプレーしています。

 

【主な卒業生】

桃田賢斗(バドミントン選手)

 

また高校卒業後は大学などに進学せずに、正式に入団してそのままアルビレックス新潟でプレーしています。

 

 

そして19歳の時にはじめてサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)のメンバーに選出されています。

 

以降はなでしこジャパンの中心選手として活躍しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:千葉県 千葉市立幕張西中学校 偏差値なし

 

 

菅澤優衣香さんの出身中学校は、地元千葉市内の公立校の幕張西中学校です。

 

中学時代はサッカー部に所属していますが、女子サッカー部がなかったことから男子のサッカー部にただひとりだけの女子としてプレーしています。

 

チームでは主力選手として活躍しており、そのパワフルなプレーぶりから相手チームからは女子選手だと気づかれないこともあったというエピソードも残っています。

 

また菅澤さんはサッカー部での活動の傍ら、中学1年生の時にはFC千葉なのはな、中学2年生からは千葉SCレディースに所属して、女子サッカーでも活躍しています。

 

とは言え中学校のサッカー部では思春期でもあったことから、チームメイトの男子たちが菅澤さんを避けるようになり、サッカーを辞めようとも思ったことがあるとインタビューで話しています。

 

しかし前述のようにJFAアカデミー福島を知って、サッカーを続けています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:千葉県 千葉市立幕張西小学校

 

 

菅澤優衣香さんの出身小学校は、地元千葉市内の公立校の幕張西小学校です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です。

 

兄の孝也さんも新潟アルビレックスなどでプレーした元サッカー選手です。

 

菅澤さんはお兄さんの影響で3歳の頃からサッカーをはじめています。

 

また小学校時代も地元のクラブ「FC幕張」で男子に混じってプレーしています。

 

当時から卓越したテクニックで主力選手として活躍しており、小学校6年生の時には千葉市の選抜チームの韓国遠征のメンバーに、女子としてはじめて選出されています。

 

以上が菅澤優衣香さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

19歳でなでしこジャパン入りした後は大型FWとして活躍し、体格を活かしたポストプレーには定評があります。

 

 

また得意のヘディングで得点を量産し、なでしこリーグでは得点王に輝いたこともあります。

 

なでしこジャパンの得点源としてもなくてはならない選手なので、さらなる活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ